sandwich-shop-tokyo

サンドイッチ専門店!東京にあるランチや軽食に最適なサンドイッチ屋

軽食やランチをはじめ、小腹が空いた時の軽食にも適しているサンドイッチ。コンビニやパン屋さんで販売している商品でも、手の込んだ美味しい物が増えてきていますよね。

そんな人気の高さを受けて、最近ではより品質や味と見た目の良さに拘ったメニューを取り揃えた、専門店も注目されているんです!
そこで今回は、東京23区内にあるオススメの「サンドイッチ店」を集めました。

たっぷりのボリュームで満足感が高いものから、野菜を沢山摂れるもの、素材一つ一つを拘り抜いた高級感あるもの、昔懐かしいシンプルなものなど、お店によって個性もあります。

サンドイッチの概念を変えるかもしれない、あなたのとっておきのお店を見つけて下さいね。

スポンサードリンク

King George (キングジョージ サンドウィッチ・バー)

king-george-sandwich-bar
出典:http://crownedcat.com/

野菜をこれでもかと贅沢に使い、ヘルシーで栄養も摂れるサンドイッチに仕上げている人気店。

代官山から渋谷方面へ徒歩約5分の通り沿い、1階に不動産屋が入った建物の2階にあります。
また、六本木のバナナリパブリックの側にも店舗はあります。

チキンなどのタンパク質と数種類の野菜をいっぺんに摂れるのは勿論、パンにもライ麦配合の物やセサミパンを使用。とても健康的です。

さらに全ての商品がトーストされて作られるので、温かい状態で召し上がれます。
仕事やお出かけの日でも温かい物が食べれるのは嬉しいですよね。

テイクアウトも可能ですし、アンティークな雰囲気の店内や、お天気の良い日はテラスで食べる事も出来ます。

店名 King George sandwich bar
住所 渋谷区代官山町11-13
港区六本木6-2-31
Web http://crownedcat.com

THE SANDWICH HOUSE 55 (サンドウィチハウス フィフティーファイブ)

the-sandwich-house-55
出典:https://www.facebook.com/TheSandwichHouse55/photos/a.863185087025882.1073741828.840371045973953/863195610358163/?type=3&theater

渋谷駅から東口から徒歩5分程とアクセスも良い、渋谷川の畔にあるお店。
外観は、黒で統一されたイギリスのカフェの様な洗練された店構え。

店内はカウンター席の他にテーブル席もあり、食べて帰れますし、持ち帰りも出来るので、シーンに合わせて選べます。

入り口左脇には、持ち帰り用の受け渡し窓があるので、混雑時も利用しやすいですね。

手作りに拘りを持っており、具材に合うパンをそれぞれ選んで使用していたり、自家製ソースや手作りローストチキン・ビーフ等を使っています。

経験を積んだ熟練のシェフが作ってくれるサンドイッチは、価格も少々高めではありますが高級感があり味わい深いです。

店名 THE SANDWICH HOUSE 55
住所 渋谷区渋谷3-15-1 テルイチビル 1F
Web https://www.facebook.com/TheSandwichHouse55

SANDWICHERIE Johan (サンドウィッチリー ジョアン)

sandwicherie-johan

銀座三越の地下にある、一つでも十分お腹を満たしてくれそうなボリューミーなサンドイッチを提供しているテイクアウト専門店。

全国に十数店舗を展開するパン屋さん「ジョアン」を運営する会社が展開しており、有名店のパンの美味しさを堪能できます。

卵や野菜、タンドリーチキン、バジル、果物等色々な具材の種類があります。厚みがあり量も多いのに、価格は500円以下とお手頃です。

また野菜を摂れるサンドイッチをコンセプトとしている為、卵やお肉のサンドにも野菜が沢山入っており、日頃野菜不足が不安な方にも最適です。色とりどりのフレッシュな見た目で食欲をそそります。

店名 SANDWICHERIE Johan
住所 中央区銀座4-6-16
Web http://www.johan.co.jp/fair/20140201.html

サンドイッチハウス メルヘン

maerchen
出典:http://www.meruhenk.co.jp/

駅や百貨店等、都内に10店舗以上あり、出勤時やお昼時、お出掛けの際に気軽に利用できるお店です。
基本持ち帰り専用ですが、店舗によってはイートイン可能なところもあります。

柔らかい食パンを使用した、日本人に馴染み深いベーシックなメニューが軸で、年代問わず好まれています。
味も日本人好みに仕立ててあり食べやすいです。

作り立てにも拘っていて、全ての商品が店内で作られており、鮮度が保たれているんです。
さらにメニューの種類がとても豊富。定番であり不動の一番人気の卵サンドや、ガッツリ食べたい時に最適なカツサンド、デザートに食べたい北海道産生クリームを使ったフルーツサンド等も人気です。

店名 サンドイッチハウス メルヘン
場所 / エリア 東京駅構内、大丸東京、小田急新宿など
ショップリスト http://www.meruhenk.co.jp/shop/

スポンサードリンク

ポポー

popo

西日暮里駅より2分程の大通り沿いにある、紅色の日除けが目印の、ほっこりした温もりを感じさせる昔ながらのサンドイッチ専門店です。

具材をたっぷりと挟んでいるのが特徴で、リーズナブルな価格なのに1つでも満足感があります。

特に卵サンドやポテトサラダサンド、ハムカツサンドは、間食にもランチにも良いです。

新鮮で健康的な野菜サンドや、甘さ控えめのクリーム使用であっさりとした味になった、食べやすい果物のサンドも人気です。

店名 ポポー
住所 荒川区西日暮里3-6-12

新世界グリル 梵 (シンセカイグリル ボン) 銀座店

grill-bon
出典:http://www.grill-bon.com/ginza.html

軽食だけでなく食事としても十分な満足度を得られる、ビーフカツサンドを販売しているお店。
店内にはゆったりとしたカウンター席が7席ほどあり、珈琲やサラダと共にお食事できます。勿論サンドは持ち帰り可能で、お土産に人気です。

本店は大阪にあり、経験を重ねた2代目シェフがお料理を提供している歴史あるお店です。
サンドには、その本店で人気を得たソースを使用していて、食通の芸能人の方からも人気を集めています。

メインとなるお肉には、オーストラリア産のフィレ肉のみを使用。程良い噛みごたえとジューシーな味わいが自慢です。

店名 新世界グリル 梵 銀座店
住所 中央区銀座7-14-1
Web http://www.grill-bon.com/ginza.html

The Earl Tokyo (ジアールトーキョー)

the-earl-tokyo

赤坂や溜池山王の駅からも徒歩圏内の、可愛いキャラクターの絵が目印のお店。
SNS映えしそうながっつり系のサンドイッチが特徴で、サラダやスープ等メニュー数も豊富です。

外国の方が経営されているのか、店内やメニューにも異国情緒が溢れています。

値段はちょっぴり高めですが、具沢山で一般的なサンドよりサイズも大きいので食べ応えがあります。
野菜やパンも品質の良い物を使用しており、高級な味わいです。

ガーリックバターとエビを併せたスパイシーな商品や、相性の良いトマトとモッツァレラのサンド等、女性に好まれやすく珍しいラインナップが色々とあります。

飲み物類やサイドメニューも充実、さらにハンバーガーやラップなどもあるので、毎回違った組み合わせを楽しめますよ。

店名 The Earl Tokyo
住所 港区赤坂2-21-1
Web http://www.thearl.com

吉田パン

yoshidapan
出典:http://yoshidapan.jp/

普通のサンドイッチでは物足りないという方におススメの、大きいコッペパンを使用した総菜パンを豊富に扱うお店。

亀有駅北口から4分程、商店街を抜けた先の交差点角にあります。また、北千住駅に直結したルミネの8階にも店舗があり、共に持ち帰り専門です。

テレビ番組でもよく取り上げられる、岩手県・盛岡市で絶大な人気を誇る「福田パン」の流れを汲んでいます。

学校の給食等で皆一度は食べた事のあるであろう、懐かしいプレーンなコッペパンを使用。
ハムやコンビーフ、コロッケに焼きそば等の具材はしっかり食べたいお昼時にオススメ。

元祖の福田パンでも人気が高い「あんマーガリン」は、滑らかなこし餡とほのかな塩気のマーガリンが絶妙なバランスを醸し出しており、おやつに最適です。

店名 吉田パン
住所 葛飾区亀有5-40-1
足立区千住旭町42-2
Web http://yoshidapan.jp

いかがでしたか。
肉や野菜、卵など具材の種類も豊富で、毎日通いたくなる様なお店ばかりでしたね!お気に入りの専門店を、是非見つけて下さい。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

ポケット はてブ