japanese-sweet-cafe-tokyo

「和菓子カフェin東京」目でも楽しめる和のスイーツを堪能!女子におすすめな都内の甘味処特集

和菓子カフェは、饅頭や羊羹などの日本のスイーツを頂ける世代問わず人気な業態。甘味と共に本格的なお茶が提供される場合も多く、相性は格別です。

今回は、極上の和菓子をカフェスタイルで気軽に楽しみたい方の為に、東京のおすすめな甘味処をご紹介。

和菓子カフェについて

japanese-sweet

脂肪分が少なく比較的低カロリーなものが多いので、現代人に適した健康的なスイーツとも言える「和菓子」。
味に加え見た目も楽しむ要素の一つなので、忙しい日常を送る女性の心を、ホッと癒してくれるでしょう。

そんな和菓子を思う存分堪能するなら、お洒落で雰囲気の良いお店が最近増えてきている「和菓子カフェ」がおすすめです。難しいお作法は必要なく、喫茶店感覚でカジュアルに利用できます。

都内には名高い和菓子店が手掛けている格式あるお店をはじめ、若い女性をターゲットにしたスタイリッシュなお店等、色々な和菓子カフェがあるんですよ!
貴女も素敵な甘味処に出会って、奥の深い和菓子に舌鼓を打ちながら粋な時間を過ごしてみませんか?

スポンサードリンク

TORAYA TOKYO (トラヤ トウキョウ)

toraya-tokyo
出典:https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=14

老舗和菓子店の「虎屋」が東京駅の駅舎内にあるホテルの2階に展開する、2012年に誕生した和菓子と軽食を提供しているカフェ。

店内は壁面のレンガによる温かみと、シックなインテリアが醸し出すラグジュアリーな雰囲気が上手くマッチした大人な空間。大きな窓からは外の自然な光が差し込み、清々しい明るさです。

海外進出も果たしている超有名店ですから、味やサービスは折り紙付き。単品の和菓子の他、旬な甘味を一度に楽しめるプレートも用意。また菓子以外にも食事や飲み物のメニューもあります。

駅から程近く、カウンター席もあるのでちょっとした空き時間に一人で利用するのもおすすめです。

店名 TORAYA TOKYO
住所 千代田区丸の内1-9-1
店舗情報 https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=14

HIGASHIYA GINZA (ヒガシヤ ギンザ)

higashiya
出典:http://www.higashiya.com/ginza/

銀座一丁目駅を出てすぐの中央通り沿いに2009年に誕生。甘味はもちろん、お茶にも力を入れている本格派の和菓子カフェ。

店内は売店と茶房で構成されており、木目のインテリアをセンス良く配置した穏やかなムードの空間。古き良き和の要素と、現代の内装デザインが上手くミックスされています。

お茶の種類が豊富で、日本茶だけでなく珍しいフルーツやハーブのお茶にも出会えます。甘味との相性の良い組み合わせを見つけたくなりますね。

使われている食器も選び抜かれており、どの品も凛とした佇まいで目でも楽しませてくれます。
お酒の提供もされており、和菓子をつまみに頂く新しい楽しみ方を開拓してくれそう。夏季には毎年、抹茶金時や甘夏味のかき氷がメニューに追加されます。

店名 HIGASHIYA GINZA
住所 中央区銀座1-7-7
店舗情報 http://www.higashiya.com/ginza/

鶴屋吉信 TOKYO MISE (ツルヤヨシノブ)

turuya-tokyo-mise
出典:http://www.turuya.co.jp/tenpo/tokyomise.html

京都に本店を構える、1803年創業の老舗の和菓子店。東京では日本橋店に茶房が併設されています。

名店だけに素材に一切の妥協はなく、大粒で味わい深い丹波の大納言小豆や、香りの良さも自慢の和三盆糖など、上質な素材だけを使って和菓子を作っています。

また鮮やかな色合いの菓子も全て天然の着色料のみを使って再現しており、安心して食べられます。
茶房では職人さんが目の前で作った和菓子をお茶と一緒に頂くことができ、贅沢なひと時を堪能できるでしょう。

店名 鶴屋吉信 TOKYO MISE
住所 日本橋室町1-5-5
店舗情報 http://tokyo-mise.jp/shop/index.html

甘味cafe こすず

cafe-kosuzu
出典:https://www.cafe-kosuzu.com/

小平駅北口から歩いて6分程にある、地元で長年愛されていた和食屋「さかり」の跡地に2016年8月にオープンした和菓子カフェ。

味だけでなく使用する素材や見た目の美しさにも気を配った、舌でも目でも楽しめる甘味を提供しています。
食感を追求したとろけるわらび餅や、米粉を使ったグルテンフリーのロールケーキが看板商品。アイスと一緒に食べる、盛り付けも美しい小さめサイズのどら焼きも人気です。

店内は梁や建具、テーブル等の色が統一されたクリーンな空間で、元々食事処だっただけに意外と席数があり、ゆったりと寛げます。経営している方は旧店舗と同じなので、美味しい和食メニューもありますよ。

店名 甘味cafe こすず
住所 小平市美園町3-31-28
店舗情報 https://www.cafe-kosuzu.com/access

スポンサードリンク

茶彩 絲 (チャサイ イト)

cyasai-ito

六本木の雑踏から少し離れた3丁目の住宅街に佇む、立派な和の門構えが一際印象的な和菓子カフェ。

和要素のあるモダンな外観はとても素敵。内装には、窓枠の飾り格子や無垢の木のカウンター、壁に飾られた日本画等により隙の無い和空間が構築されています。

抹茶を一番の売りとしたお店で、自ら点てた抹茶と和菓子を一緒に楽しめます。茶道の経験がなくても、店員さんが丁寧に教えてくれるのでご安心を。
お皿やお盆に花が添えられて出てきたりと、丁寧な心配りが日本の良さを感じさせてくれるお店となっています。

店名 茶彩 絲
住所 港区六本木3-6-1

神楽坂 茶寮 (カグラザカ サリョウ)

saryo
出典:http://saryo.jp/

飯田橋駅から徒歩5分程の大久保通りから一本小道を入った所に本店があり、その他池袋の東武百貨店や立川のららぽーと等にも店舗のある、和菓子と和食を頂けるカフェ。

注目は、厳選した茶葉を使用したお茶の数々。中国茶や日本茶、紅茶など多岐に渡り用意されており、特に人気は抹茶やほうじ茶を使ったラテ。茶葉の香りとミルクのコクが、和菓子の甘みを引き立てます。

また、抹茶を使ったチーズケーキや和風パフェ、抹茶色のチョコフォンデュにタルトなど、一味違う和洋折衷なスイーツが、新しい和菓子の可能性を感じさせてくれます。

店名 神楽坂 茶寮
場所 / エリア 神楽坂、立川、池袋
Web http://saryo.jp

清月堂 ・ 清月茶房 (セイゲツドウ)

seigetsudo
出典:http://www.seigetsudo-honten.co.jp/

築地市場や東銀座の駅からアクセスの良い本店の2階をはじめ、新宿の京王百貨店にも系列店のある甘味処。
店内は世代を越えて寛げる、老舗ならではの落ち着きのある空間です。

1907年の創業以来、100年以上に渡り愛されている名店の和菓子を頂けます。あんみつや善哉、汁粉などの昔ながらの甘味に加え、ご飯もののメニューもいくつか用意。

銀座店に関しては、1階の店舗で販売している商品を、2階の茶房で食べることも可能です。

店名 清月堂
場所 / エリア 銀座(清月茶房)、新宿など
ショップリスト http://www.seigetsudo-honten.co.jp/archives/category/shops

花想容 (カソウヨウ)

kasoyo
出典:http://kasoyo.com/photo

目白駅より歩いて6分程の少し迷ってしまいそうな住宅街の中にお店を構える、普段は着物店として営業している穴場な和菓子カフェ。
カフェ営業は月に数日なので、事前に営業日を調べておきましょう。

元々民家であった為、どこか懐かしさを感じさせる店内。中庭を眺めながらノスタルジックな気分に浸りつつ、自分だけの時を過ごせます。

専門店にも負けないその時期旬な甘味やあんみつ等が頂け、お飲み物も抹茶やゆず茶等数種類用意されています。

店名 花想容
住所 新宿区下落合2-19-21
店舗情報 http://kasoyo.com/shopinfo

いかがでしたか。
作り手が丹精込めて生み出す和菓子は、目でも満足させてくれます!お気に入りの甘味処を見つけて、日本の伝統的な味を楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新