東京銭湯

【東京銭湯】460円の浴場や温泉、炭酸泉も!都内のおすすめな湯処

都内にある、料金460円の小規模な浴場から、温泉を引くスーパー銭湯まで、一度は行ってほしい素敵なおすすめの銭湯をまとめました。

東京には昔から多くの銭湯があります。今回は23区内だけでなく多摩地区も含め、沢山の湯処をご紹介します!

改良湯 (渋谷)

明治通りから見える、今にもブリーチングするかのようなクジラを描いた壁画(寝姿にも見える)。渋谷民から愛されている大正5年創業の歴史ある銭湯「改良湯」が、クリスマス目前の2018年12月21日に新装開店を果たした。

kairyouyu

改装工事を担当したのは、今や銭湯施工に関して国内一の呼び声が高い、あの”今井健太郎建築設計事務所”だ。

小洒落た小料理屋を思わせる入口を入ると、下足箱と入場券売機があり、自動扉の先には銭湯らしからぬモダンなエントランスがお目見え。ここで購入したチケットを手渡し入場する。

kairyouyu

暖簾の先にある脱衣所は、非常にゆとりのある設計で、混んでいても窮屈感は感じない。ロッカーの数は潤沢であり、鏡台は3つ用意。
気になるドライヤーには、男性用にはテスコムの”NIB3000”、女性用にはリュミエリーナの”ヘアビューザー”と、どちらも強力な風量を誇る製品を導入。都内の銭湯の中で、これほどまでにハイエンドなドライヤーを設置している湯処はまずないだろう。

浴場内は、美濃焼のような美しい色味の磁器質タイルで統一されている。湯船は、ジェットが2か所ある中温湯と、広くてゆるめの炭酸泉がある。また、乾式サウナと水風呂も完備している。

シンボルとなる「銭湯絵」には、中目黒の光明泉や蒲田のはすぬま温泉等、数多くの銭湯壁画を描いている画家ユニット”Gravity Free”が担当。中央の太陽を軸に、女湯側には富士山や川、男湯側にも美しい風景が描かれている。

洗い場のシャワーヘッドには”LIXIL”製の固定タイプを採用。水圧に勢いがあり、泡汚れをすぐに洗い流せるので、完全にストレスフリーだ。

kairyouyu

設備に加え、渋谷と恵比寿両駅よりアクセスできる立地も申し分ない「改良湯」で、あなたも英気を養おうではないか。

住所 渋谷区東2-19-9
TEL 03-3400-5782
MAP 改良湯の地図

ひだまりの泉 萩の湯 (鶯谷)

山手線沿線の駅から徒歩圏内という抜群の立地に加え、一般浴場としては規格外のスケールで展開する銭湯。

元々創業後長い老舗ですが、2017年5月に建物全てを建て替えし、再オープンしました。

haginoyu

1階は店内入口と駐輪場で構成。受付は2階で食事処が併設、男湯が3階で、女湯は4階となっています。

湯船はそれぞれにゆとりを持った作り。
岩風呂は半露天のスペースに設けられ、外気が心地良く広め。特許取得の装置により目には見えない極小のバブルが発生しています。

炭酸泉は普通の銭湯では都内でも最大級の広さを誇ります。
ジェットバスはとても強力で、噴射口が背面に付いたものが2種類と、左右に付いたものの計3か所。

女湯には清潔感の高い白のタイルでまとめられた塩サウナを完備。男湯の水風呂の壁面には、色の違う石で表現した富士山が描かれています。

シャンプー等も備え付けがあり、ドライヤーも無料。これで入浴料460円はお得です。

住所 台東区根岸2-13-13
TEL 03-3872-7669
MAP 萩の湯の地図

スポンサードリンク

アクアガーデン三越湯 (白金高輪)

mitukoshi-yu

港区と渋谷区の境、天現寺交差点から徒歩6分の場所に位置する住宅街にある銭湯です。

最寄駅は白金高輪と広尾で共に15分は歩くので周辺に住んでいる方しか知られていない穴場です。

男湯と女湯は毎週土曜日に入れ替わります。入り口から入って右側のお風呂は半露天風呂があり入ればまるで温泉地に来たかのような錯覚を感じるかもしれません。

営業の終了時間は22:00 (サウナは21:45)、金曜日と第3木曜日は定休日で、その他不定休もあります。※2017年7月8日以降、事情により22:00までの営業に変更。

住所 港区白金5-12-16
TEL 03-3441-9576
MAP 三越湯の地図

桜館 (池上)

sakurakan
出典:http://sakurakan.biz/bath/

池上駅から徒歩6分ほどの住宅街に突如現れる特徴的な建物それが、桜館。

館内は、営業年数がある程度経っている為、一昔前のスーパー銭湯と言うのが一番しっくりくるような独特の味がある雰囲気。地元の方の憩いの場でもあります。

泉質は、このエリアに多い黒湯の冷鉱泉で、数ある黒湯の中でも色・成分の濃さは都内でも上位に入るレベル。

男女で月の前半と後半で入れ替え制となっています。
壱の湯と呼ばれる番頭右側の湯には、1階の洗い場と湯船があるフロア以外にも、2階のミストサウナや特定日のみ開放される3階の大型テレビが設置された露天風呂があります。
お風呂とは別に建物内2階には、お食事処や休憩スペースもあり、とても銭湯料金で入れる銭湯とは思えない規模。

また、桜館周辺には、入り口の目の前に居酒屋「池六」やラーメン屋「さくらっ娘」、その他床屋やコインランドリーもあります。

駐車場も数台分無料で用意されています。尚、この地域は区画整理がされた住宅地で一方通行の道路が多いので、車で行く際はナビ案内が便利です。

住所 大田区池上6-35-5
TEL 03-3754-2637
ホームページ http://sakurakan.biz

広尾湯 (広尾)

大正より続く老舗が、2017年7月14日に約2か月間の改装工事を経て新装開店。

壁絵や浴槽、番台等は昔の面影を残しつつ、風呂場のタイルやカラン、シャワーに加え、脱衣所のロッカーや洗面台などは全て新調。外の看板もムード満点な木製となりました。

hirooyu

広尾の商店街にある湯は井戸水を薪で焚いている昔ながらのスタイルを貫く銭湯です。

ここの魅力は何といっても熱湯です。通常銭湯は42度前後に設定するところが多くスーパー銭湯などはそれより低い温度の設定が多い昨今の銭湯とは一線を画す熱い温度のお湯が魅力です。

住所 渋谷区広尾5-4-16
TEL 03-3473-0624
MAP 広尾湯の地図

宮城湯 (西品川)

miyagiyu
出典:http://www.miyagiyu.co.jp/guide.html

西品川のディープな住宅街にたたずむ天然温泉の銭湯「宮城湯」。
上質な温泉はほのかに良い香りがしてリラックスできます。

男女で1階と3階にフロアが分かれており隔週で入れ替えとなります。
なんといっても3階の露天風呂は、恰も温泉地に来たかのような開放的な岩風呂が魅力です。
夜になれば星空を眺めながら温泉が楽しめます。

内湯や洗い場も十二分に広く、サウナも完備しており追加100円という良心的な価格設定です。

アクセスは、下神明駅からは5分ほどですが東急大井町線を利用しない方にとっては少し不便。
しかし戸越駅や大井町駅からも徒歩15分ほどなので散歩がてらに丁度良い距離です。

住所 品川区西品川2-18-11
TEL 03-3491-4856
ホームページ http://www.miyagiyu.co.jp/

清水湯 (南青山)

南青山 清水湯
出典:http://shimizuyu.jp/

表参道駅すぐ側の青山通りから少し入った場所にある綺麗な銭湯です。

以前は昔ながらの銭湯という印象が強かった南青山にある銭湯清水湯ですが、現在はリニューアルして外装と内装どちらもお洒落な銭湯に様変わりしました。

入浴料はワンコインでもお釣りが帰ってくる安さで、仕事帰りに気軽に立ち寄れます。
高濃度炭酸泉やジェットバスなど疲れた体を癒すにはもってこいの銭湯だと言えるでしょう。

クラシック調のBGMがかかっていて内装はお洒落さを意識しています。
最近はいろいろな媒体のメディアで紹介されているためか非常に混んでいます。

住所 港区南青山3-12-3
TEL 03-3401-4404
ホームページ http://shimizuyu.jp/

スポンサードリンク

湯処葛西 (葛西)

スーパー銭湯 湯処葛西
出典:http://www.yudokoro.jp/

江戸川区葛西にある大型の銭湯。周辺には大きなマンションがいっぱある新興住宅地なので週末ともなると多くのお客さんで賑わいます。

大浴場と露天風呂全11種類のお風呂からなりサウナも完備されています。

オススメはなんといっても都内最大級規模といえる露天風呂です。都内にあるとは思えない広さで日々の疲れを癒してくれるでしょう。

お風呂以外にも、食事処や床屋が入っています。休日は家族連れで賑わっているので、ゆっくり入りたい人には平日や夜間の方がオススメできます。

スーパー銭湯とは言え、値段もお得なのでついつい何度も足を運びたくなってしまいます。

側にはイトーヨーカドーもあり、買い物ついでに立ち寄ることも出来ます。

スーパー銭湯なのに料金は平日600円、土日でも700円と非常にリーズナブルです。

住所 江戸川区東葛西9-3-5
TEL 03-3687-1126
ホームページ http://www.yudokoro.jp/index2.html

ゆ家 和ごころ 吉の湯 (杉並区)

ゆ家和ごころ吉の湯 杉並区
出典:http://www.geocities.jp/yuyawagokoro/

幹線道路から5分ほど歩いた住宅街の中にある銭湯。一度改装している為か、施設全体がきれいです。

屋内湯と露天風呂が男女ともにあり、露天風呂には炭酸泉もあります。

また、毎週水曜と土曜には本店から運んでくる「麻布黒美水温泉」を楽しむことができます。お風呂以外にもサウナやマッサージチェアなども完備しているのでお勧めです。

吉の湯は、少しスーパー銭湯に近い、新しい内装の銭湯です。炭酸の露天風呂もあり、水曜日と土曜日は温泉を楽しめる露天コーナーもあります。

家族連れも多く、銭湯が開業する時間には、多くの人が一番風呂を狙って並んでいたりします。休憩室では、ビールを飲めたりして、とてもくつろげるスペースがあります。

住所 杉並区成田東1-14-7
TEL 03-3315-1766
ホームページ http://sentou.jp/map/1-28.html

武蔵小山温泉 清水湯 (武蔵小山)

武蔵小山温泉 清水湯出典:https://www.facebook.com/musashikoyamaonsen

品川区の武蔵小山にある良質な天然温泉で名の知れている”清水湯”です。

決してアクセスのよい場所ではないが、その上質なお湯を目当てに様々な地域からお客さんが来ます。

銭湯価格で入浴できますが、天然黒湯のれっきとした温泉です。露天風呂もあります。ちょっととろみのある感じの泉質で、肌がすべすべになって気持ち良いです。

別料金になりますが、サウナや岩盤浴(女性専用)もあります。広々とした休憩所があって、自家製温泉卵や果実酢のジュースも買うことができます。

料金は大人460円という銭湯料金で2種類の温泉を楽しめる贅沢すぎる銭湯に行ってみてはいかがでしょうか?

住所 品川区小山3-9-1
TEL 03-3781-0575
ホームページ http://www.shimizuyu.com/

テルメ小川 (小平)

terme-ogawa
出典:http://www.terme-ogawa.com/

加水無しの天然温泉スーパー銭湯、テルメ小川。
浴場は洋風と和風の二種類が用意されていて、偶数日と奇数日で男性用と女性用が入れ替わります。

住所 東京都小平市小川町1-2494 小平天然温泉テルメ小川
TEL 042-344-1126
ホームページ http://www.terme-ogawa.com/

梅の湯 (北千住)

umenoyu
出典:http://umenoyu-senju.sakura.ne.jp/about.html

JR北千住駅の東口駅前にある、梅の湯です。
商店街に入ってすぐの場所に、昭和30年に建てられたという、昔ながらの重厚な外観を備えた店舗が見えます。

この銭湯は創業が昭和2年と古くから続いている古い銭湯で、関東でも有数の老舗です。

銭湯のお湯は井戸水を汲み上げているとのことで、富士山の絵を見ながら入る、まろやかなお湯が評判です。

歴史があり外観は古びているといっても、脱衣所は綺麗な設備になっています。

住所 東京都足立区千住旭町41-11
TEL 03-3881-6310
ホームページ http://umenoyu-senju.sakura.ne.jp/

the spa (西新井)

nishiarai-thespa
出典:http://www.central.co.jp/thespa/nishiarai/

北千住からほど近い、西新井にあるthe spa。
高濃度の塩分量の本格天然温泉で、施設内には大きな内湯のほかに寝ころび湯、壺湯、シルキーバスやジェットバス、各種サウナなど充実しています。

料金は一般の銭湯にくらべると1000円強と少し高いが、スーパー銭湯としては安い部類に入でしょう。施設は広く、満足できる内容だと思います。

少しだけ、温泉の種類は少ないですが、湯船が広々として入りやすいです。ジェットバスの数が多いので、リラックスしたい方にはおすすめです。

もちろんサウナもあります。温度管理がしっかりされているので、じっくりと身体を温めることができます。

地下1500メートルから汲み上げたナトリウム天然温泉が自慢。露天風呂も広く作ってあり、長湯も楽しめます。

女性用のお風呂にはつぼ湯があったり、お風呂の種類も豊富で、岩盤浴も完備しており、時間制で予約して楽しめます。

西新井駅よりすぐの立地もあってか、平日も休日も人々で賑わっています。
また、イベントや割引券をくれたりするので、常連として長く楽しめるようになっているのがおすすめです。

住所 東京都足立区西新井栄町1-17-10 セントラルウェルネスタウン3F
TEL 03-5888-1526
ホームページ http://www.central.co.jp/thespa/nishiarai/

蛇骨湯 (浅草)

jakotuyu
出典:http://www.jakotsuyu.co.jp/tokucho/index.html

蛇骨湯は浅草にある江戸時代の頃からあるとても歴史のある銭湯です。

蛇骨湯の湯は東京の下町らしい黒湯です。黒湯は草木が地下水に溶け込んだ冷鉱泉で、体の芯まで温めることができます。

また、湯船から出たあともしばらく体がポカポカで冬の寒い時期には湯冷めの心配も無くて良いです。

浴場の壁には大きな富士山が描かれていて、日本の銭湯という感じがまた良いです。

住所 東京都台東区浅草1-11-11
TEL 03-3258-2611
ホームページ http://www.jakotsuyu.co.jp/

スポンサードリンク

久松湯 (練馬区桜台)

hisamatsu-yu

23区内で天然温泉が楽しめる銭湯、桜台温泉 久松湯が2014年に完全リニューアルしました。

浴場は、黒を基調とした洗い場と、天井が高くて開放感のあるモダンなデザインです。
温泉とお洒落な浴場に思わず「本当に銭湯?」と驚きましたが、料金も460円ととても安くて、いつでも気軽に来場できるのが魅力でした。

露天風呂もあり黄色く少しにごりのある湯はとてもリラックスできます。
また、浴室壁面にはプロジェクションマッピングを投影し目でも癒してくれます。

住所 練馬区桜台4-32-15
TEL 03-3991-5092
ホームページ http://hisamatsuyu.jp/

梅の湯 (神保町)

kanda-umenoyu
出典:http://blog.livedoor.jp/guiness195/archives/1096006.html

近くに皇居があるので、仕事帰りに皇居でランニングした帰りに汗を流すランナーが多くいました。
場所的に狭そうな銭湯のイメージですが、思った以上に湯船も大きいのでゆっくりと温まることができます。

脱衣場はちょっと狭く、ランナーでにぎわっているので窮屈かもしれませんが、アメニティーは充実していました。

住所 東京都千代田区神田神保町2-8-2
TEL 03-3261-5897
ホームページ http://www.navi-bura.com/main.php/view/main_ca_9/sub_ca_2/0/00657/0/

弁天湯 (浅草橋)

bentenyu
出典:http://www7b.biglobe.ne.jp/~bentenyu/index.html

ビルの一角で入口がわからず戸惑いましたが、歴史が100年以上あるらしくもう4代目ということです。こんなに長く続けられるのは相当努力されているのでしょう。

お湯は熱めでしたが駅から近くてとても便利な場所でした。

住所 東京都台東区浅草橋1-33-6 浅草橋シティハイツ1Fの奥
TEL 03-3864-7100
ホームページ http://www7b.biglobe.ne.jp/~bentenyu/index.html

薬師湯 (墨田区)

yakushiyu
出典:http://www.yutaro.org/read/interview/s_naganuma/

スカイツリーに一番近い銭湯。暖簾をくぐると正面に受付、左にソファーやカウンターのあるちょっとした休憩スペースがあります。

湯船は大小ひとつずつ、奥にサウナ(別料金)があります。
日替わりの入浴剤が綺麗で楽しいので毎日行っても飽きません。

お風呂上りに休憩スペースのカウンターで、受付で買ったおつまみと缶ビールで語らっているおじさまたちをみると、ほのぼのしていてまるで実家のお風呂の入った気分になります。

住所 東京都墨田区向島3-46-5 メゾンソレイユ 1F
TEL 03-3622-1545
ホームページ http://www.enjoytokyo.jp/life/spot/l_00023118/

スポンサードリンク

東京健康ランド まねきの湯 (船堀)

manekinoyu
出典:http://www.manekinoyu.jp/tokyokenkoland/

まねきの湯はいわゆるスーパー銭湯で、お風呂以外にも食事やサウナ、エステなどが楽しめます。

地下から汲み上げている天然温泉は美肌効果も期待できる泉質です。

広々とした大浴場でさらにジェットバスやパルスバス、シルクインバスなどもお楽しみいただけます。

露天風呂では四季を全身で感じながら夜は星空を眺めてリラックスできるでしょう。

オススメは檜風呂です。檜風呂は樹齢2000年の檜の持っている薬用成分「ヒノキチオール」がお湯に溶け込み、檜の香りと優しい温かさで心も身体癒されるお風呂です。

期間限定の風呂もあり、他の銭湯にはないようなお湯を楽しむこともできます。休憩処も広く、一日中楽しむことができる銭湯です。

住所 東京都江戸川区船堀1-2-1
TEL 03-3878-4126
ホームページ http://www.manekinoyu.jp/tokyokenkoland/

宮下湯 (巣鴨)

miyashitayu
出典:http://members2.jcom.home.ne.jp/sweet-arumu-take/tokyo/toshima/miyashitayu.html

巣鴨駅から数分のところにあります。
地下にあるので、通りがかりだとどんなところか全くわかりませんが、昔ながらの雰囲気で、地元の方で賑わっています。

お風呂は普通のお風呂のほかに泡風呂、水風呂があり、寝て入れるスペースもあります。

湯の温度は高めです。サウナは200円で入れます。
土地柄かもしれませんが、お年寄りが多く、のんびりした感じが味わえます。

住所 東京都豊島区巣鴨1-30-2
TEL 03-3941-0379
ホームページ http://www.1010.or.jp/cgi/dsearch.cgi?sel=2&tno=16009

竹の湯 (麻布十番)

takenoyu
出典:http://homepage3.nifty.com/takenoyu/tennai.htm

麻布十番駅1番出口から徒歩5分程の場所にあります。
お湯は黒褐色の黒美水原泉を使用していて、独特の香りがしてリラックスできる銭湯です。

お風呂も建物もこじんまりとしているので、温泉やスーパー銭湯とは違って「昔ながらの地域の銭湯」といった雰囲気で落ち着きます。

平日・土日関わらず年配の方を中心に多くのお客さんで賑わっています。
23時半まで営業しているのも嬉しいポイントです。

竹の湯は麻布十番という場所にありながらも、昔ながらの銭湯です。
昭和の香りの漂う、街中の銭湯といった感じでしょうか。こちらは銭湯なのですが、温泉であることでも有名です。半信半疑でうかがってみたところ、お湯は黒くさらっとした感じでした。

温泉であるためか、体の芯からあったまることができ、老若男女誰でもおすすめできます。

こじんまりとしていて、外観は古めですが中の清掃は行き届いていますので、気持ちよく利用することができます。

住所 東京都港区南麻布1-15-12
TEL 03-3453-1446
ホームページ http://homepage3.nifty.com/takenoyu/

バーデと天然温泉 豊島園 庭の湯 (豊島園)

niwanoyu

豊島園の庭の湯は、なんと言っても露天風呂が最高です。
綺麗な庭を眺められる作りになっているのですが、特に桜の時期はオススメです。

ここの銭湯の珍しい所は、水着は着用ですが男女混浴出来るスペースもあります。
この銭湯は周りがジャグジーになっていて、疲れをとるにはもってこい!夫婦やカップルでも楽しめる温泉です。

銭湯だけではなくリフレッシュ出来るマッサージやバリ式エステ、垢すりなどがあります。
垢すりは自分でやっていても、驚くくらいの垢が出て全身ツルツルです。

もちろん垢すりをするなら、先に温泉やサウナでじっくり汗を書いてからがベスト。
垢すりした後も乳液でマッサージしてくれるので、かさついたりしないです。

住所 東京都練馬区向山3-25-1
TEL 03-3990-4126
ホームページ http://www.niwanoyu.jp/

世界湯 (人形町)

sekaiyu
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/nyannder2002j/GALLERY/show_image.html?id=25477175&no=2

世界湯を端的に言うと、銭湯に行ったことが無い人が思い描く銭湯そのもの、だと思います。
番台、壁に描かれた富士山と湖、昔ながらの体重計、少し熱めのお湯等々、巨大なビジネス街の近くとは思えないような銭湯です。

身体を洗い、リフレッシュするためにあるのが銭湯ですが、世界湯は東京の新たな名所にもなりうるのではと思わせるような風情漂う銭湯です。

住所 東京都中央区日本橋人形町2-17-2
TEL 03-3666-7663
ホームページ http://www.268chuou.com/list/detail06.php

鶴の湯 (世田谷区豪徳寺)

turunoyu
出典:http://www003.upp.so-net.ne.jp/turunoyu/itemlist1.html

豪徳寺駅から歩いて5分ほどの奥まったところに鶴の湯があります。
最近リニューアルされていますが通常の銭湯料金で入れます。

井戸水を軟水化しているので、入ってみるとわかりますがぬるぬるした感じになります。大きな浴槽は泡ぶろになっていて気持ちがよいです。温度も丁度良いです。

大きくはないですが露天風呂もあり、壁一つ隔てて路面電車である世田谷線が通っているのでがたがた音がして風情が感じられます。

住所 東京都世田谷区豪徳寺1-23-20
TEL 03-3426-2360
ホームページ http://www003.upp.so-net.ne.jp/turunoyu/index.html

スポンサードリンク

戸越銀座温泉 (品川区)

togoshiginzaonsen
出典:http://togoshiginzaonsen.com/information/index.html

都営大江戸線戸越駅近くにある戸越温泉。料金は大人460円と、近頃のスーパー銭湯と呼ばれるものに比べて格安で入浴出来ます。

中は掃除の行き届いた清潔な銭湯で、とても居心地の良い、まるで田舎の家に帰ったかのような優しい雰囲気が漂っています。

お風呂は昔ながらの大きな内風呂と、都会の風を感じながら入浴出来るモダンな露天風呂があります。特に露天風呂は素晴らしく、絶妙な開放感で空を見上げながら心地よい風を感じて入浴できる作りになっています。

この銭湯は、昔ながらの優しい雰囲気に包まれた、肩の力を抜いてゆっくりくつろげる、そんな素敵な場所です。

改装してから、モダンでオシャレなデザインの温泉銭湯になりました。
「陽の湯」と「月の湯」があり、日替わりで男湯女湯になります。

お湯は透明なお湯と天然温泉の黒湯。
半露天のような浴槽もあり、テレビを見ながらのんびりしたり、「陽の湯」と「月の湯」で趣向が違うので、通って楽しむのもいいと思います。

浴室の壁には、銭湯にしては斬新な色使いの富士山と天女の絵が描かれていて、それを眺めながら湯に浸かるのもおもしろいです。

住所 東京都品川区戸越2-1-6
TEL 03-3782-7400
ホームページ http://togoshiginzaonsen.com/index.html

なみのゆ (高円寺)

naminoyu
出典:http://naminoyu.com

初めて行ったときに驚いたのが、洗い場の真ん中にプールがあったこと。

その他にも、番台の近くには駄菓子を売っているコーナーがあったり、インターネットが使えるパソコンがあったりと、ゆったり浸かる以外にも、湯上がり後も楽しめる銭湯だなと思ったのが印象的でした。

下町感いっぱいのほっこりした気持ちにさせてくれる湯処です。

住所 東京都杉並区高円寺北3-29-2
TEL 03-3337-1861
ホームページ http://naminoyu.com

乙女湯 (江戸川区船堀駅)

otomeyu
出典:http://www4.ocn.ne.jp/~otome613/

江戸川区は都営地下鉄新宿線の船堀駅から徒歩10分程にある昔からある銭湯です。
お風呂の種類もいわゆる銭湯とは言えないほど種類があります。

お湯は下町独特の黒湯。お風呂上りに一杯!広くは無いけど休憩ビールもありますよ。

ゆっくりお風呂に浸かって、ゆっくり寛げて値段は一般の銭湯と同じ。一人でのんびり出来て、おすすめです。

住所 東京都江戸川区船堀7-3-13
TEL 03-3689-1854
ホームページ http://www4.ocn.ne.jp/~otome613/

東京染井温泉 SAKURA (巣鴨)

sakura
出典:http://www.sakura-2005.com

東京では珍しく無色透明な天然温泉にはいれるSAKURA。
巣鴨駅から徒歩7〜8分くらいの所にある、都心では珍しい温泉の銭湯です。

外観・内装などは旅館のような雰囲気で、掃除も行き届いているので快適に過ごせます。お風呂も露天風呂、ジェットバスなど種類がたくさんありますし、レストランの食事もおいしいです。

風呂上がりにリラクゼーションルームでテレビや雑誌を見てくつろげるのが最高。少し贅沢な気分を味わいたい時におすすめの銭湯です。
季節の移り変わりをゆっくりと感じながら贅沢な時間を過ごせます。

住所 東京都豊島区駒込5-4-24
TEL 03-5907-5566
ホームページ http://www.sakura-2005.com

スポンサードリンク

前野原温泉 さやの湯処 (板橋区)

sayanoyudokoro

さやの湯処の最大の特徴は、23区内で源泉かけ流しの天然温泉を堪能できる露天風呂があることです。加水していない源泉はとても成分が濃く鉄分・塩分が豊富です。

露天には寝湯もあるので長時間つかりたい方にもおすすめです。
場所は都営三田線の志村坂上駅から徒歩8~10分くらいの場所にあります。

内湯の種類も豊富でドライサウナとスチームサウナも完備しています。さらに別料金を払えば時間制限なしで楽しめる岩盤浴もあります。
お食事処の料理が銭湯に入っているレベルではなく本格的なのにリーズナブルなのもポイントです。

住所 東京都板橋区前野町3-41-1
TEL 03-5916-3826
ホームページ https://www.sayanoyudokoro.co.jp/

竹取の湯 (多摩市永山)

taketorinoyu

京王相模原線の永山駅から徒歩1分にあるスーパー銭湯です。
ここの魅力は何といっても岩盤浴!計7部屋と都内最大級の岩盤浴施設があるので女性にはうれしいかもしれません!

お風呂ももちろん充実していて内湯はジェットバスや大浴場があり露天には漢方の湯まであります。
一日居られるので疲れをとるにはもってこいのスーパー銭湯です。

住所 東京都多摩市永山1-3-4ヒューマックスパビリオン永山3F~5F
TEL 042-337-1126
ホームページ http://www.taketorinoyu.com/

湊湯 (八丁堀)

minatoyu
出典:http://www.minatoyu.jp/facilities/index

中央区にあるシックな内装の銭湯「湊湯」。
黒で統一された石をふんだんに使った壁面や柱はシックでお洒落な空間を演出しています。
うっすらとバックグラウンドミュージックが流れたお洒落な銭湯です。

住所 東京都中央区湊1-6-2
TEL 03-3551-0667
ホームページ http://www.minatoyu.jp/

光明泉 (中目黒)

kohmeisen
出典:http://kohmeisen.com/index.php

中目黒駅から少し歩いたアクセスの良い場所にあります。
光明泉は2014年にリニューアルし白で統一されたとても綺麗な空間に生まれ変わりました。
週替わりで屋上にある露天風呂も利用できます。

また、低温でゆっくり入れる高濃度炭酸泉も完備されているので疲れやむくみをとりたい時にうってつけの銭湯です。
中目黒にお越しの際は是非とも行ってみてください。

住所 目黒区上目黒1-6-1 幸田ビル
TEL 03-3463-9793
ホームページ http://kohmeisen.com/index.php

竹の湯 (葛飾区四つ木)

takenoyu
出典:http://techno-plaza.jp/portfolio-view/竹の湯/

こちらの銭湯は何と言ってもサウナが無料です。サウナに入った後の水風呂は最高です。

それ以外の施設も充実していて、特に薬湯の露天風呂は少し熱めですがオススメ。ジェットバスもあるし、お風呂に入りながら大型テレビも楽しめます。

ウォーターサーバーも備え付けてあるので、水分補給もバッチリです。外観も神社の様な作りで趣があります。

住所 葛飾区四つ木1-16-10
TEL 03-3697-5317
ホームページ http://techno-plaza.jp/portfolio-view/竹の湯/

燕湯 (上野)

tsubameyu
出典:http://www.tsubameyu.com/index.html

御徒町駅から少し歩くと、こんなところにこんな風情のある銭湯がある・・・!
一目見たらかなり興味をそそられる雰囲気を持った昭和館たっぷりの歴史を感じる銭湯です。

商店街でもないし、常連でもなく初めて入るにはちょっと勇気がいると思いますが、入ってみるとすんなり馴染めます。
入るとまず背の高い番台があり、脱衣所の感じもかなり古く天井が高い昔ながらのスタイル。

湯船は大きくありませんが、岩があります。温度はかなり熱目に設定されています。

住所 台東区上野3-14-5
TEL 03-3831-7305
ホームページ http://www.tsubameyu.com/index.html

スポンサードリンク

海水湯 (東品川)

kaisuiyu
出典:http://www.kaisuiyu.co.jp

品川駅または天王洲アイルからもほど近い、都心のど真ん中にある銭湯「海水湯」。

住宅街にひっそりとあります。洋風と和風2種類あり女性と男性で日替わりになります。
露天風呂があり、都会なので、特に山が見えたりするわけではありませんが、石風呂となっており、空も見えるので夜の露天風呂は最高です。

お風呂自体は大きくありませんが、雰囲気も良く温度もちょうど良いと思います。
清潔感もあり、店主のお人柄だと思いますが、毎日来る人も、週1位の人も非常に気持ちよく入れ、初めて来る方ももちろんみんなが気持ちよく入れる銭湯です。

住所 品川区東品川1-36-11
TEL 03-3471-3926
ホームページ http://www.kaisuiyu.co.jp

高砂湯 (中野)

takasagoyu
出典:http://takasagoyu.jimdo.com/

中野駅から徒歩5分ほどの場所にある銭湯で、岩のデザインの露天風呂が魅力です。

地下100mの井戸水を使用していて綺麗なお湯を楽しめます。露天風呂は日替わりでいろんな薬湯も用意されているのも嬉しいです。

内風呂は昔ながらの銭湯のイメージを残していて、富士山のペンキ絵が描かれているのも風情を感じられます。
お風呂も電気風呂や気泡風呂などさまざまな種類のお風呂が用意されているのも良いと思います。

住所 中野区中央4-49-2
TEL 03-3380-4126
ホームページ http://takasagoyu.jimdo.com/

美しの湯 (高井戸)

utsukushinoyu-takaido
出典:http://utsukushi-yu.com/facility.html

高井戸駅から徒歩3分ほど、環八沿いのスーパーマーケット裏手にある「美しの湯」。

露天風呂は交通量の多い環八沿いにあるとは思えないほど広々としており、温泉の湯船が二つ、炭酸泉とマイクロバブルバス(絹の湯)が週替わりになる湯船がひとつの計三つあります。

内湯は、大きめの温泉の湯と数種類のジェットバスがひとつになった湯船と水風呂の計三つ。
充実したスーパー銭湯と言えます。

こちらの売りはなんといっても、地下千数百メートルから湧き出る成分濃度の濃い強塩泉。
土色に近い茶色の泉質で濁りはありません。
身体の芯から温まり、お風呂を出たあとも湯冷めしにくいです。

utsukushi-noyu
出典:http://utsukushi-yu.com/facility.html

杉並区高井戸にある美しの湯は、どのような手段でもアクセスしやすい湯処です。
私鉄井の頭線の高井戸駅から徒歩数分の場所で、大型スーパー近くに位置しています。
大きな通りに面している為、車で来るのにも便利です。

時間制限がありますが、無料の駐車場もあります。料金は平日900円と、お手頃価格です。
また、安く何度でも来場できる定期も販売されています。

中に入ると、湯船は、広めで、泡の立つマッサージ風呂もあります。肩こりや腰痛の人にもいいと思います。
また、外には露天風呂もあり、都会でありながら、樹木を眺めながらゆったりとお湯に浸かれます。

入浴後は、中に併設されている食堂で食事やビールもいただけますし、昼寝用のチェアもあるので、ゆっくりと身体を休める事ができます。
お手頃価格と、行きやすい場所で、毎日でも通いたくなるような銭湯です。

住所 杉並区高井戸西2-3-45
TEL 03-3334-0008
ホームページ http://utsukushi-yu.com/

昭和浴場 (中野)

showayokujyou
出典:http://www.tajimagic.com/showa/

ここの売りはなんといっても、銭湯のご主人がマジシャンである事!お風呂に入りながら手品を真近で見る事ができます。

手品をするのは不定期ということです。ご主人の手品は、お客さんがみんなで楽しむという感じが良いと思います。

人と人のふれあいというか素朴な感じがします。毎回やっているわけではないので、遭遇したらラッキーと思って行くのが良いと思います。

住所 中野区中央5-21-12
TEL 03-3382-2414
ホームページ http://www.tajimagic.com/showa/

スポンサードリンク

江戸遊 (両国)

edoyu-ryougoku
出典:http://www.edoyu.com/ryougoku/yuya.html

両国駅からすぐ近くにある銭湯スパで、綺麗な館内ですので女性も安心して利用できます。
週末でもそれほど混んでいないのでゆったりとお風呂を堪能できます。

人工温泉、寝転び湯、フィンランドサウナ、水湯…様々なお風呂で楽しめるので飽きさせません。

また女性には嬉しい岩盤浴も完備しています。岩盤浴の室内も清潔で気持ちが良く、お風呂に入ったあとにゆっくり休めるレストランもあり、小腹が減っても安心です。

住所 墨田区亀沢1-5-8
TEL 03-3621-2611
ホームページ http://www.edoyu.com/ryougoku/index.html

Spa Laqua (後楽園)

spa-laqua
出典:http://www.laqua.jp/spa_s/spazone.html

後楽園にあるリゾート施設「スパ ラクーア」。館内は3つのエリアで構成されています。

温泉を楽しむスパエリア・ゆっくり雑誌を読んだりテレビを見て寝転べるリラクゼーションエリア・岩盤浴のあるヒーリングバーデ、どこもゆったりとしたバリ風の作りになっております。

都会の喧騒を忘れられるような作りになっており、館内はアロマの香りでいっぱいです。
またヒーリングバーデエリアでは後楽園の夜景が寝転びながら楽しめます。お湯は天然温泉を引いており、濃厚なナトリウム温泉が身体を癒してくれます。

可愛い部屋着も貸してくれるので、女子会にも人気。オフィス街が近いからかサラリーマンも多く利用しています。飲食店も数件あるので、一日中楽しめます。

住所 文京区春日1-1-1 5~9F
TEL 03-3817-4173
ホームページ http://www.laqua.jp/spa

仙川 湯けむりの里 (調布市若葉町)

yukemurinosato
出典:http://yukemurinosato.com/sengawa/ofuro

駅近のスーパー銭湯です。広々とした浴場の天然温泉で、露天風呂、ミクロの気泡風呂、リラクゼーションバスなどお風呂の種類も充実しています。

特に塩サウナは絶対おすすめ!塩をすり込めば発汗作用がアップし、肌もツルツルになりますよ。女性に人気の岩盤浴でデトックスするのもいいですね。

綺麗なロビーには畳の座敷もあり、お風呂上がりには軽食を食べながらくつろぐこともできます。一日過ごせそうなお得な銭湯です。

住所 調布市若葉町2-11-2
TEL 03-3309-4126
ホームページ http://yukemurinosato.com/sengawa

アクア東中野 (東中野)

aqua-higashinakano
出典:http://www.yutaro.org/read/interview/t-ishii/

2010年に改装したとても綺麗な銭湯です。最大の売りは露天風呂ありミニプールあり浴室TVありとまるで健康ランドのように豪華な設備が整っています。

軟水でお湯の質は柔らかく滑らか。中でも大人気なのは炭酸泉。時間制限をしないと人気すぎて入れない人も出てくるとか。
経営しているご夫婦もとても気さくな方でついつい常連になってしまいます。

住所 中野区東中野4-9-22
TEL 03-5330-1126
ホームページ http://www.visit.city-tokyo-nakano.jp/category/walking/sento/3681

松の湯 (落合)

matsunoyu-ochiai
出典:http://furitani.blog.so-net.ne.jp/2013-09-03

昭和にタイムスリップしたような銭湯らしい銭湯です。建物は古いものの中は掃除が行き届いて清潔な印象です。
茶色く濁った特製の薬湯はスパイシーでいかにも健康に効きそうといった香り。

薬湯の横には足踏み用に小石が並んでいて365歩のマーチの歌詞カードが貼られています。歌いながら足踏みするのがこの銭湯のオススメだそう。
何だか子供の頃に行った銭湯のような懐かしい気持ちになりました。

住所 新宿区上落合3-9-10
TEL 03-3368-2352
ホームページ http://iiofuro.com/tokyo/s1350/

新生湯 (旗の台)

shinseiyu
出典:http://www.shinseiyu.jp/guide.html

地元では言わずと知れた銭湯で、月ごとにかわる薬湯や露天岩風呂、白湯、電気風呂、岩塩サウナなど14種、18の浴槽が楽しめ、いつも老若男女で賑わっています。

特に人気なのは高濃度炭酸泉。シュワシュワと炭酸ガスが湧き上がる浴槽はいつも常連客でいっぱい。子どもたちが流れるプールのように遊びたくなってしまう流水歩行風呂も楽しい。

すべてのお湯を楽しみたいなら、男湯と女湯が入れ替わる隔週で2回は訪れたい名所です。

住所 品川区旗の台4-5-18
TEL 03-3781-3476
ホームページ http://www.shinseiyu.jp/

スポンサードリンク

世界湯 (下落合 / 高田馬場)

sekaiyu
出典:http://www.yutaro.org/osearch/sekaiyu/

2009年にリニューアルされた、とても綺麗で清潔感あふれる銭湯。
いわゆる下町の銭湯のような懐かしい雰囲気には欠けますが、新しい設備でゆとりある空間は安心感があり、銭湯初心者にもおすすめです。

電気風呂や、露天の岩風呂があって長湯が楽しめるのも嬉しいポイント!
石鹸やシャンプーなどは一切置いていないため持参の必要がありますが、受付でアメニティ類は一通り扱っているので手ぶらでフラッと立ち寄るのもOK。

休憩スペースには大きなテレビがあり、お風呂上りのひとときを心地よく過ごせる明るい空間です。

住所 新宿区高田馬場3-8-31
TEL 03-3371-2409
ホームページ http://www.yutaro.org/osearch/sekaiyu/

天神湯 (北品川)

tenjinyu
出典:http://www.tenjinyu.com/gaiyou.html

外観は銭湯とは思えないほど重厚で立派な佇まい、マンションの1階にエントランスを構える銭湯です。

1階は受付で待合ロビーが正面にあり、マッサージチェアーもあります。
男女ともに2階が浴室となります。こちらのお風呂の最大の特徴と言えば真黒な湯をした天然温泉です。

非常に濃度が濃く、まろやかなお湯は一度入ればほかの黒湯とは違うと実感すると思います。
香りも自然を感じる何とも言えないリラックスできる香りがします。
場所は京急線新馬場駅から徒歩4分ほど。

住所 品川区北品川2-23-9
TEL 03-3471-3562
ホームページ http://www.tenjinyu.com/

神田アクアハウス江戸遊 (神田)

edoyu-kanda
出典:http://www.edoyu.com/kanda/index.html

JR御茶ノ水駅から徒歩5分の場所にある銭湯です。
建物の1Fが受付になっており、2Fには休憩所、3Fには脱衣所と浴室、サウナが設備されています。

手入れが行き届いており、気持よく利用できるのが魅力。
客層は立地や値段の手軽さもあってか、地元の方から若者、ビジネスマンまで様々。

脱衣所のロッカーに手荷物を預けてラフな格好になり、2Fでゆったり休憩される方も多く見られます。

住所 東京都千代田区神田淡路町2-9-9
TEL 03-3258-2611
ホームページ http://www.edoyu.com/kanda/index.html

今回は、一般の浴場以外にスーパー銭湯も一緒にご紹介しました!
番台があり古き良き風情を感じさせてくれるところや、最新の機材を取り入れシルク風呂や炭酸泉が楽しめるところ等、沢山の素敵な湯処がありましたね。

休日に少し遠くに足を延ばして、今まで行った事の無い、都内の銭湯巡りなんていかがでしょうか。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新