roppongi-club

【六本木クラブ】人気CLUBおすすめ特集

都内に数多く存在する夜の歓楽街の中でも六本木はその独特な色気を放つ町として多くの方が訪れています。
週末ともなると日本全国から遊びに来る人が来てとてもこの地域は賑わいます。
さらに、周辺には美術館や映画館、Roppongi Hillsやミッドタウン、EX THEATERなど様々な名所があり、流行に敏感な方に常に人気があるエリアといえば六本木です。
そんな芸能人も多く訪れる六本木のクラブをまとめました。
以下に六本木在住の筆者がまわりにまわったClubでこれぞ!というおすすめをお伝えいたします。
※順番はランダムとなりますのでご了承ください。

sponsor-banner

「六本木CLUB」の特徴

roppongi_club

六本木と言えば東京屈指のCLUB激戦区。その六本木でのクラビング最大の魅力は、沢山のクラブをハシゴできること。
4つ打ちからヒップホップ・R&B・レゲエ・EDMまで六本木にはあらゆるジャンルのクラブが揃っています。

その中でも特に六本木交差点周辺のエリアはクラブが隣接しており、質の良いクラブがひしめき合っています。
ひとつのクラブでまったり楽しむのもよし、少し遊んでまた次のクラブへ向かうのもよし、様々な音楽・雰囲気を存分に楽しめるのは「六本木のクラブ」ならではと言えるでしょう。

近年のクラブ事情

roppongi-club-recently

2016年6月23日、遂に日本のクラブ業界では念願だったクラブの深夜営業を可能にする改正風営法が施行。
国内でも店内が一定の明るさを保っている等の条件を満たせばクラブ(ダンス)営業が可能となりました。

以前までは店内の至る所に「ダンス禁止 No Dancing!」の注意書きを設置して、客のダンスを認めないというスタンスで営業してきたクラブもありました。
現在では、多数の店舗が営業許可を申請して新たな法の基準を満たし、法律上問題なくお客さんがダンスを出来る環境を提供しています。

六本木クラブの客層

roppongi-club-customer-base

訪れる方の年齢層は20代中盤から30代が多く、クラブによっては40代50代のお客様が多い店舗もあります。

職業はサラリーマンやOLはじめ、経営者等の富裕層など様々。もちろんミュージシャンやいわゆる著名人・芸能人の方が訪れることもあります。
とりわけ六本木をはじめとする近隣の赤坂や虎ノ門・青山などのエリアには、有名企業や外資系の大手企業等のオフィスが沢山あり、そこで働く方々も仕事終わりに訪れます。
もちろん東京でも一二を争うクラブの多い町なので、全国からクラブを愛する人々が集まります。

また、国際的な顔を持つ六本木には、海外からの観光客や日本在住の外国の方も多く訪れます。

六本木クラブの料金 (エントランス料など)

roppongi-club-fee

週末の料金として、男性は平均して3500円ほど、女性は入場無料のクラブが多く高くとも3000円くらいまで。平日は少し低めの料金に設定されている店舗が多くなります。
男性の方が料金は高めですが、ドリンクチケットが女性より多く付いてくる場合もあります。

入場する時間によって料金が変化する事も多く、24時までに入場すると割安になるお店も多数あります。
また、バーに近い小箱であれば週末でも、無料であったり1000円台から入場可能なお店もありますので、ハシゴする時などに便利です。

またドリンクの値段は、ハッピーアワーで全品500円から楽しめるところもありますが、どちらの店舗も平均して1杯1000円ほどと考えておけば大きなズレはないでしょう。

スポンサードリンク

ESPRIT TOKYO エスプリトーキョー

esprit-tokyo
出典:https://www.facebook.com/espritlounge/photos_stream?ref=page_internal

エスプリが2015年4月に大幅な改装をしてリニューアルしました。新しく導入された音響はド迫力の音を響かせ六本木でもトップクラスの音を体感できます。低音から高音までかなりよく出ていました。

壁面や天井にはLEDパネルで装飾され、ミラーボールも最新鋭のハイテクなものに変更されてさらに豪華な内装になりました。
今後六本木のクラブでも中心的な存在になるかもしれません。是非一度行ってみてはいかがでしょうか?

イベントとしては、毎週金曜日に行われる「FRIDAY FESTA」に要注目です。
ダンスミュージックの祭典「ULTRA MUSIC FESTIVAL」をイメージさせるEDMがオンパレード。最先端の音楽を体感できます。

住所 六本木5-1-6 六本木B&Vビル2F・3F
TEL 03-3470-1371
音楽ジャンル EDM、HOUSE、ALLMIX、R&B、HIP-HOP、etc.
平均エントランス料金 Men: 2500円~3500円
Women: Free~1000円
ドレスコード 過度の軽装はNGの場合有
ホームページ http://esprit-tokyo.net/

Seven Sense セブンセンス

seven-sense

六本木で普段から遊んでいるクラブフリークの間で知らない人はいないオアシス的なお店「セブンセンス」。

場所はCLUB街の中心、地下にありながら初めてでも入りやすく、誰でも馴染みやすい雰囲気が魅力。
比較的若いお客様で賑わっていますが、年代問わず楽しめるお店かと思います。
週末はオールミックスからEDM、HIPHOP、R&B、最新ヒットなどノンストップで盛り上がっています。

エントランスフィーやドリンクも良心的な価格設定、さらに曜日によっては飲み放題の日もありお得に遊べます。
VIP席とレディースシートも完備しており、クラブ遊びのアフターにもおすすめなセンスを感じるクラブです。

住所 六本木3-14-7 アロービルB1F
TEL 03-6804-5196
音楽ジャンル ALLMIX、TOP40、HIPHOP、R&B、EDM、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~
Women: Free~1000円
ホームページ http://www.tokyo-club.net/sevensense/

V2 TOKYO ヴィースクウェアトウキョウ

v2 tokyo
出典:http://www.v2tokyo.com/

六本木に新星の如く2010年7月2日に六本木ロアビル最上階に誕生したVANITY LOUNGEが事情により閉店しその跡地にオープンしたのがこのV2 Tokyoです。

VANITYはオープン当初から六本木のクラブで一番の人気店となり特別な存在として君臨していました。
今は珍しくないですが、女性いつでも入場無料という他のクラブとの差別化を図り女性からも絶大な支持を受けていました。
そしてV2として新たにオープン後もその人気は衰えることを知りません。
V2の読み方は「ブイツー」と呼んでいる方がほとんどですが正式はVの2乗の読み「ヴィースクウェア」といいます。
名前の由来はV²でVERTEX=最上の最上を目指すという意味からきているそうです。

その他、運営側のブランディング力、マーケティング力は素晴らしいと思います。
最近ではDJ Magなどの海外雑誌で評価されている有名DJがプレイするイベントも多く開催されています。
六本木のクラブでまだ遊んだ事のない方はまずこちらがよいかもしれません。

住所 六本木5-5-1 ロアビル13F
TEL 03-5474-0091
音楽ジャンル EDM、HOUSE、HITMIX、ALLMIX、ELECTRO、R&B、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~3500円
Women: Free(無料)
ドレスコード ハーフパンツ、タンクトップ、ジャージ、スウェット、サンダル、タトゥー露出はNG
ホームページ http://www.v2tokyo.com/

DiA tokyo ディアトウキョウ

dia_tokyo
出典:https://www.facebook.com/pg/diatokyo2016/photos/

六本木の夜を変える!3フロア3形態の新生CLUB「DiA tokyo」が2016年12月より始動。
場所は、近くに老舗中華の香姫園や瀬里奈本店他、六本木らしい多様な飲食店が軒を連ねる3丁目。

1階エントランスより店内に入ると、右手には活気溢れる大型バーカウンター、雰囲気を楽しみながらの立ち飲みがおすすめ。
その奥はディナー利用に最適な、肉料理を中心に様々な料理が提供されるレストラン。

2階は、中央にDJブースがある寛ぎのラウンジ。心地よいサウンドの中、仲間との会話に花を咲かせるもよし、ゆったり時間を過ごせる空間。
こちらのバーでは、より本格的な味とサービスが堪能できます。

3階は、ダイヤモンド型のLEDや50機のムービングライトがフロアを照すクラブ。
強い光と音を発するブース正面には、特徴的な8角形のバーカウンターがあり、頭上にはステージも!
何度でも遊びに行きたくなる秀逸なナイトライフ体験が「DiA ディア」にはあります。

住所 六本木3-8-15 六本木日拓ビル1F-3F
TEL 03-6447-4416
音楽ジャンル R&B、HIPHOP、HOUSE、EDM、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~4000円
Women: 1000円~2000円
ドレスコード 軽装の場合スタッフ判断によりNG有、タトゥーの露出はNG
ホームページ http://www.diatokyo.com/
詳細 ・ 地図 http://www.tokyo-club.net/dia-tokyo/

alife エーライフ

alife

2016年3月10日、六本木交差点からもほど近くのあの場所に大型クラブ「alife (エーライフ)」が遂に誕生。

全く新しいコンセプトのもと、1階は大きなバーカウンターが特徴的なラグジュアリーなフロア、2階は多彩な楽しみ方が可能なラウンジスペース、そして地下1階は最新鋭のサウンド・照明システムを配したメインフロア。
2016年3月10日よりプレオープン期間として毎週月曜から土曜まで営業します。
グランドオープンは2016年6月23日となります。

住所 西麻布1-7-2 ECONACHビル
TEL 03-3408-1111
ホームページ http://www.e-alife.net/

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新