東京銭湯

「東京銭湯」日常の癒しに最適!都内にあるおすすめの湯処

新生湯 (旗の台)

shinseiyu
出典:http://www.shinseiyu.jp/guide.html

地元では言わずと知れた銭湯で、月ごとにかわる薬湯や露天岩風呂、白湯、電気風呂、岩塩サウナなど14種、18の浴槽が楽しめ、いつも老若男女で賑わっています。

特に人気なのは高濃度炭酸泉。シュワシュワと炭酸ガスが湧き上がる浴槽はいつも常連客でいっぱい。子どもたちが流れるプールのように遊びたくなってしまう流水歩行風呂も楽しい。

すべてのお湯を楽しみたいなら、男湯と女湯が入れ替わる隔週で2回は訪れたい名所です。

住所 品川区旗の台4-5-18
TEL 03-3781-3476
ホームページ http://www.shinseiyu.jp/

スポンサードリンク

世界湯 (下落合 / 高田馬場)

sekaiyu
出典:http://www.yutaro.org/osearch/sekaiyu/

2009年にリニューアルされた、とても綺麗で清潔感あふれる銭湯。
いわゆる下町の銭湯のような懐かしい雰囲気には欠けますが、新しい設備でゆとりある空間は安心感があり、銭湯初心者にもおすすめです。

電気風呂や、露天の岩風呂があって長湯が楽しめるのも嬉しいポイント!
石鹸やシャンプーなどは一切置いていないため持参の必要がありますが、受付でアメニティ類は一通り扱っているので手ぶらでフラッと立ち寄るのもOK。

休憩スペースには大きなテレビがあり、お風呂上りのひとときを心地よく過ごせる明るい空間です。

住所 新宿区高田馬場3-8-31
TEL 03-3371-2409
ホームページ http://www.yutaro.org/osearch/sekaiyu/

天神湯 (北品川)

tenjinyu
出典:http://www.tenjinyu.com/gaiyou.html

外観は銭湯とは思えないほど重厚で立派な佇まい、マンションの1階にエントランスを構える銭湯です。

1階は受付で待合ロビーが正面にあり、マッサージチェアーもあります。
男女ともに2階が浴室となります。こちらのお風呂の最大の特徴と言えば真黒な湯をした天然温泉です。

非常に濃度が濃く、まろやかなお湯は一度入ればほかの黒湯とは違うと実感すると思います。
香りも自然を感じる何とも言えないリラックスできる香りがします。
場所は京急線新馬場駅から徒歩4分ほど。

住所 品川区北品川2-23-9
TEL 03-3471-3562
ホームページ http://www.tenjinyu.com/

神田アクアハウス江戸遊 (神田)

edoyu-kanda
出典:http://www.edoyu.com/kanda/index.html

JR御茶ノ水駅から徒歩5分の場所にある銭湯です。
建物の1Fが受付になっており、2Fには休憩所、3Fには脱衣所と浴室、サウナが設備されています。

手入れが行き届いており、気持よく利用できるのが魅力。
客層は立地や値段の手軽さもあってか、地元の方から若者、ビジネスマンまで様々。

脱衣所のロッカーに手荷物を預けてラフな格好になり、2Fでゆったり休憩される方も多く見られます。

住所 東京都千代田区神田淡路町2-9-9
TEL 03-3258-2611
ホームページ http://www.edoyu.com/kanda/index.html

今回は、一般の浴場以外にスーパー銭湯も一緒にご紹介しました!
番台があり古き良き風情を感じさせてくれるところや、最新の機材を取り入れシルク風呂や炭酸泉が楽しめるところ等、沢山の素敵な湯処がありましたね。

休日に少し遠くに足を延ばして、今まで行った事の無い、都内の銭湯巡りなんていかがでしょうか。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新