roppongi-club

【六本木クラブ】人気CLUBおすすめ特集 最新版(2019年)

都内に数多く存在する夜の歓楽街の中でも、六本木はその独特な色気を放つ町として多くの方が訪れています。

週末ともなると日本全国から遊びに来る人が来てとてもこの地域は賑わいます。

さらに、周辺には美術館や映画館、Roppongi Hillsやミッドタウン、EX THEATERなど様々な名所があり、流行に敏感な方に常に人気があるエリアといえば六本木です。
そんな芸能人も多く訪れる「六本木のクラブ」をまとめました。

以下に六本木在住の筆者がまわりにまわったClubでこれぞ!というおすすめをお伝えいたします。
※順番はランダムとなりますのでご了承ください。

clubmap-banner

六本木CLUBの特徴

roppongi_club

六本木と言えば東京屈指のCLUB激戦区。その六本木でのクラビング最大の魅力は、沢山のクラブをハシゴできること。

4つ打ちからヒップホップ・R&B・レゲエ・EDMまで六本木にはあらゆるジャンルのクラブが揃っています。

その中でも特に六本木交差点周辺のエリアはクラブが隣接しており、質の良いクラブがひしめき合っています。

ひとつのクラブでまったり楽しむのもよし、少し遊んでまた次のクラブへ向かうのもよし、様々な音楽・雰囲気を存分に楽しめるのは「六本木のクラブ」ならではと言えるでしょう。

近年のクラブ事情

roppongi-club-recently

2016年6月23日、遂に日本のクラブ業界では念願だったクラブの深夜営業を可能にする改正風営法が施行。
国内でも店内が一定の明るさを保っている等の条件を満たせばクラブ(ダンス)営業が可能となりました。

以前までは店内の至る所に「ダンス禁止 No Dancing!」の注意書きを設置して、客のダンスを認めないというスタンスで営業してきたクラブもありました。

現在では、多数の店舗が営業許可を申請して新たな法の基準を満たし、法律上問題なくお客さんがダンスを出来る環境を提供しています。

六本木クラブの客層

roppongi-club-customer-base

訪れる方の年齢層は20代中盤から30代が多く、クラブによっては40代50代のお客様が多い店舗もあります。

職業はサラリーマンやOLはじめ、経営者等の富裕層など様々。もちろんミュージシャンやいわゆる著名人・芸能人の方が訪れることもあります。

とりわけ六本木をはじめとする近隣の赤坂や虎ノ門・青山などのエリアには、有名企業や外資系の大手企業等のオフィスが沢山あり、そこで働く方々も仕事終わりに訪れます。

もちろん東京でも一二を争うクラブの多い町なので、全国からクラブを愛する人々が集まります。

また、国際的な顔を持つ六本木には、海外からの観光客や日本在住の外国の方も多く訪れます。

スポンサードリンク

六本木クラブの料金 (エントランス料など)

roppongi-club-fee

週末の料金として、男性は平均して3500円ほど、女性は入場無料のクラブが多く高くとも3000円くらいまで。平日は少し低めの料金に設定されている店舗が多くなります。

男性の方が料金は高めですが、ドリンクチケットが女性より多く付いてくる場合もあります。

入場する時間によって料金が変化する事も多く、24時までに入場すると割安になるお店も多数あります。

また、バーに近い小箱であれば週末でも、無料であったり1000円台から入場可能なお店もありますので、ハシゴする時などに便利です。

またドリンクの値段は、ハッピーアワーで全品500円から楽しめるところもありますが、どちらの店舗も平均して1杯1000円ほどと考えておけば大きなズレはないでしょう。

1OAK Tokyo (ワンオーク)

芋洗坂と都道が交わるホットなエリアに大箱が誕生。床面積は3階層合わせて1500平米以上と、六本木は勿論都内でも最大級。

アメリカのクラバーで知らぬ者はいない「1OAK」がアジアに初めて出店した店舗です。

1oak-tokyo

誰もが知っているヒップホップの名曲から、DJによってはテンポが速すぎずノリやすいムーンバートン等も流れるので大人もまったり楽しめます。

1階のVIPは一部フロアに隣接しており、熱気を直に感じられ非常におすすめ!
2階には広めの個室が2部屋用意されています。ちなみにフリーのシートはありません。

住所 六本木5-10-25
TEL 03-6447-2002
音楽ジャンル HIP-HOP、R&B、Dubstep、etc.
平均エントランス料金 Men: 3000円~
Women: 2000円~
ドレスコード カジュアルすぎる場合NGの可能性あり。刺青の露出やハーフパンツはNG。
ハイクラスな店なのでお洒落しましょう。
Web 1OAK Tokyoの詳細情報はこちら

ESPRIT TOKYO (エスプリ)

エスプリが2015年4月に大幅な改装をしてリニューアル。新しく導入された音響はド迫力の音を響かせ六本木でもトップクラスの音を体感できます。低音から高音までかなりよく出ていました。

esprit-tokyo
出典:https://www.facebook.com/espritlounge/photos_stream?ref=page_internal

壁面や天井にはLEDパネルで装飾され、ミラーボールも最新鋭のハイテクなものに変更されてさらに豪華な内装になりました。
今後六本木のクラブでも中心的な存在になるかも!

イベントとしては、毎週金曜日に行われる「FRIDAY FESTA」に要注目です。
ダンスミュージックの祭典「ULTRA MUSIC FESTIVAL」をイメージさせるEDMがオンパレード。最先端の音楽を体感できます。

住所 六本木5-1-6 六本木B&Vビル2F・3F
TEL 03-3470-1371
音楽ジャンル EDM、HOUSE、ALLMIX、R&B、HIP-HOP、etc.
平均エントランス料金 Men: 2500円~3500円
Women: Free~1000円
ドレスコード 過度の軽装はNGの場合有
ホームページ http://esprit-tokyo.net/

Seven Sense (セブンセンス)

六本木で普段から遊んでいるクラブフリークの間で知らない人はいないオアシス的なお店「セブンセンス」。

場所はCLUB街の中心、地下にありながら初めてでも入りやすく、誰でも馴染みやすい雰囲気が魅力。
比較的若いお客様で賑わっていますが、年代問わず楽しめるお店かと思います。

seven-sense

週末はオールミックスからEDM、最新ヒットなどノンストップで盛り上がっています。

エントランスフィーやドリンクも良心的な価格設定、さらに曜日によっては飲み放題の日もありお得に遊べます。

VIP席とレディースシートも完備しており、クラブ遊びのアフターにもおすすめなセンスを感じるクラブです。

住所 六本木3-14-7 アロービルB1F
TEL 03-6804-5196
音楽ジャンル ALLMIX、TOP40、HIPHOP、R&B、EDM、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~
Women: Free~1000円
ホームページ https://www.tokyo-club.net/sevensense/

スポンサードリンク

V2 TOKYO (ヴィースクウェア)

2018年10月1日より、ドン・キホーテ正面のロアビルから、ニコファーレの真向いとなる「VILLA TOKYO」が入る「TOWER OF VABEL」内に移転。VIPのボックス席がより潤沢になり、豪華さも増しました!

ロアビル最上階に新星の如く誕生した「VANITY LOUNGE」が事情により閉店し、その跡地にオープンしたクラブ。

バニティはオープン当初から六本木で一番の人気店となり特別な存在として君臨していました。

今は珍しくないですが、女性いつでも入場無料という他のクラブとの差別化を図り女性からも絶大な支持を受けていました。
そしてV2として新たにオープン後もその人気は衰えることを知りません。

v2tokyo
出典:https://www.v2tokyo.com/

V2の読み方は「ブイツー」と呼んでいる方がほとんどですが、正式にはVの2乗である「ヴィースクウェア」と読むそう。
名前の由来はV²でVERTEX=最上の最上を目指すという意味からきています。

v2-tokyo

その他、運営側のブランディング力、マーケティング力は素晴らしいと思います。
最近ではDJ Magなどの海外雑誌で評価されている有名DJがプレイするイベントも多く開催されています。
六本木のクラブでまだ遊んだ事のない方には一押しです。

住所 六本木7-13-7 B1F&1F
TEL 03-5474-0091
音楽ジャンル EDM、HOUSE、HITMIX、ALLMIX、ELECTRO、R&B、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~3500円
Women: Free(無料)
ドレスコード ハーフパンツ、タンクトップ、ジャージ、スウェット、サンダル、タトゥー露出はNG
ホームページ http://www.v2tokyo.com/

DiA tokyo (ディア)

六本木の夜を変える!3フロア3形態の新生CLUB「DiA tokyo」が2016年12月より始動。

場所は、近くに老舗中華の香姫園や瀬里奈本店他、六本木らしい多様な飲食店が軒を連ねる3丁目。

dia_tokyo
出典:https://www.facebook.com/pg/diatokyo2016/photos/

1階エントランスより店内に入ると、右手には活気溢れる大型バーカウンター、雰囲気を楽しみながらの立ち飲みがおすすめ。
その奥はディナー利用に最適な、肉料理を中心に様々な料理が提供されるレストラン。

2階は、中央にDJブースがある寛ぎのラウンジ。心地よいサウンドの中、仲間との会話に花を咲かせるもよし、ゆったり時間を過ごせる空間。
こちらのバーでは、より本格的な味とサービスが堪能できます。

3階は、ダイヤモンド型のLEDや50機のムービングライトがフロアを照すクラブ。
強い光と音を発するブース正面には、特徴的な8角形のバーカウンターがあり、頭上にはステージも!
何度でも遊びに行きたくなる秀逸なナイトライフ体験が「DiA ディア」にはあります。

住所 六本木3-8-15 六本木日拓ビル1F-3F
TEL 03-6447-4416
音楽ジャンル R&B、HIPHOP、HOUSE、EDM、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~4000円
Women: 1000円~2000円
ドレスコード 軽装の場合スタッフ判断によりNG有、タトゥーの露出はNG
ホームページ http://www.diatokyo.com/
詳細 ・ 地図 ディアの店舗情報

alife (エーライフ)

2016年3月10日、六本木交差点からもほど近くのあの場所に大型クラブ「alife (エーライフ)」が遂に誕生。

alife

全く新しいコンセプトのもと、1階は大きなバーカウンターが特徴的なラグジュアリーなフロア、2階は多彩な楽しみ方が可能なラウンジスペース、そして地下1階は最新鋭のサウンド・照明システムを配したメインフロア。
毎週火曜日から土曜日に加え、祝前日も営業しています。

住所 西麻布1-7-2 ECONACHビル
TEL 03-3408-1111
ホームページ http://www.e-alife.net/

MEZZO (メゾ)

銀座のオーセンティックバーを何件も巡ってきた筆者でも驚く、多彩なカクテルメニューに大満足!

メイン通りとも呼べる都道(外苑東)に面した繁華街のど真ん中にある、バブリーな内装なのに気兼ねなく入れるバー&ラウンジ。

通りの反対側からでも目立つ燦爛たる外観は、海外の高級バーにトリップしたのかと錯覚を覚えるほど際立っています。

mezzo

1階は、スタンディングを軸にオープンマインドに楽しめるバーで、DJブースからは上質な音楽を提供。

イビサの有名なバー「Mambo」をフィーチャーしたイベントを行うなど、クラバー好みな要素に溢れています。

2階は、リュクスな空気感のラウンジ。個室もあり、贅沢な夜を約束してくれる。
あなたも旬な果実を贅沢に使った一杯に舌鼓を打ってみては!

住所 六本木5-1-7
TEL 03-6438-9711
音楽ジャンル Techno、House、Electro、etc.
平均エントランス料金 無料
ドレスコード 妥協せず、ドレスアップしましょう
ホームページ メゾの詳細・お得情報

スポンサードリンク

Lex Tokyo (レックス)

本特集でも掲載中の店舗が複数入居していたロアビルの解体が決った為、2018年10月から青ケバブの裏の建物に場所を移して営業中。

六本木でも老舗になる営業の長いクラブで、業界人や海外セレブなども頻繁に訪れます。

lex-tokyo
出典:http://newlextokyo.com/

現在はもともとあった場所のビル改装に伴いV2と同じロアビルの地下一階のレストランバー「トウキョウレッドカーペット (元シートレジャーズカフェ)」とコラボして営業しています。
流れる音楽も流行りの曲が多く、初心者でも楽しめます。

住所 六本木3-13-12 エルサビル2F
TEL 03-6434-7729
音楽ジャンル HOUSE、TECHNO、ELECTRO、EDM、ALLMIX、HIP-HOP、R&B
平均エントランス料金 Men: 3000円
Women: 1000円
ドレスコード ラフな服装はNGの場合有
詳細 レックスの店舗情報・地図

MAHARAJA (マハラジャ)

六本木の大人も気軽に楽しめるクラブ・ディスコと言えばここ!
週末は盛り上がり必至のクラブイベント、平日はDISCOイベントを楽しめます。

maharaja

80年代のディスコサウンド中心のイベントもあるので、年齢関係なく楽しめる健康的な箱です。

バブル期のマハラジャの雰囲気そのままのゴージャスな内装はとても美しいと思います。

住所 六本木3-12-6 六本木プラザビル5F
TEL 03-6804-1798
音楽ジャンル ALLMIX、EDM、DISCO、80s、90s、R&B、POP
平均エントランス料金 Men: 1000円~4000円
Women: 1000円~3000円
ドレスコード 過度な軽装は不可
ホームページ http://maharaja-r.jp/

LINE CLUB (ラインクラブ)

HIP-HOP系の人気箱として営業していた「CLUB99」跡地にオープン。海外のクラブバーのような雰囲気があります。外国のお客さんも多くインターナショナルな客層です。

line-club
出典:http://lineclub.jp/

木曜日のハッピーアワーは激安価格でお酒を楽しめ、エントランスフリーなので非常におすすめです。

住所 六本木3-15-24
音楽ジャンル HIP-HOP、R&B、BlackMusic、REGGAE、ALLMIX
平均エントランス料金 ドリンク代のみ
ホームページ http://lineclub.jp/

IBEX TOKYO (アイベックス)

六本木でHIPHOPを感じたいなら、コアな人気を誇る「IBEX」もチェックしておいて損はありません。

2018年7月より、交差点側に移転しリオープン。煌びやかかつラグジュアリーな空間へとグレードアップを果たしました。

ibex
出典:http://ibex-tokyo.net/rental-space/

音響は六本木の中でも良く、店内自体はそれほど広くはないんですが、つい長居してしまう居心地の良さが魅力。

HIPHOPはもちろんR&BやREGGAE、ブラックミュージック好きなら絶対一度は行って頂きたいお店です。

住所 六本木3-11-6 泰明ビル5F
TEL 03-3746-1075
音楽ジャンル HIP-HOP、R&B、REGGAE、etc.
平均エントランス料金 Free~1500円
ホームページ http://ibex-tokyo.net/

スポンサードリンク

JUMANJI 55 & New Planet (ジュマンジ/ニュープラネット)

六本木の東側繁華街にありおそらく駅から一番近いクラブバーと言えばジュマンジゴーゴーです。

ハッピーアワーは激安価格で飲めますし、立地の良さ、その気軽さから週末ともなると行列ができることもしばしば。

jumanji-newplanet

その姉妹店で1階にあるお店がNEW PLANET。こちらもハッピータイムは激安で飲めます。

また、2店舗間の行き来は自由なので雰囲気を選んで楽しめると思います。

住所 六本木3-10-5 マリナービル1F・2F
TEL JM: 03-5410-5455
NP: 03-3470-4340
音楽ジャンル HITMIX、ALLMIX、EDM、HIPHOP、R&B、etc.
平均エントランス料金 Men: 1000円
Women: Free~1000円
ホームページ http://jumanji55.com/
http://www.newplanet.jp/

BAR MIST (バーミスト)

クラブ街にある大きな「MIST」の文字が輝く看板が存在感を放つクラブバー。2015年7月にグリーンランドから店名変更&リニューアルしました。

bar-mist
出典:https://www.facebook.com/barmisttokyo

曜日によってとってもお得な早い時間までの「ハッピーアワー」は飲み放題で1000円とお酒好きにはたまらない企画も盛りだくさん。

週末はもちろんハロウィンやクリスマス等のイベント時も大盛況。年齢層は比較的若い方が多く、外国の方も大勢いらっしゃいます。

住所 六本木3-15-24 森川ビルB1
音楽ジャンル ALLMIX、ELECTRO、EDM、POPS、HITMIX
平均エントランス料金 Men: 1000円
Women: Free(無料)~
ドレスコード 過度の軽装や店にそぐわないと判断された場合NGあり
営業 2017年11月に閉店

SIX TOKYO (シックス)

六本木の中箱として確固たる地位を確立していたクラブが閉店し、その跡地に誕生したのがSIX TOKYO。新規に音響を最新のものに入れ替えているので音も良質です。

2017年には改装され、DJブースや照明も一新!先進的な雰囲気となりました。
店内は広々とした2フロアで、トイレも綺麗で女性にもおすすめです。

six-tokyo
出典:http://six-tokyo.jp/

場所は、六本木横丁が入るロアビルの2階でアクセスも良好。週末になると並ぶ場合もありますが、近くの人気店と比べるとスムーズに入店できます。

入口入ってすぐのラウンジはHIPHOP等が流れゆったりした雰囲気。リラックスしてドリンクを飲んだり交流したりする人が多いです。

縦長のメインフロアは流行のEDMやヒット曲等がジャンルレスに流れ、多くの男女で盛り上がっています。
椅子やテーブルも沢山あるので、踊り疲れたら適度に座って休める居心地の良い箱です。

住所 六本木5-5-1 ロアビル2F A
音楽ジャンル ALLMIX、ELECTRO、HIP-HOP、R&B、BlackMusicなど
平均エントランス料金 Men: 2500円~3500円
Women: 1000円~1500円
ドレスコード カジュアルすぎる服装はNGの場合有
営業 2018年6月末に閉店

さらに六本木のCLUBを探す

総評

今回は東京都内屈指のお洒落な歓楽街六本木のクラブをまとめました。
こうしてみると店名に「Tokyo」とついているところが多いことがわかります。
これは一説にクラブにかかわらず六本木のお店自体外国人の経営者の方やお客さんが多く「東京」という地名を客観的に見ているからだと聞いたことがあります。

今回ご紹介した以外にも六本木にはクラブがいっぱい存在します。こちらで紹介したクラブに行くもよしご自身で新たなクラブを探すもよし。

東京のラグジュアリーなナイトスポット六本木で素敵に遊んでいただければ幸いです。

以下は、かつて本ページで紹介し、現在は閉店している店舗。

Cats TOKYO (キャッツ)

2015年6月、福岡で超人気を博すCLUB Catsの2号店がついに東京に進出し六本木にオープンしました。

オープン前から注目されていただけあって福岡のバブリーな雰囲気そのまま最新鋭の音響・照明設備はもちろん、最新テクノロジーを駆使した全面に広がるLED・レーザープロジェクターによる3Dマッピングを導入した演出は迫力たっぷりの臨場感 !!
8階から9階まで吹き抜けになっているので天井高があり開放感を感じられます。

cats-tokyo
出典:https://www.facebook.com/pages/Cats-TOKYO/1648306755388146?sk=photos_stream

さらに超豪華ゲストDJの出演も頻繁に予定されているので六本木の人気クラブになること間違いなし!!
是非一度お店に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

住所 六本木3-12-6 六本木プラザビル8F・9F
音楽ジャンル ELECTRO、TOP40、EDM、Allmix、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~3500円
Women: 1000円

スポンサードリンク

ColoR. TOKYO NIGHT CAFE (カラートウキョウナイトカフェ)

けやき坂下に初めてオープンした当初(2012年)に非常に話題になり超人気となったクラブで、一時ほかの店名でNOクラブ営業していたが、2014年についに復活しました。

color-tokyo
出典:http://www.color-tokyo.com/

店内は非常に見渡しがよくブース、バーカウンター、シートなどどの空間からも店内がよく見渡せるので混んでいても開放感があります。
イベントとしては関西系の雰囲気がある元気なイベントが多くオールミックスからEDM、HOUSEなど今人気のクラブミュージックが多く流れています。

ここは麻布十番と六本木のどちらからもアクセスのいい場所なので、深夜サクッと遊ぶ大人には重宝します。

住所 六本木5-10-25 EXけやき坂ビル R棟 1F
音楽ジャンル ALLMIX、EDM、HOUSE、etc.
平均エントランス料金 Men: 1000円~4000円
Women: Free~1000円
ドレスコード 過度にラフな服装やハーフパンツ、タンクトップ、ジャージ、スウェット、サンダル、タトゥー露出はNG

BRAND TOKYO (ブランド)

六本木交差点から西麻布方面に歩いて10分程。この界隈のクラブの代名詞として超絶なファンを獲得した「alife」が2012年に10年の営業に幕を閉じ、その跡地に新たにオープンしたクラブ。

brand-tokyo
出典:http://brandtokyo.net/

外観は一新され六本木通りからも目立つ綺麗なパープルとなりました。内装も以前のエーライフの面影はないほど綺麗にリニューアルされています。

Brandの特徴と言えばなんといっても地下1階のダンスフロアが広くさらに1階・2階と3フロア構成なのでとても広くいつ来ても飽きないクラブだと思います。
クラブ営業時間外のレストランタイムに女子会やバースデーなどの利用も最高です。

住所 西麻布1-7-2ECONACH西麻布ビル
音楽ジャンル EDM、ALLMIX、POPS、HOUSE、R&B
平均エントランス料金 Men: 2000円~3500円
Women: ~2000円
ドレスコード 過度な軽装はNGの可能性あり

FERIA (フェリア)

六本木のクラブを語る上でまず話に出てくるのがこのフェリアです。
屋上のルーフトップテラスは開放感があり夏場はベッドに寝転びながら星空を眺められます。

feria
出典:http://lounge-feria.jp/

ダンスフロアは地下1階にありその他の階はラウンジスペースやバーなどです。
外国の方にも人気なお店です。
Feriaでオトナなクラブ遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

住所 六本木7-13-7
音楽ジャンル HIP-HOP、R&B、ELECTRO、HOUSE、EDM、etc.
平均エントランス料金 Men: 2500円~4000円
Women: 1500円
ドレスコード ハーフパンツ、サンダル等の軽装はNGの場合有

RED AREA (レッドエリア)

六本木の老舗ガスパニックのリニューアル店。男女ともエントランスフリーで遊べるお店で、いつも大賑わいな印象。

redarea
出典:http://redareaclub.jp/

ちょっとお酒が飲みたくなったら気軽に使えるお店です。
お酒も激安で曜日によっては300円からとお財布にも優しいのでクラブのBeforeにもいいかもしれません。

住所 六本木3-14-11 2F
音楽ジャンル HIP-HOP、R&B、ALLMIX、ELECTRO、REGGAE、etc.
平均エントランス料金 Free(無料)

APOLLO Club TOKYO (アポロクラブ)

ハイレベルな音響システムの中、今流行りのHITmixやEDMをしかもエントランスもお手頃に楽しみたいなら、穴場である「APOLLO」がおすすめ !

apolloclub

3階のメインフロアと4階のVIPフロアの2フロア構成でゆっくりじっくり六本木の夜を楽しめます。

住所 六本木3-10-5 マリーナビル3-4F
TEL 03-6459-2680
音楽ジャンル EDM、TOP40、ALLMIX、ELECTRO、HIPHOP、R&B、REGGAE、etc.
平均エントランス料金 Men: Free~2500円
Women: Free~2000円

COVE (コーブ)

本格ミクソロジーバーであり高級ラウンジの要素も兼ね備えたお店で、COVE自体がCLUBのVIPルームのような雰囲気です。
外国のお客様も多く週末にはDJ達がプレイする刺激的なイベントを開催しているので賑わっています。

cove
出典:https://www.facebook.com/cove.jp

場所はCLUB街から少し離れた、六本木交差点から二丁目交差点のちょうど中間、六本木通り沿いの地下にあるので大人の隠れ家的ラウンジクラブとしてまた遊び疲れたafterにも是非使っていただきたいお店です。
雰囲気があるお店なのでお洒落していくことをオススメします

住所 六本木4-1-9 ベルザ六本木B1
音楽ジャンル HOUSE、ELECTRO、HIP-HOP、Drum&Bass、JAZZ、etc.
平均エントランス料金 Men: 2000円~3500円
Women: 1000円~2500円

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新