hamburger-shop-tokyo

【東京グルメバーガー】都内にある女子にもおすすめなハンバーガー屋

都内には、グルメバーガーと呼ばれる丹精込めて手作りされたハンバーガーを提供しているお店が数多くあります。

パティはとても肉厚で味わい深く、バンズもお店ごと拘り抜いたオリジナルのものを使っているところがほとんど。
今回は、東京に店舗のある女性にもおすすめな「ハンバーガー」屋さんをご紹介!

東京のハンバーガー屋について

hamburger-shop

お肉とパン、野菜も一緒に食べられるアメリカ発祥の料理の代表格「ハンバーガー」。
肉汁溢れるパティと香ばしく焼かれたバンスの相性は抜群で、濃厚な味をガッツリ楽しめる料理です。

一昔前までは、「早くて安い」というファーストフードのイメージが強く定着していましたが、最近では注文するごとに一つひとつ時間をかけて調理される高級志向のハンバーガー店も増えてきています。

また都内では、外観・内装に凝っているお店や、デザート系のメニューを豊富に揃えたお店もあり、女性からの人気も高いんです。

フライドポテト等のサイドメニューにも注目して、あなたのお気に入りのハンバーガー屋さんを探してみて下さいね。

スポンサードリンク

Burger Mania (バーガーマニア)

burger-mania
出典:http://www.burger-mania.com/

2008年に白金にオープンし、現在は広尾や恵比寿にも店舗を構えるハンバーガー店。
上品な店構えで店内もカフェのような落ち着き感があり、女性一人でも利用しやすいのが魅力。

肉厚で溢れるほどの肉汁を堪能できるバーガーメニューは、アボカドやてりやき、メキシカン系のチリソースを使ったものなどバラエティに富んでおり、サラダやパンケーキ、スープなどのサイドメニューも豊富です。

また甘酸っぱさがアクセントになったマンゴーやチェリーを具材に使ったバーガーは、店舗を限定して提供されており、他では味わえない美味しさです。

パティの焼き加減はミディアムが基本ですが、注文を受けてから焼き上げている為、好みの焼き加減があれば応えてくれますよ。

持ち帰りも丁寧に袋詰めしてくれておすすめですし、ファインダインにも対応しているので、デリバリー利用も可能です。

店名 Burger Mania
場所 / エリア 広尾、白金、恵比寿
Web http://www.burger-mania.com/

BLACOWS (ブラッカウズ)

blacows
出典:http://www.kuroge-wagyu.com/bc/

恵比寿駅西口から徒歩5分程にあるハンバーガー店。外観には大きなアルファベットの看板が設置されておりインパクト大。

高級なお肉の代名詞とも言える「黒毛和牛」のみを使った、なんとも贅沢なバーガーを味わうことができます。

一番の拘りであるパティには、精肉店が選んだ黒毛和牛を荒めに挽いて使用。上質な肉の旨みがダイレクトに味わえると、グルメ通からも高評価を得ています。

またバンズは、高輪で人気を博して今や全国に店舗を展開するパン専門店「メゾンカイザー」独自の小麦粉を原料に作られており、旨味や風味、噛みごたえ共に抜群です。
お値段はノーマルなハンバーガーで1300円から。ポテトもセットになっていますし、使われている食材からすれば決して高くありません。

店名 BLACOWS
住所 渋谷区恵比寿西2-11-9
店舗情報 http://www.kuroge-wagyu.com/bc/map.html

MUNCH’S BURGER SHACK (マンチズバーガー シャック)

munchs
出典:http://munchs.jp

2011年にオープン。材料の中でも特にお肉に拘り、ジューシーかつ食べごたえのある肉感の高いハンバーガーを提供しているお店。

オフィスビルが沢山立ち並ぶ港区芝の大通りから少し入った、住宅が多いエリアにあります。

3種類の異なる部位の牛肉を混ぜて使用。牛脂は加えておらず、赤身のステーキのような肉肉しい味わいです。

またパティだけでなくベーコンも数日掛けて仕込むなど、手間暇を掛けて具材を作っており、どのバーガーを食べても美味しいと評判です。

港区の一部エリアを対象にデリバリーも行っているので、ホームパーティー等での利用もおすすめです。

店名 MUNCH’S BURGER SHACK
住所 港区芝2-26-1
店舗情報 http://munchs.jp/access.html

自由が丘バーガー JIYUGAOKA BURGER

jiyugaokaburger
出典:http://jiyugaokaburger.com

食の安心に重点を置き、健康志向の高い方でも満足できるオーガニック食材を使ったハンバーガーを提供する、2008年に誕生したお店。

お肉には国産牛のみを使用。また、じゃがいもや玉ねぎ等の野菜にも有機栽培のものを積極的に採用しており、健康的かつ安全度の高さが売りとなっています。
バンズには卵や乳製品を不使用とするなど、アレルギーが気になる方にも嬉しい配慮がなされています。

北口から徒歩約3分の自由ヶ丘店は、緑を取り入れたテラス席メインの店内構成。開放的な建物屋上のペントハウスで、癒されながら食事ができます。

羽田店は第二ターミナルの3階にあり、フードコートのように注文する形式。搭乗待ちの際にも利用しやすいですね。

店名 自由が丘バーガー
場所 / エリア 目黒区自由が丘、羽田 国内線第二ターミナル内
Web http://jiyugaokaburger.com

スポンサードリンク

J.S. BURGERS CAFE (ジェイエスバーガーズカフェ)

js-burgers-cafe
出典:http://burgers.journal-standard.jp

新宿ニュウマンの裏手や、表参道の通りから少し入った場所など、都内を中心に数店舗展開中のハンバーガー屋さん。

ファッションブランドの「JOURNAL STANDARD」がプロデュースを手掛けているお店で、カフェ感の強い内装はとてもお洒落。床材やインテリアには温かみのあるウッドを採用し、居心地の良さを与えてくれます。

パティは、繊細な温度管理が必要な「氷温熟成」と呼ばれる一風変わった方法で熟成させており、口に運んだ瞬間に旨みがジュワっと広がるのが特徴。

また、平日のランチタイムならサラダバーが付いてきます!沢山の野菜と一緒にハンバーガーを食べられるのは、栄養も沢山摂れて嬉しいですね。

店名 J.S. BURGERS CAFE
場所 / エリア 新宿、原宿、ルミネ池袋など
Web http://burgers.journal-standard.jp

Shake Shack (シェイク シャック)

shakeshack
出典:http://www.shakeshack.jp/

手の込んだ本格グルメバーガーを、700円以内の良心的な価格から提供している、ニューヨーク生まれのお店。

2015年に日本に上陸して以来人気が絶えず、今でも行列ができることも。
場所は、青山一丁目や外苑前の駅からすぐの場所や、恵比寿などにあります。

お肉には、ホルモン剤を使わず安全な環境で育ったアンガス牛を100%使用。サイドメニューの中で定番の人気を誇るポテトも、トランス脂肪酸を不使用などの拘りで、健康に気を遣う方でも安心して食べられます。

他のハンバーガー店と違いワイン等も置いているので、大人が休日に利用するのもいいですね!
価格設定はファーストフード店と比べてもさほど変わらず、メインの「シャックバーガー」は680円からとリーズナブルです。

店名 Shake Shack
場所 / エリア 北青山、アトレ恵比寿、東京国際フォーラム
Web http://www.shakeshack.jp

BROZERS (ブラザーズ)

brozers
出典:http://brozers.co.jp/menu.html

海外で生まれて日本に上陸するお店が多い中、こちらは2000年に日本人のオーナーが始めたお店。
人形町駅から歩いて5分ほどの場所や、新富町駅よりすぐの交差点角に店舗があります。

お肉はもちろん牛肉100%。さらに和牛の脂をブレンドすることで、肉汁が溢れるジューシーなパティに仕上げています。
主な看板商品には濃いめの味付けのバーベキューソースを使用しており、日本人好みの味わい。

1150円からあるバーガー類には全てポテトとオニオンリングが付くので、ボリュームもバッチリ。
赤を基調としたアメリカンな雰囲気の内装もセンスが良く、気分を盛り上げます。

店名 BROZERS
場所 / エリア 人形町、新富町
ショップリスト http://brozers.co.jp/restaurant.html

素材に拘った本格的なハンバーガー店ばかりでしたね!
家族との食事で利用するもよし、女子会でワイワイ楽しむもよし、使い方は様々。
東京でもお洒落な場所にお店を構えていたり、アメリカンで素敵な雰囲気のお店も多いので、デートにもおすすめですよ。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

ポケット はてブ
更新