dress-shirt-brand

「メンズワイシャツ」高品質でお洒落!男性にオススメのYシャツブランド&専門店

ワイシャツブランドでは、男性向けに素材や作りを追求して快適性を高めた、質の高いシャツを販売しています。
スーツ着用時に適したフォーマル向けから、普段着に最適なカジュアルなものを主軸に扱うブランドなど様々あります。

今回は縫製をはじめ、襟や袖口等の細かな部分まで拘って作られたワイシャツが揃う、ブランドや専門店をご紹介。

ワイシャツブランドについて

dress-shirt

男性のビジネス&フォーマルスタイルで欠かせないアイテム「ワイシャツ」。

最近ではウォームビズやクールビズの適用も進んでいて、ワイシャツ姿で過ごす機会も増えてきていますよね。

ベーシックで「どれも同じ」に見えやすいアイテムだからこそ、細部にまで拘ったワンランク上のものを選びませんか?

ワイシャツを扱う各ブランドでは、快適に過ごせる機能性に優れた品や、フォーマルコーデが楽しくなるハイセンスなシャツ等、拘り抜いて商品をリリースしています。

自分に合ったシャツブランドを見つけて、いつものスタイリングをより素敵にグレードアップして下さいね。

スポンサードリンク

STYLE WORKS (スタイルワークス)

styleworks
出典:http://www.styleworks.jp/

1946年創業の会社が運営。ビジネス用は勿論、休日にも着たい様々なテイストのドレスシャツを扱うブランド。

襟や袖、ボタン等の細かな部分にも徹底した拘りを反映させ、王道スタイルの中にも他では真似のできないスタイリッシュさを注入しています。

一つのモデルに対して20枚から30枚の小ロットで生産することにより、デザインのマンネリ化を防いで、常に新しい発見を与えてくれます。

価格帯は一枚8千円代からと、品質の高い日本製のシャツとしてはお手頃。フィット感や着心地の良さを高める工夫も随所に施されており、確かな拘りを感じます。

無地やチェック、ストライプといった定番柄から、ジャガード柄や花柄などの珍しいデザインまで幅広く用意。
クールビズ対応タイプや、Sから3Lまでのサイズ展開にも対応した豊富な商品数で、自分に合った一枚にきっと出会えますよ。

ブランド名 STYLE WORKS
Web http://www.styleworks.jp

FATTURA (ファットゥーラ)

fattura
出典:http://www.nagai-corporation.com

モード感のある洗練されたフォーマルアイテムをローンチしている、2000年に誕生したブランド。

襟のディティールや胸元のポケットの作りに拘った、イタリアンな雰囲気のシャツを軸に商品を展開。
トレンドを的確に捉えたデザイン性の高いワイシャツが、一枚5千円代から用意されています。

襟の内側にペイズリー柄を配したドレッシーなものや、麻素材100%の休日使いしやすいものなど、拘り派の方にも対応した豊富なラインナップが魅力です。

ブランド名 FATTURA
Web http://www.nagai-corporation.com

MAKER’S SHIRT KAMAKURA メーカーズシャツ鎌倉

makers-shirt-kamakura
出典:http://www.shirt.co.jp/

1993年に鎌倉で生まれた、国内生産に拘って上質なシャツを提供しているブランド。
良質な綿を原料とした仕立ての良い生地を、巻き伏せ本縫いで縫い上げたシャツは、ほとんどの商品が1万円以内と質の割にお手頃。

国内の工場で熟練の職人の手作業により仕上げられるシャツは、どれも繊細な拘りが生きており丈夫な作り。ボタンには天然貝を使用しており、さりげなくもリッチな雰囲気を演出します。

形やデザインの数も豊富で、ベーシックで場面を選ばないものから、シャープなシルエットを叶えるスリムフィット等、好みに合わせてタイプを選べます。

ブランド名 メーカーズシャツ鎌倉
Web http://www.shirt.co.jp

ozie (オジエ)

ozie
出典:http://www.ozie.co.jp/

1924年に生まれた、シャツを専門に作るメーカーが運営するブランド。
生地の良さに加え、老舗メーカーならではの縫製技術の高さにより長く愛用していてもヘタリにくく、清潔感を感じさせてくれます。

仕立ての良い一万円以上してもおかしくない高価な生地を使ったシャツでも、お求めやすい価格で用意。
通販がメインですが、実際に試着して決めたい方は、六本木のショールームに行ってみるのもオススメです。

全商品にさりげない個性を発揮できる卓越したデザインを採用。常に500種類以上の商品を取り揃えており、いつでもお気に入りの一枚が見つかるでしょう。

120番手から上の極細の糸から作られた高級生地を使った「プレミアム・ファブリック」シリーズは、冠婚葬祭やとっておきの場面用のシャツ選びに最適です。

ブランド名 ozie
Web http://www.ozie.co.jp

AZABU THE CUSTOM SHIRT (麻布・ザ・カスタムシャツ)

azabu-the-custom-shirt
出典:http://www.azabutailor-shirt.com/at-shirt/index.html

1999年誕生のオーダーメイドでスーツやシャツを作る仕立屋さんが手掛けている、既製シャツの専門ライン。

サイズ展開がとても豊富で、フィット感に拘りたい方にオススメ。
素材には綿のみを使い、肌触りがなめらかで、着心地も良く仕上げています。

スタイリッシュな一枚をお求めなら「スリムフィット」、程よくゆとりのあるデザインがお好みなら「クラシックフィット」がオススメです。

ブランド名 AZABU THE CUSTOM SHIRT
Web http://www.azabutailor-shirt.com/

BRICK HOUSE by Tokyo Shirts (ブリックハウス バイ トウキョウシャツ)

brick-house-by-tokyo-shirts
出典:http://www.tokyo-shirt.co.jp/

1949年からシャツを作り続けている老舗メーカーがプロデュースする、質と豊かな種類・サイズ展開を誇るブランド。
手頃な価格で高品質なシャツを揃えており、ビジネスマンにピッタリ。

ほとんどの商品に形態安定加工を施しており、毎日忙しい男性でも長く綺麗に着れます。

手頃な価格設定の「レギュラーライン」は毎日のお仕事に、高級素材を使用した「プレミアムライン」は冠婚葬祭などの大事な場面にオススメです。

ブランド名 BRICK HOUSE by Tokyo Shirts
Web http://www.tokyo-shirt.co.jp/

スポンサードリンク

FLEX JAPAN (フレックスジャパン)

flexjapan
出典:http://www.flexjapan.co.jp/

1953年よりワイシャツを製造し続けているメーカー。ライセンスブランドの製造元でもあり、品質は折り紙付き。

オリジナルシャツもビジネス用は勿論、冠婚葬祭向けの上品なものまで多岐に渡り取り扱っています。

速乾性に優れ、サラッと清潔感のある着心地を叶えた「ハイブリッドセンサー」シリーズは、汗の臭いを軽減していつでも爽やかな状態を維持します。

またドレスシャツとしての質感の高さと、着用時の不快感を無くすことを重視した「KOGEN1940」は、上質なシャツのポイントでもある「本縫い」や「貝ボタン」を採用した本格シリーズ。
プレミアム感のある作りを叶えた日本製で、主に百貨店等で取り扱っています。

ブランド名 FLEX JAPAN
Web http://www.flexjapan.co.jp

はるやま

haruyama
出典:http://haruyama.jp/

スーツからネクタイ、ビジネスバッグ等のフォーマル用品全般を、メンズとレディス用共に広く扱っているブランド。

アイロンを使わなくても美しい状態が続く、忙しい方や就活生さんにもピッタリな仕様の「i-shirt」シリーズがメイン。ストレッチもしっかり効いていて動きやすいですし、消臭機能付きで清潔感も保てます。

さらに軽やかな着心地がお好みの方には、i-shirtの機能に加え、特殊製法によりアクアチタンを生地に取り入れリラックス感の高い着心地を追求した、「ファイテン」シリーズもオススメです。

ブランド名 はるやま
Web http://www.haruyama-co.jp

AIR ROOM PRODUCTS (エアールームプロダクツ)

air-room-products
出典:http://www.airroom.jp/

素材には天然のものを、縫製には手間を惜しまず本縫いを採用し、プレーンな見た目ながら質感の高いワイシャツを作っているブランド。

オーガニックコットンで出来た生地ならではの柔らかい着心地と、ナチュラルな風合いを生かした品のある見た目が特徴。縫い方や襟の大きさなど細部にも工夫がなされ、シンプルながら洗練された印象のシャツに仕上げています。

カラーは主にホワイトとインディゴブルーの2色展開です。

ブランド名 AIR ROOM PRODUCTS
Web http://www.airroom.jp

山喜 (ヤマキ)

yamaki
出典:http://www.shirts.jp/

様々なライセンスブランド製品の製造を手掛けている、大手のシャツメーカー。

サイズ展開がとても細く分けられており、長身・細身等は勿論、頭の大きさや首の長さも考慮して商品を選べます。

形状安定タイプや綿100%の製品、柄の種類も数多くラインナップ。
さらに、ウェブ上から自分の体形に合った完全オリジナルのシャツを、簡単に注文できるサービスもしています。

ブランド名 山喜
Web http://www.shirts.jp

無印良品

muji
出典:https://www.muji.net/store/cmdty/section/S10209

1980年にスーパーでお馴染みの西友の独自ブランド(PB)として誕生。日用品や食品をはじめ、現在ではインテリアやアパレル等も手掛けておりワイシャツも定番商品として長い間扱われています。

着回ししやすいシンプルなシャツを取り揃えており、ビジネスには「オックスフォードシャツ」が人気。オーガニックコットンの生地を採用し、3千円程の価格ながら着心地良く仕上がっています。

毎日のお手入れの手間を減らしたい方には、シワの無い綺麗な状態を保ってくれる「形態安定シャツ」がオススメ。白やグレー、ブルーなどベーシックなカラーが揃っています。

ブランド名 無印良品
Web http://www.muji.com/jp/

アトリエ365

atelier365
出典:http://atelier365.net/

ワイシャツを主軸にベルトやネクタイ、スーツ等も手頃な価格帯で販売しているビジネス用品の専門店。

白のベーシックなシャツは一枚900円程から用意。
一番人気は5枚セットになった商品で、デザインのパターンが多岐に渡って展開されており、価格は5千円台からと非常に手頃。

独身男性には嬉しいアイロンいらずの形状安定タイプや、腰回りのダボつき感を排除したスリムタイプなどもリーズナブルな価格で展開しています。

ブランド名 アトリエ365
Web http://atelier365.net

いかがでしたか。
仕事用から休日用まで、沢山のシーンで活躍してくれそうなブランドばかりでしたね!お気に入りのワイシャツ探しに是非ご参考下さい。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

ポケット はてブ
更新