shibuya-club

【渋谷クラブ】イベント好き必見!人気CLUBおすすめ16選(地図あり)

眠らない街、そんな言葉を象徴する渋谷で毎晩のように盛り上がりを見せているのがクラブです。

渋谷には先述の業態は元より、ライブハウスやDJバー等、音楽カルチャーに寄り添った店舗が非常に多い地域。

徒歩5分圏内に幾つもの店舗が立地する円山町や道玄坂には、クラブ業界を牽引している「ATOM」や「Contact」、ライブハウスの「O-GROUP」各店や「duo」等の名高い箱が所在。

また、デパートや飲食店が立ち並ぶ宇田川町やアパレル激戦区の神南エリアには「TK」や「Camelot」等の大箱に加え、DJバーの「コアラ」や「オルガンバー」といった小規模な店舗も営業しています。

このページでは、渋谷駅を中心に半径1キロ圏内の店舗を対象に、世界的にも評価が高い箱から音響に拘った老舗店、雰囲気が良くて何度も通いたくなる通御用達の箱等、絶対一度は遊びに行きたい渋谷のナイトヴェニューの最新情報を地図と共にご紹介します。

日々移り変わる流行の発信地として、今を生きる若者が集う街渋谷は、昔からディスコやライブハウスが多く存在していた街なのです。

sponsor-banner

渋谷のクラブの魅力!

shibuya club

90年代からずっと渋谷は音楽の街、大小様々なクラブがあり多様なジャンルの音楽を楽しむことができます。

海外の有名DJのサウンドで盛り上がりたいなら、「WOMB」や「VISION」等の大箱へ。
逆に少人数でじっくりまったり音楽を楽しみたいなら、その道の通が集う小箱がおすすめ。

その他、ヒップホップが好きなら「HARLEM」、バンドライブも見たいなら「asia」など音楽ジャンルや目的に合わせても選べます。

また、ここ数年でも新しい店舗がどんどんオープンし、更に渋谷のクラブ事情は充実してきました。

その日の気分に合わせて、まるで洋服を着替えるかの様にクラブを選んで音楽を楽しむ、それが渋谷の魅力です。

clubmap-lady-banner

TK SHIBUYA (ティーケーシブヤ)

2017年4月に国内は勿論、世界各国から実力派アーティストをブッキング予定の大型CLUBが渋谷のど真ん中に誕生。

tk-shibuya
出典:http://tk-shibuya.com/club/floor/

元々定評のあったリッチな店内デザインに大幅に手を加えて、唯一無二の豪奢な空間へと再構築。
柱や天井には鮮麗な装飾が施され、壁面には複数の大型モニター、更に無数のライティングが別世界を作り上げます。

tk-shibuya2

ブース前方には立体的なダイヤカットのLED照明が配置され、DJのプレイに花を添えます。
VIPエリアは5か所に分かれており、全部で21席用意。ソファの質感も良く、時間を忘れて寛げそう。

住所 渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館B1F
TEL 03-5456-2400
キャパ 1000名
フロア構成 エントランスから入ってすぐの円形のバーとフリーのシートで構成されたエリアと、店内奥のDJブースがあり、沢山のVIP席が並べられた広いエリアの2つのフロアに分かれている。
オープン 2017年4月
音楽ジャンル ALLMIX、R&B、HOUSE、ELECTRO、HIP-HOP、EDM
主なDJ DJ SHU、AVIX、KIYOTO、KAKUSE、etc.
平均エントランス料金 Men: 1500円~3500円
Women: 1000円~2500円 ドリンクチケット付き
ドレスコード タンクトップやサンダル、ジャージ等軽装と思われる服装はNGの場合有
ホームページ http://tk-shibuya.com/
詳細・クーポン https://www.tokyo-club.net/tk-shibuya/

WOMB (ウーム)

2016年2月26日、約ひと月の改装を経てリニューアルオープン。更にパワーアップして生まれ変わった、東京を代表する大箱に期待 !!

womb
出典:http://www.womb.co.jp/

渋谷のクラブを語るうえで絶対にはずせない所と言えばWOMB。
2000年のオープン以来、本格的なクラブカルチャーを発信し続けているアジアを代表する箱です。

高天井のメインフロアは開放感あふれる吹き抜けになっており360度どこからも音が響いてくるような空間になっています。

womb
出典:https://www.facebook.com/WOMBTOKYO/photos_stream?tab=photos_albums

世界的に見ても有名で海外のクラバーでも熱狂的ファンがいるほどです。
イベントもハイレベルで上手いDJのみ出演が許されるそう。クラブ好きなら絶対足を運んだほうがいいですよ。

世界のクラブランキングに名を連ねる有名な箱で、音楽好きだけでなく世界中から多くの観光客も訪れます。
打放しコンクリートの外観や内装はシックで、1階のラウンジから4階までの多国籍で開放的な雰囲気は魅力です。

昔からお洒落な男女や音好きが集まる所で、客層も良いのでビギナーや軟派な雰囲気が苦手な方でも楽しめるでしょう。

住所 渋谷区円山町2-16
TEL 03-5459-0039
キャパ 900名以上
フロア構成

1階
重々しい入口の扉を開けた先がエントランスで、受付までには列ができてもいいようにある程度のスペースが設けられている。受付の先には沢山のロッカーがあり、目の前にはガラス張りのラウンジ空間が広がる。

2階
螺旋階段を上り初めに到着するのが、最も広いメインフロア。全3階層分の吹き抜けとなっており、天井高は10m以上と圧巻の設計。床材には踊りやすいよう木を用いており、滑りにくく膝に優しいのが特長。音響には世界の名だたるクラブで採用されている「d&bオーディオテクニック」のラウドスピーカーをインストールし、他の追随を許さない別次元の音を提供している。

3階
VIPの為のテラス席とテーブル席が用意されたラグジュアリー空間。天井に吊るされた、名物の巨大ミラーボールが目の前に見え、DJのプレイと観衆の熱気が眼下に望める。

4階
独立したDJブースとバーがあり、奥にはVIP専用のラウンジを配置。2名から利用できる小さめの卓と、最大10名まで座れるソファ席を完備。吹き抜け側の壁は全てガラス張りなので、メインフロアを眺めながら優雅な時間を過ごせる。

オープン 2000年4月
音楽ジャンル Tech House、TECHNO、ELECTRO、Drum Bass
主なDJ 多くの実力派DJが多数出演
平均エントランス料金 3500円
メンバー割り有
ホームページ http://www.womb.co.jp/

スポンサードリンク

SOUND MUSEUM VISION (サウンドミュージアムビジョン)

2011年のオープン以来、その存在感から多くのクラブ関係者から注目を浴びている大箱。
道玄坂の中腹に位置し、こちらがオープンする前までは都内では1000人前後が最大キャパでしたが、ここはキャパ1500人と圧巻の規模。一気に都内最大級のクラブとして話題になりました。

SOUND MUSEUM VISION
出典:http://www.vision-tokyo.com/about

大きなフロアは2つあり、どちらも木製の床なので非常に踊りやすくダンス好きのクラバーから言わせても非常に本格的です。

vision
出典:http://www.vision-tokyo.com/about

パーティーの雰囲気はいつも素晴らしく様々な有名DJがプレイしに来ますし、ジャンルもほとんどカバーしているので毎週多くのクラバーで賑わっています。
週末や祝前日、特別なイベントの時は並ぶことが多いので早めの入場をおすすめします。

地下に広がる迷路のような4つのフロアは大きさやコンセプトが異なり、目でも耳でも楽しませてくれます。
音質やVJのビジュアルにも定評があり、DJイベントだけでなくLIVEも頻繁に行われています。

豊富なフロアに、ジャンル問わず多彩なパーティーが毎週開催されているので、玄人は勿論初心者にもおすすめです。

住所 渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
TEL 03-5728-2824
キャパ ガイア: 500人
ホワイト: 80人
ディープスペース: 200人
Dバー: 50人
Dラウンジ: 80人
フロア構成 大きなステージを有する店の顔ともいうべき空間「ガイア」をはじめ、かつて西麻布に合ったクラブ「イエロー」を彷彿とさせる暗い空間「ディープスペース」等、一つひとつのフロアがそれぞれ別のクラブかのような強い個性を持っている。
オープン 2011年
音楽ジャンル ELECTRO、EDM、HOUSE、TECHNO、DUBSTEP、BASE、TRAP、HIP-HOP、JAZZ、SOUL、FUNKなど
主なDJ ジャンルを問わず多くのゲストDJが出演します。
平均エントランス料金 Men: 3000円~3500円
Women: 2000円~3000円
メンバー割り有
ホームページ http://www.vision-tokyo.com/

ATOM TOKYO (アトム)

2017年4月に、4階フロアがメインフロアも凌駕する煌びやかな空間へと大幅リニューアル!
迫力のDJブースに、更に広くなったVIP席や大型バーカウンター等、見どころ盛り沢山!

円山町2丁目のクラブ密集エリアにある箱の中でも一二を争う集客を誇る、20代を中心に根強いファンを持つ「アトム」。
通り沿いの一階エントランスからエレベーターで店内に入る動線で、4階から6階までの3フロア構成。

atom-tokyo
出典:http://atom-tokyo.com/

4階が大幅な改装が行われ、よりファッショナブルな空間へと変貌した「CAVE」。
5階は大型マルチビジョンや天井のLED照明がナイトクラブならではの華やかさを演出し、メインのDJブースがある一番の盛り上がりを見せる「HALL」。

6階は他のフロアと比べると少し狭めで、小さなブースがあり、レディース専用シートとバーがある「LOFT」。
VIPエリアは4階と5階にあり、それぞれのフロアで流れる音楽のジャンルや内装の雰囲気にも違いがあります。

どのフロアにも違った長所と居心地の良さがあるので、激しく踊りたい時やまったり過ごしたい時など、遊び方も多様なアミューズメント性の高いクラブと言えるでしょう。

atom-tokyo
出典:https://www.flickr.com/photos/126749891@N06/21256208710/

鉄板で盛り上がれる話題のMIXや流行りの音楽を中心とした選曲。クラブデビューしたての大学生から遊びなれたクラバーまで皆が楽しめるスタイルなので、初心者でも安心して遊べます。

週末には1日1500人以上ものゲストが来店!年間にして延べ40万人を動員するそう。
理想的な音響設備でDJとフロアが一体になり、ブースに向かって手を上げたり、サイリュームを振ったりと誰もが楽しめます。
客層も若く、20代前半の方であれば楽しめること間違いなしでしょう!

住所 渋谷区円山町2-4 ドクタージーカンズビル4F-5F
TEL 03-3476-7777
キャパ 800人以上
フロア構成

4階
2017年に拡張され、5階にも匹敵する広さと豪華さを有することとなったサブフロア。スピーカーやインテリア、ライティング等は最先端のものに一新され、近未来的な空間へと変貌した。

5階
海外の有名DJからも評判のいい、圧倒的な盛況を呈するフロア。女性のみが立ち入れるエリアが設けられ、より快適に。

1階
2018年に新設。通り沿いの入口を入るとすぐに到着する「ABAR」と名付けられた空間。ヒップホップ系の音楽が主軸で、上階と上手く差別化されている。

オープン 2004年
音楽ジャンル HOUSE、ELECTRO、EDM、POPS
主なDJ TORA、HOSAKA、TSURU、MAMORU、etc.
平均エントランス料金 Men: 1000円~3000円
Women: 1000円~1500円
ドレスコード ジャージ・スウェット生地のパンツ・ビーチサンダルやゴム製スリッパ・タンクトップ(男性)・タトゥー露出はNG
ホームページ http://atom-tokyo.com/

HARLEM (ハーレム)

1997年のオープン以来、ヒップホップを中心とした革新的なイベントで人々の注目を集める、ブラックミュージックの聖地。日本を代表する黒箱として全国に名を轟かせています。

harlem
出典:http://www.harlem.co.jp/club/floor_map.html

2階のメインフロアは数々のクラバーを見守ってきた中央にある「柱」がしっかりと支えたつくりで、中2階はVIPルーム、3階はBXCAFEとなっています。
1000人収容というキャパシティーはヒップホップ系の箱としては型破りの広さ。広いフロアで心行くまで踊り明かしましょう。

harlem
出典:https://www.facebook.com/HARLEMtokyo/photos_stream?ref=page_internal

服装は、スーツ等のフォーマルではなく、カジュアルめの服で行った方が浮くことなく楽しめます。

店名の「HARLEM」とは、ニューヨークにある地区の名称。その名の通りニューヨークのスピリットを感じさせるこの店に行けば、本場のクラブシーンを肌で感じられるでしょう。
まさに、ブラックミュージック好きにはたまらない箱です。

住所 渋谷区円山町2-4 Dr.ジーカンス2F~3F
TEL 03-3461-8806
キャパ 800名
フロア構成

数多くのヴェニューがある”ランブリングストリート”でもひと際目立つ赤のエントランスを入り、階段で2階に上るとド迫力の低音が響くメインフロアに到着。入って右手にバーカウンターがあり、最も奥にDJブースを配置。

トイレの脇に階段があり、上るとVIPシートと小さめのバーで構成された中二階がある。

中央にDJブースとバーを配置した3階には、広めの和みスペースと仕切りが設けられ半個室となったVIPルームを完備。頭上には巨大なシャンデリアを吊るしている。

オープン 1997年
音楽ジャンル HIP-HOP、ブラックミュージック中心
主なDJ WATARAI、RYO、ALAMAKI、SAH、HAZIME、KOYA、KANGO、etc.
平均エントランス料金 Men: 3000円
Women: 2000円~3000円
ホームページ http://www.harlem.co.jp/

スポンサードリンク

Camelot (キャメロット)

円山町のクラブ街から少し離れた場所、東急ハンズがある通り沿いのフライデーズの裏手にある、言わずと知れた人気店。渋谷最大級の盛り上がりを体感したい方に一押しです。

club-camelot
出典:http://www.clubcamelot.jp/

2005年の7月にオープンしてからお洒落なクラブの代表格として安定した人気があり、クラブミュージックはもとより、最新カルチャーシーンも発信しています。

clubcamelot
出典:http://www.clubcamelot.jp/

感度の高い流行りに敏感な人がよく来るお店で、アパレル関係の方にも常に注目されています。客層は若い方から大人まで幅広い印象です。

ヒップホップフロアでは頻繁にダンサーのパフォーマンスが行われ、メインフロアは世界水準の音楽と光の融合でフロアはいつも大賑わい。
VIPシステムも充実しているので、じっくり朝まで遊びたい方も充分に満足できるでしょう。

住所 渋谷区神南1-18-2 神南坂フレームB2/B3
TEL 03-5728-5613
キャパ 1300名
フロア構成

地下3階
奥行きがあり800名を収容できる、泣く子も黙る壮麗な空間。入口入った正面に横に長いタイル張りのバーがあり、左手の奥がDJブースがあるダンスフロア。VIP席は左右に分かれて100席前後用意。

地下2階
エントランスから直で通ずる第一の階層。
木製のフローリングが何ともシックなダンスフロアには、アーチ状の大きなバーや2か所のVIPエリアがあり、この空間だけでも一夜を過ごせるくらいの充実した内容。
この階には他にも、キャパ50名程の真っ白い内装のバー「WHITE FLOOR」がある。
ロッカーは3か所に分け、十二分な数設置されている。

地下1階
2018年5月に誕生した「Hanare」と命名された、キャパ150名程の新フロア。動線としては地下2階のVIP脇の階段から上がるので、秘密基地的なわくわく感がある。

オープン 2005年
音楽ジャンル R&B、HOUSE、HITMIX、ELECTRO、HIP-HOP、POPS
主なDJ U5、Ando、TAKUMA、Takato、SATORU、YU-TA、etc.
平均エントランス料金 Men: 2500円~3500円
Women: 1000円~2500円
各種キャンペーン割り有
ドレスコード サンダル、タンクトップ、ジャージ等ラフな格好はNGの場合有(男性)・ビーチサンダル(女性)
ホームページ http://www.clubcamelot.jp/

LAUREL TOKYO (ローレル)

2017年5月、道玄坂上は玉川通り寄りのエリアに、リュクスなヴェニューがお目見え。

内装は、モダンさとウッドの温かみが高次元でマッチ。スタイリッシュなインテリアでまとめられ、高級ラウンジさながらの雰囲気が漂います。

laurel-tokyo
出典:https://www.facebook.com/laureltokyo/photos/pcb.261137350962552/261135744296046/

黒基調のワイドなブース周りは、近年ありがちな派手な装飾や照明はなく、純粋に良質なサウンドを提供するクールなスタイル。
DJには、新進気鋭のレジデントをはじめ、豪華ゲスト陣が出演を予定!

住所 渋谷区道玄坂1-17-9 SK PLAZAビルB1F
TEL 03-6809-0725
キャパ 250名
フロア構成 メタル感のある入口を入り階段を下りると、ウッドの壁と間接照明が映える受付があり、左手の通路を進んだ先がフロア。店内はVIPシートを軸とした作りで、幾つものボックス席を用意。
オープン 2017年5月
音楽ジャンル HOUSE、TECHNO、EDM、DISCO、など
入場 入場には顔写真付きIDが必要
ドレスコード 男性のタンクトップのみや、タトゥーを露出した状態での入場はNG
Web ローレル東京の店舗情報

CIRCUS Tokyo (サーカス)

国道246を挟み北側の賑わいとは対照的な表情を見せる渋谷3丁目。
オフィスビルが立ち並び、夜は独特の空気が流れる渋谷南エリアに、新たに音箱が誕生しました。

circus-tokyo
エントランス付近画像

様々なジャンルのエンターテインメントに対応した空間です。
新進気鋭の若手からベテランまで国内外の実力派DJ・TOPアーティストが出演を予定しており、音に酔えるディープなイベントに期待したい箱です。

住所 渋谷区渋谷3-26-16
TEL 03-6419-7520
キャパ 300名
フロア構成 1階のバーラウンジにはハイテーブルとチェアが複数置かれており、誰もがドリンクを片手に寛いで過ごせる。
地下1階は、あえて無機質と感じるくらい装飾を施さず、クールな印象に仕上げたダンスフロア。
オープン 2015年
音楽ジャンル TECH HOUSE、HOUSE、TECHNO、ELECTRONIC、DUB、DISCO、BASS、など
平均エントランス料金 2000円~3000円
入場 必ずIDが必要となります。深夜イベント未成年不可。
ホームページ http://circus-tokyo.jp/

Contact (コンタクト)

2016年4月1日、道玄坂の地下深くにディープなサウンドを提供する音箱が誕生!
日本のクラブカルチャーの中心地である渋谷にふさわしい本格的な音箱として、既に海外のゲストDJの出演が決まっています。

地下2階にあり、キャパシティは600名以上を予定、メインとバーフロアの2フロア構成となります。

contact-shibuya

場所は道玄坂の通りから奥まった若干わかりづらい所、駐車場を入った左手に入口があります。
事前に顔写真も含めた会員登録が必要な点は上級者向けとも言え、徹底的にセキュリティや顧客の管理がなされています。

客層は音好きの30代以上の男女が多く、クラブ慣れしている方や外国からの観光客も多い印象。
テクノ・ハウス系の著名な海外DJやコアな日本人DJなどブッキングには拘りを持っていて、4つ打ち好きならいつ行っても洗練された空気感や音質を楽しめるでしょう。

住所 渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2
TEL 03-6427-8107
キャパ 300名+バーフロア
フロア構成 ドリンクの持ち込みを制限していて、DJのプレイに聞き入ることができるダンスフロアと、そこに隣接したバーとの2フロア。
オープン 2016年
音楽ジャンル HOUSE、TECHNO、ELECTRONIC、など
平均エントランス料金 3000円~4000円前後
入場 会員制の為、メンバー登録が必要
ホームページ http://www.contacttokyo.com/

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新