rice-dumpling-shop-tokyo

「東京の団子屋」長く愛されている伝統の味!都内のおすすめな団子屋特集

団子は、日本では昔から愛されている和菓子の一つ。串に刺されているものや一個ずつ分かれているもの等、味や種類は多岐に渡ります。

東京には古くから営業している老舗の団子屋がいくつも存在。素朴で飽きの来ない味わいを是非堪能してみて下さい。

団子屋について

dango

古来、親しまれる菓子「団子」。都内には地元民から長く愛されている名店から、斬新なメニューを提案する新しいタイプのお店など、美味しい団子屋さんが数多くあります。

持ち帰りして自宅でじっくり味わうもよし、街ブラしながら食べるもよし。店内で日本茶などと一緒に頂くのもいいですね。

好みのお店を見つけて、あなたも団子ならではの馴染み深い味に癒されてみては?

スポンサードリンク

楓 (カエデ)

kaede
出典:http://www.geocities.jp/wagashi_kaede/mitarasi.html

浅草の伝法院通りと六区通りが交わる五叉路にある、ショーケースに綺麗に並んだお団子が目を引くお店。
浅草寺や花やしき、ROXなどからも近いので、観光のついでに寄るのも良さそう。

団子は全て、国産の米粉100%で作られており、もっちりとコシがあります。
みたらしは秘伝の甘辛だれが絶妙。ぐるりと海苔が巻かれた団子は、上質な海苔を炙ってから巻いています。

レトロで可愛い見た目の、3色の花見団子も人気!懐かしくも贅沢な味わいです。

店名
住所 台東区浅草1-40-6
Web http://www.geocities.jp/wagashi_kaede/

羽二重団子 (ハブタエダンゴ)

habutae
出典:https://www.habutae.jp/

創業は1819年という、老舗中の老舗。日暮里駅東口から1分の駅近にお店があり、本店は2019年まで改装工事中となっています。

駅前店は団子屋に見えないほどモダンな外観で、まるで洋菓子店の様。広々とした店内には大型のテーブル席と、通り沿いにはカウンター席も用意。
カフェのようにオシャレで清潔感があり、和小物を飾るなどさりげない工夫により和の雰囲気もしっかり取り入れています。
イートインは勿論、持ち帰りも可能です。

店内で召し上がる場合は、抹茶や日本茶とのセットが特に人気。
ミニサラダとお団子を組み合わせたランチセットは、定番のお団子を2種類楽しめ、上品な量で軽食に最適です。

店名 羽二重団子 (HABUTAE)
住所 荒川区東日暮里6-60-6
Web https://www.habutae.jp

ふしみだんご

fushimi-dango

ノスタルジー感が溢れていて癒しも提供してくれる団子屋さん。
東伏見駅の南口から鳥居をくぐって西武線の線路沿いの道を1分程進んだ先にあります。

定番商品でもあり、お店の名前にもなっている「ふしみだんご」は、きな粉をまぶしており、素朴な甘さが魅力です。
みたらしや餡の団子などの定番メニューも勿論展開。価格は串であれば1本100円以下のものがほとんど。手頃な点も昔から長く愛される理由です。

饅頭や羊羹等の他の和菓子や、巻きずしなどの惣菜なども販売しており、こちらも懐かしい味わいです。

店名 ふしみだんご
住所 西東京市東伏見2-3-3

浅草きびだんご あづま

asakusa-aduma

雷門すぐ側の仲見世通りにある、江戸時代から親しまれていた吉備団子を取り扱うお店。
通りの1ブロック目にあり、有名店なので行列ができることも。

甘さ控えめのきな粉を贅沢にまぶした団子は、基本作り置きせず目の前の鉢で粉をまぶしてくれ、ほんのりと温かい出来立てで提供。

暑い季節には、苦味と甘さのバランスが絶妙の冷やし抹茶と一緒に頂くのが通の食べ方。

1人前5本セットからの販売となっていますが、一串が小さめなので一人でも楽に食べ切れます。

店名 浅草きびだんご あづま
住所 台東区浅草1-18-1

スポンサードリンク

だんごのやよい

dango-yayoi

西新宿の熊野神社の近く、方南通りから少し入った所にある緑のひさしが目印の団子屋!
昔懐かしいプレーンな串団子が好きな方におすすめです。

焼き立てを提供することに拘りを持っており、注文を受けてから一串一串じっくりと焼いてくれます。待っている間は店員さんとの会話を楽しむのも乙。

醤油の香ばしい香りの中焼き上がる団子はまさに絶品。一本からでも焼いてくれるので気軽に立ち寄れます。

その日の分が売り切れると営業終了なので、確実に食べたい方は是非早めにお店に行ってみて下さい。

店名 だんごのやよい
住所 新宿区西新宿5-24-9

高木屋老舗 (タカギヤロウホ)

takagiya
出典:http://www.takagiya.co.jp/

柴又駅から徒歩2分程、帝釈天参道の入り口すぐにある、瓦葺屋根と大きな茶色い看板が目印のお店。
参道に向かい合わせで2棟あり、主に土産物を販売する方と、下町らしい粋な雰囲気の中飲食できる喫茶スペースとが対面しています。

看板メニューは、色鮮やかな草団子。香りに優れたよもぎを練りこんでおり、添えられる餡も北海道産の小豆を使っており、よもぎの香りと豊かな甘みの両方が感じられます。

醤油団子に刻み海苔をまぶしたお団子も、見た目は斬新ですが昔からある馴染み深い味。焼き立てを頼むことも可能です。

店名 高木屋老舗
住所 葛飾区柴又7-7-4
店舗情報 http://www.takagiya.co.jp/access2.html

追分だんご本舗 (オイワケダンゴホンポ)

oiwake-dango
出典:http://www.oiwakedango.co.jp/

新宿駅直結のメトロ食堂街と、伊勢丹の先の新宿通り沿いにも店舗を展開する都内では有名なお店。

その日の朝に仕込む新鮮な団子は、甘さが適度で上品な味。重くない程良い味付けで、あっさりした味が好みの方におすすめ。

テイクアウトなら一串ずつ包装されていて、ささやかな手土産にもピッタリ。
ハチミツとレモンを使ったものや、生姜を使ったものなど季節限定の商品が登場するのも楽しみの一つです。

店名 追分だんご本舗
場所 / エリア 新宿 (3丁目と西口改札側の飲食街)
ショップリスト http://www.oiwakedango.co.jp/shop.html

Cafe De Dango (カフェデダンゴ)

cafededango
出典:https://www.cafededango.com/blank

和菓子である団子を洋風なカフェスタイルで提供している、若い世代でも気軽に入れるお店。
高幡不動駅の南側出口より参道の商店街を少し歩いた先にあります。

ラインナップが他のお店とはひと味もふた味も違い特徴的。チョコバナナやホイップクリームを乗せたもの、更にはティラミス風やオリーブオイルで揚げたものなど、他では出会えないようなお団子が沢山あります!

また注文後に調理するので、モチモチの柔らかな食感が強く、食べごたえもあります。
看板商品である、水出し珈琲との組み合わせがおすすめです。

店名 Cafe De Dango
住所 日野市高幡145
店舗情報 https://www.cafededango.com/access

いかがでしたか。
団子に舌鼓を打ちながら粋な時間を過ごしてみてはいかがでしょう!ご自身で食べるのは勿論、お土産としても喜ばれますよ。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新