wallet-brand

「メンズ財布」上質かつ高機能!男性におすすめな日本のウォレットメーカー&専門店

財布ブランドは日本国内にも沢山あり、用いる素材や縫製に拘り、長く使える上質な製品を作っています。

今回は、海外の有名ブランドに比べ知名度こそ劣るものの、品質は一流で使い勝手も優秀な「メンズ向けの財布」を扱うブランドや専門店に注目します。

財布の種類について

wallet-brand_mans

日々何気なく使っているお財布。実はとても奥が深く、素材や形の種類も様々あるのをご存知ですか?

最も一般的な長財布一つとっても、開閉が楽で取り出しも簡単な「かぶせ蓋型」やファスナーを配して収納性と安心感を叶えた「ラウンドジップ型」、さらに最近ではファスナー式でも視認性が高いフルオープンタイプも多く見かけるようになりました。

男性に近頃人気なのは、胸ポケットに入る極めて薄くて軽量なタイプや、カードを何枚も収納できる機能美に優れたものなど。
じっくり吟味して、長く愛用できるお気に入りの財布を見つけて下さい。

スポンサードリンク

使われている素材、特に革に関しては様々な種類があります!

wallet-leather

財布に使われることの多い「本革」の中から、特に覚えておきたい種類をご紹介します。

コードバンは、耐久性があり見た目の美しさをはじめ、触れた時の感触も素晴らしい、希少価値の高い馬の革。

ブライドルレザーは、表面に塗り重ねられたロウにより、深い光沢と質感を良さを叶えた、主に英国で加工された牛革。使い始めの頃は「ブルーム」と呼ばれる白い粉を吹いた状態ですが、使い込むごとに自然と擦れて艶へと変化します。長く使うほどに美しい表情を見せてくれる革です。

ヌメ革は、財布の場合主に内装に使用されることが多く、植物成分を用いてなめしを施しただけの革。染めも行っておらず見た目はまさに肌色、色の変化が楽しめるのが最大の特長です。

その他にもタンナー(動物の皮を製品としての革に加工する工場)が独自の製法で仕上げた革や、ワニや蛇、豚等様々な動物の革があります。

PRO-MENER (プロムネ)

pro-mener
出典:http://pro-mener.com/

型抜きから革漉き、縫製も自らこなす職人、池田氏により2012年に立ち上げられたブランド。

製作される財布は、シンプルな表情ながらも、素材の質と技術力の高さによりプレミアム感のある仕上がりを実現。

コードバンを使った上位モデルは、美しい光沢と見事なまでのコバ処理により、用の美を高い次元で実現!所有感を満たしてくれます。

蔵前にアトリエ兼店舗を構えています。

ブランド名 PRO-MENER
Web http://pro-mener.com/

Cartolare (カルトラーレ)

cartolare
出典:http://www.cartolare.jp/

2012年に産声を上げた、財布をメインに作るファクトリー。
商品は全て東京製で、他には無い独自の構造からなる財布をリリースしています。

オススメは、開くと小銭を入れる部分がハンモックのように広がり、小銭が非常に取り出しやすい奇抜な発想の二つ折り財布。お札やカード類も収納可能で、胸ポケットに収まるコンパクトさも併せ持つ、画期的な設計の一品です。

ブランド名 Cartolare
Web http://www.cartolare.jp/

YUHAKU (ユハク)

yuhaku
出典:https://www.yuhaku.co.jp/

2006年にローンチ。微妙な色の変化により奥深い表情の革に仕上げる、独自の染め技術が特長。
財布は、ラウンド型や二つ折り、コインケースなどほとんどの形を展開しています。

中でも注目は、クロコダイルを使った長財布。内から外に向かって色がダークに変化する「グラデーション染め」を採用しており、鱗の模様と相まって唯一無二の美しさを叶えています。

ブランド名 YUHAKU
Web https://www.yuhaku.co.jp

mic (ミック)

mic
出典:http://www.mic1978.com/

日本の財布メーカーが手掛ける、1978年誕生のブランド。

染め加工をしていない、ナチュラルな見た目のヌメ革を採用した財布を数多く展開。日々使う事で、手の皮脂による自然な色の変化が楽しめます。
また窓際に置くことで、日焼けをさせて色味を濃くすることも可能です。

人気商品は、ジーンズ等のお尻のポケットに入れる事を想定した「ヒップポケット財布」。コンパクトなのにお札や小銭もたっぷり収納でき、取り出しやすいよう指をかけるループが付いているのが特徴です。

また3か所にファスナーがあり、カード用のポケットが20か所以上、お札をはじめ通帳も収納可能なポケットが5段も付いた「マルチウォレット」もオススメです。

ブランド名 mic
Web http://www.mic1978.com/

スポンサードリンク

GANZO (ガンゾ)

ganzo
出典:http://www.ganzo.ne.jp/fs/ganzo/c/top

大正時代から革製品を作り続けてきたメーカーが、2001年にローンチしたブランド。

革のなめしから加工に至るまで、徹底した拘りを持ち商品を製造。
財布は牛革からクロコダイルやリザード革、馬革など多様な素材を使用。職人の手仕事で仕上げており、世界的に見ても高水準な品質を叶えています。

デザインはシンプルなものばかりですが、それは素材の良さに自信がある証拠。革の素材感をしっかり生かした財布は、どれも上品な光沢があり、大人のスタイルにマッチします。

定番のラウンド型長財布「GH5」は、1905年設立の米国「ホーウィン社」のオイルレザーを素材に使用。深みのある美しい色味と、使った分だけ手に馴染み味が出てくる逸品です。

希少なワニ革を使った「SMALL CROCO」シリーズは、型押しとは比べ物にならない高級感を放っています。

ブランド名 GANZO
Web http://www.ganzo.ne.jp

山藤 YAMATOU

yamatou
出典:http://www.tokyo-yamatou.co.jp/

明治時代から財布一筋を製造し続けている東京のブランド。流行に左右されず使い続けられるお財布が揃っています。

スタイリッシュなシルエットの長財布「スリムウォレット」は、厚さ6ミリと極薄なのにお札やカードがたっぷり入り、綺麗に収納できます。

価格帯は驚くほど手頃で、本革のラウンド型で1万円台から、コードバンを使ったものでも5万円台で手に入ります。

ブランド名 山藤
Web http://www.tokyo-yamatou.co.jp

leather-g (レザージー)

leather-g
出典:http://www.leather-g.com/

50年以上の長きに渡り革製品の製造を手掛けている日本のメーカー。
革の素材感を生かした贅沢な財布が揃っています。

全ての商品に永年保証が付いており、商品を長く大切に使い続けて欲しいという、作り手の熱い思いが込められています。

一番人気は、イギリスで馬具に使われている丈夫な革を使った、L字ラウンド型財布。革の加工の際に表面にロウを何層も塗ることで、劣化に強くなり丈夫さが増しているので、長く綺麗な状態で愛用できるでしょう。

ブランド名 leather-g
Web http://www.leather-g.com

CORBO. (コルボ)

corbo
出典:http://corbo.co.jp/

1998年誕生のブランド。オイルレザーやブライドルレザー等を巧みに加工した上質な財布を展開。
生産や修理は全て日本で行っており、神宮前にショップ兼工房があります。

ブランド名 CORBO.
Web http://corbo.co.jp/

COCOMEISTER (ココマイスター)

cocomeister
出典:http://cocomeister.jp/

2009年に誕生した、革製品全般を製造している日本のブランド。

主にヨーロッパより仕入れた上質な革を使用。国内の熟練した職人の手仕事により、温かみと味のある革財布を作り上げています。

非常に希少な「コードバン」と呼ばれる馬の革を使った財布は、最上級の品を求める方に最適。内側にヌメ革を配しメリハリを付けた少し手頃なタイプと、全てコードバンで統一した最高級仕様とがあります。
どちらも不必要な装飾は一切なく、縫製技術と素材の良さが引き立っています。

ブランド名 COCOMEISTER
Web http://cocomeister.jp/

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

ポケット はてブ
更新