東京銭湯

「東京銭湯」日常の癒しに最適!都内にあるおすすめの湯処

蛇骨湯 (浅草)

jakotuyu
出典:http://www.jakotsuyu.co.jp/tokucho/index.html

蛇骨湯は浅草にある江戸時代の頃からあるとても歴史のある銭湯です。
蛇骨湯の湯は東京の下町らしい黒湯です。黒湯は草木が地下水に溶け込んだ冷鉱泉で、体の芯まで温めることができます。

また、湯船から出たあともしばらく体がポカポカで冬の寒い時期には湯冷めの心配も無くて良いです。

浴場の壁には大きな富士山が描かれていて、日本の銭湯という感じがまた良いです。

住所 東京都台東区浅草1-11-11
TEL 03-3258-2611
ホームページ http://www.jakotsuyu.co.jp/

スポンサードリンク

久松湯 (練馬区桜台)

hisamatsuyu
出典:http://hisamatsuyu.jp/

23区内で天然温泉が楽しめる銭湯、桜台温泉 久松湯が2014年に完全リニューアルしました。

浴場は、黒を基調とした洗い場と、天井が高くて開放感のあるモダンなデザインです。
温泉とお洒落な浴場に思わず「本当に銭湯?」と驚きましたが、料金も460円ととても安くて、いつでも気軽に来場できるのが魅力でした。

露天風呂もあり黄色く少しにごりのある湯はとてもリラックスできます。
また、浴室壁面にはプロジェクションマッピングを投影し目でも癒してくれます。

住所 練馬区桜台4-32-15
TEL 03-3991-5092
ホームページ http://hisamatsuyu.jp/

梅の湯 (神保町)

kanda-umenoyu
出典:http://blog.livedoor.jp/guiness195/archives/1096006.html

近くに皇居があるので、仕事帰りに皇居でランニングした帰りに汗を流すランナーが多くいました。
場所的に狭そうな銭湯のイメージですが、思った以上に湯船も大きいのでゆっくりと温まることができます。

脱衣場はちょっと狭く、ランナーでにぎわっているので窮屈かもしれませんが、アメニティーは充実していました。

住所 東京都千代田区神田神保町2-8-2
TEL 03-3261-5897
ホームページ http://www.navi-bura.com/main.php/view/main_ca_9/sub_ca_2/0/00657/0/

弁天湯 (浅草橋)

bentenyu
出典:http://www7b.biglobe.ne.jp/~bentenyu/index.html

ビルの一角で入口がわからず戸惑いましたが、歴史が100年以上あるらしくもう4代目ということです。こんなに長く続けられるのは相当努力されているのでしょう。

お湯は暑めでしたが駅から近くてとても便利な場所でした。

住所 東京都台東区浅草橋1-33-6 浅草橋シティハイツ1Fの奥
TEL 03-3864-7100
ホームページ http://www7b.biglobe.ne.jp/~bentenyu/index.html

薬師湯 (墨田区)

yakushiyu
出典:http://www.yutaro.org/read/interview/s_naganuma/

スカイツリーに一番近い銭湯。暖簾をくぐると正面に受付、左にソファーやカウンターのあるちょっとした休憩スペースがあります。

湯船は大小ひとつずつ、奥にサウナ(別料金)があります。
日替わりの入浴剤が綺麗で楽しいので毎日行っても飽きません。

お風呂上りに休憩スペースのカウンターで、受付で買ったおつまみと缶ビールで語らっているおじさまたちをみると、ほのぼのしていてまるで実家のお風呂の入った気分になります。

住所 東京都墨田区向島3-46-5 メゾンソレイユ 1F
TEL 03-3622-1545
ホームページ http://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00023118/

スポンサードリンク

 東京健康ランド まねきの湯 (船堀)

manekinoyu
出典:http://www.manekinoyu.jp/tokyokenkoland/

まねきの湯はいわゆるスーパー銭湯で、お風呂以外にも食事やサウナ、エステなどが楽しめます。
地下から汲み上げている天然温泉は美肌効果も期待できる泉質です。

広々とした大浴場でさらにジェットバスやパルスバス、シルクインバスなどもお楽しみいただけます。
露天風呂では指揮を肌で感じながら夜は星空を眺めてリラックス。

オススメは檜風呂です。檜風呂は樹齢2000年の檜の持っている薬用成分「ヒノキチオール」がお湯に溶け込み、檜の香りと優しい温かさで心も身体癒されるお風呂です。

期間限定の風呂もあり、他の銭湯にはないようなお湯を楽しむこともできます。休憩処も広く、一日中楽しむことができる銭湯です。

住所 東京都江戸川区船堀1-2-1
TEL 03-3878-4126
ホームページ http://www.manekinoyu.jp/tokyokenkoland/

宮下湯 (巣鴨)

miyashitayu
出典:http://members2.jcom.home.ne.jp/sweet-arumu-take/tokyo/toshima/miyashitayu.html

巣鴨駅から数分のところにあります。
地下にあるので、通りがかりだとどんなところか全くわかりませんが、昔ながらの雰囲気で、地元の方で賑わっています。

お風呂は普通のお風呂のほかに泡風呂、水風呂があり、寝て入れるスペースもあります。
湯の温度は高めです。サウナは200円で入れます。
土地柄かもしれませんが、お年寄りが多く、のんびりした感じが味わえます。

住所 東京都豊島区巣鴨1-30-2
TEL 03-3941-0379
ホームページ http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=16009

竹の湯 (麻布十番)

takenoyu
出典:http://homepage3.nifty.com/takenoyu/tennai.htm

麻布十番駅1番出口から徒歩5分程の場所にある竹の湯。
お湯は黒褐色の黒美水原泉を使用していて、独特の香りがしてリラックスできるお風呂です。

お風呂も建物もこじんまりとしているので、温泉やスーパー銭湯とは違って「昔ながらの地域の銭湯」といった雰囲気で落ち着きます。

平日・土日関わらず年配の方を中心に多くのお客さんで賑わっています。
23時半まで営業しているのも嬉しいポイントです。

竹の湯は麻布十番という場所にありながらも、昔ながらの銭湯です。
昭和の香りの漂う、街中の銭湯といった感じでしょうか。こちらは銭湯なのですが、温泉であることでも有名です。半信半疑でうかがってみたところ、お湯は黒くさらっとした感じでした。

温泉であるためか、体の芯からあったまることができ、老若男女誰でもおすすめできます。
こじんまりとしていて、外観は古めですが中の清掃は行き届いていますので、気持ちよく利用することができます。

住所 東京都港区南麻布1-15-12
TEL 03-3453-1446
ホームページ http://homepage3.nifty.com/takenoyu/

バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯 (豊島園)

niwanoyu

豊島園の庭の湯は、なんと言っても露天風呂が最高です。
綺麗な庭を眺められる作りになっているのですが、特に桜の時期はオススメです。

ここの銭湯の珍しい所は、水着は着用ですが男女混浴出来るスペースもあります。
この銭湯は周りがジャグジーになっていて、疲れをとるにはもってこい!夫婦やカップルでも楽しめる温泉です。

銭湯だけではなくリフレッシュ出来るマッサージやバリ式エステ、垢すりなどがあります。
垢すりは自分でやっていても、驚くくらいの垢が出て全身ツルツルです。

もちろん垢すりをするなら、先に温泉やサウナでじっくり汗を書いてからがベスト。
垢すりした後も乳液でマッサージしてくれるので、かさついたりしないです。

住所 東京都練馬区向山3-25-1
TEL 03-3990-4126
ホームページ http://www.niwanoyu.jp/

世界湯 (人形町)

sekaiyu
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nyannder2002j/GALLERY/show_image.html?id=25477175&no=2

世界湯を端的に言うと、銭湯に行ったことが無い人が思い描く銭湯そのもの、だと思います。
番台、壁に描かれた富士山と湖、昔ながらの体重計、少し熱めのお湯等々、巨大なビジネス街の近くとは思えないような銭湯です。

身体を洗い、リフレッシュするためにあるのが銭湯ですが、世界湯は東京の新たな名所にもなりうるのではと思わせるような風情漂う銭湯です。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-17-2
TEL 03-3666-7663
ホームページ http://www.268chuou.com/list/detail06.php

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新