メンズスニーカーブランド

【スニーカーブランド】メンズに人気!おすすめのシューズメーカー25選

スニーカーは、数ある靴の種類の中でも、歩きやすさやファッション性に優れたアイテム。

特に男性にとっては、大人になっても休日はスニーカーを履いているという方も多く、履物の定番とも言える存在です。

各ブランドごとに代表的なモデルがあったり、履き心地やサイズ感も特色があります。

今回は、履きやすさは勿論、おしゃれの観点から見ても秀逸なおすすめの「スニーカーブランド」をご紹介。

スニーカーについて

沢山の種類がある靴の中でも、男性からの人気が特に高いのがスニーカー。

スポーツをする時だけでなく、普段着にもよく合い、履き回しがしやすいという利点があります。

sneakers

形も様々あり、ローカットやミドルカット、ハイカット等の履き口の長さの違いにはじまり、紐が無いスリッポンや、各種スポーツを意識したもの等、多岐に渡ります。

種類は、ハイテク系と呼ばれるクッション性や軽量性に長けたタイプや、プレーンなラバーソールにキャンバス等のアッパーを用いたローテク系等があります。

adidas-ultraboost

デザインで選ぶのも良いですし、履き心地やクッション性、手持ちの服との合わせやすさで選ぶのも良いですね。

価格帯も様々ですので、まずは予算や求める条件を決めて、お気に入りの一足を探してみて下さい。

スポンサードリンク

Filling Pieces (フィリング・ピース)

良質かつ高性能なハイセンスシューズを卓越した職人の手で作り上げている、2009年オランダの地で生まれたスニーカーレーベル。

厚めのソールにタンが上部に伸びた様な独特のフォルムが特徴。程良いボリューム感のあるミッドカットモデルがメインです。

一見モダンな印象ですが、構造は従来のスニーカーと変わらないので、履くと全く違和感がなく馴染んでくれます。

fillingpieces
出典:https://www.fillingpieces.com

アッパーには、スエードや編み込みレザー等の革系をはじめ、最近ではナイロンやニットを素材に使ったモデルも増えています。

カジュアルすぎない上質な素材感と、都会的なデザインは、普段スニーカーを履かない方でも取り入れやすいでしょう。

ブランド名 Filling Pieces
Web https://www.fillingpieces.com

Y-3 (ワイスリー)

グローバルに活躍する日本が誇るデザイナー「山本耀司」氏と、スポーツ用品大手の「adidas」がコラボした事から波及し、2002年に創設されたブランド。

y-3
出典:http://store.y-3.com/jp

アパレルもリリースしていますが、一番の注目は奇抜なデザインで履く者の足元を別次元へと誘うスニーカー。

他のブランドには無い、独自性に富んだ近未来的なフォルムのモデルを多数ローンチしており、世界中に多数のファンを獲得しています。

ブランド名 Y-3
Web http://store.y-3.com/

GIUSEPPE ZANOTTI (ジュゼッペ・ザノッティ)

両サイドにファスナーを配した特徴的なスニーカーをリリースする、1994年に誕生したブランド。

イタリアの製品らしい派手さと特有の色気が魅力で、価格帯は7万円から10万円程。革を使ったモデルが多く、パイソンやクロコダイル等の型押しも人気です。

giuseppe-zanotti
出典:https://www.giuseppezanottidesign.com/jp/man/sneakers

ローカット以外にミッドカットも多め。ソールはプレーンなフラットタイプ。スタッズやストラップが付いた斬新なスニーカーもあります。

ユニークで芸術作品の様な靴は、世界中のセレブからの支持も集めており、マドンナやカニエ、ビヨンセなど有名なアーティストの足元も飾っています。

ブランド名 GIUSEPPE ZANOTTI
Web https://www.giuseppezanottidesign.com

NIKE (ナイキ)

1960年代に米国で誕生した、スウッシュと呼ばれるロゴマークでお馴染みの「ナイキ」。

どんな路面にも対応する安定感抜群の「ワッフルソール」や、足へ衝撃を減らす為にミッドソールにクッションバッグを入れた「エア」等、独自の商品開発を行い世の人々をたちまち虜にしました。

airmax-jordan

また、近頃人気なアッパー素材は「フライニット」と呼ばれる、一本の糸から編み上げるという高度な技術により実現した極軽量な素材。

強度が高いので薄く仕上げても丈夫で、靴下の様に柔軟性もあり、卓越した履き心地を叶えています。

airmax-zero

ブランド初期の1970年代前半に誕生したモデル「コルテッツ」をはじめ、その後のスニーカーブームの主役と言える「エアマックス」や、バスケットボール会の神様的存在である選手「マイケル・ジョーダン」のシグネチャーモデルである「エアジョーダン」等が次々に大ヒットし、ナイキの人気を不動のものにしました。

上記のモデルは、今も復刻版や新作がリリースされ、根強い人気を誇っています。

nike
出典:http://www.nike.com/jp/ja_jp/

現在では、オフィシャルストアやWebサイト上で自分オリジナルのスニーカーが作れる「NIKEiD」サービスが、世代を問わず人気。

あらゆるパーツの素材や色が自由に選べるだけでなく、追加料金無しで好きなアルファベットを刺繍できます。

ブランド名 NIKE
Web http://www.nike.com

EYTYS (エイティーズ)

オーソドックスな形の中にも、ソールの厚みやディティールの完成度に差を見いだした「EYTYS」。

2013年にスウェーデンで誕生し、幼馴染の2人がデザインを手掛けているブランドです。

eytys
出典:http://www.eytys.com

ストリート感溢れる味付けに、無骨な厚底ソールが特徴的。アッパーは、スエードやレザーが多く、キャンバス素材の物も。

インソールには、足を快適にサポートしてくれる上質なコルクを採用し、靴を脱いだ際の見た目も良好です。

男女共に人気なのは、内羽根型の「mother」シリーズ。余計な装飾はせず、フォルムと完成度だけで勝負したデザインは、どんなボトムスにも相性抜群です。

ブランド名 EYTYS
Web http://www.eytys.com

diadora HERITAGE (ディアドラ ヘリテージ)

1948年に登山靴のメーカーとして始動し、現在はスニーカーをメインに展開しているイタリアンブランド。

アッパーには主にスエードを用い、ビンテージ感を宿す独自の加工を施す事で、クラシックな味わいを生み出しています。

diadoraheritage
出典:http://www.diadoraheritage.jp

履き慣らした様な風合いが特徴の「EQUIPE SW」シリーズは、カチッとしたジャケットスタイルの外しに最適!軽量で快適な履き心地も叶えています。

また、厚めのミッドソールで丁度良いゴツさがある「TRIDENT 90」は、バリエーションも豊富で、デニム等のカジュアルな装いにおすすめです。

ブランド名 diadora HERITAGE
Web http://www.diadoraheritage.jp

ASICS Tiger (アシックスタイガー)

1977年にデビューし、バブル期周辺に人気を博したスニーカーブランド「アシックスタイガー」が、2015年に復刻。

代表的な「GEL-LYTE」シリーズは、発売当時の面影そのままに最新の技術を用いて、軽量かつ安定感とクッション性に長けた極上の履き心地を実現。

美しいフォルムは残しつつ、流行の色を採用する事で新たな魅力を注入しています。

asicstiger
出典:http://www.asicstiger.com/jp/ja-jp/

個性的な配色で足元にインパクトが欲しい方には「GEL-LYTE Ⅲ」や「GEL-LYTE V」がおすすめ。

ファッショナブルで現代的な「GEL-LYTE RUNNER」は、普段使いは勿論、運動の際にも最適なクールな一足です。

ブランド名 ASICS Tiger
Web http://www.asicstiger.com

スポンサードリンク

Amb (エーエムビー)

一見プレーンなのにどこか他とは違う…。素材感はもちろん、絶妙なボリューム感にも長けた極上のレザースニーカーを扱う「Amb」。

2008年に別名称でデビューした日本のブランドで、シンプルで実用度が高く、機能性にも重きを置いたスニーカーは評判を呼んでいます。

amb
出典:http://www.amb-tokyo.com

定番はローカットで、レースアップ以外にスリッポンモデルも数種あります。色は、白や黒の他に、柔らかい印象のベージュやブラウン、グレーも用意。

ハイブランドにも匹敵するクオリティなのに、お値段は2万円前後の物が多く、手に取りやすいのも魅力です。

ブランド名 Amb
Web http://www.amb-tokyo.com

adidas (アディダス)

共に1960年代に発売されたモデル「スタンスミス」と「スーパースター」が、今もなおファンから愛されている「adidas」。

1940年代後半にドイツで設立された、世界でも最大級のスポーツ用品のメーカーです。

代表的なスニーカーは上記の他にも、細身のシルエットでソールが前後で反り上がっているのが特徴の「カントリー」や、スーパースターに似た構造ではあるが、ボリュームを抑えてアッパーにスエードを配した「キャンパス」等があります。

ultraboost_laceless

ここ最近の人気は、「BOOST(ブースト)」と名付けられた高次元のクッショニングを実現した独自のミッドソールシステムを採用したモデル。

発泡スチロールにも似た模様が目印で、弾むような反発が得られ、初めて履いた瞬間から驚きと他には無い快適な歩行性を提供してくれます。

そんな中でも、抜群のホールド感と軽さを両立した新世代のアッパー素材「プライムニット」と、地面に張り付くかのように広がり格子状のヒダで覆われたアウトソールを組み合わせた「イージーブースト350」はプレミア価格が付くほどの人気です。

adidas
出典:http://shop.adidas.jp/pc/item/

また、様々なスポーツに最適な靴も幅広く提供しており、足にストレスを感じさせない計算され尽くした作りが、アスリートからの支持も集めています。

勿論靴だけでなく、大人から子供まで幅広い世代に合わせたアパレルや小物類、各種スポーツ用品も豊富に用意されています。

ブランド名 adidas
Web http://japan.adidas.com

le coq sportif (ルコックスポルティフ)

ノーマルなフォルムながら随所に仕上げの良さと気品を感じさせる「ルコックスポルティフ」のスニーカー。

1882年に創業したとても歴史の長いブランドで、鶏のロゴが目印。大人が品良く履ける一足が見つかるでしょう。

lecoqsportif
出典:http://www.lecoqsportif-jp.com

本格的なウェアはじめ、スニーカーも形や色共に数多くあり、更にグローブやバッグ等の小物も充実。随所に挿し色を入れメリハリを付けた「エウレカ」や、レトロなデザインと華やかな配色が魅力の「クオーツ」は普段使いにも一押しです。

シンプルかつスマートな見た目の「LCS R900」シリーズは、軽めでホールド力もあり、履き心地も快適でスポーツをする際にも最適です。

価格は1万円以内が中心で、プレーンなモデルは7千円台からあり、レギュラーモデルでも1万円弱程と質の割にお得感のある価格も魅力です。

ブランド名 le coq sportif
Web http://www.lecoqsportif-jp.com

Golden Goose (ゴールデン・グース)

2000年に設立。トレードマークの星をサイドに配置したスニーカーでお馴染の、ベネチア発のブランド。

テニスシューズ風のロートップや、キャンバス地のハイトップなど誰もが親しみを感じる王道のフォルムながら、特徴である独自のダメージ加工により、履きこんだ様な状態を再現。どのモデルも個性を表現できるスニーカーとなっています。

製造は全てベネチアの地で、職人の手作業により一つひとつ丁寧に作られています。

goldengoose
出典:http://www.goldengoosedeluxebrand.com/jp/en/shop/man

シンプル好きには本ブランドの顔とも言える「SUPERSTAR」や、ハイトップの「FRANCY」がおすすめ。流れ星が描かれた軽くてスポーティなモデル「Running」も展開しています。

また、基本的にインソールが厚めに作られているので、背が高く見える効果も期待できます。

ブランド名 Golden Goose
Web http://www.goldengoosedeluxebrand.com

CONVERSE (コンバース)

どんな服装にもマッチする「シンプルイズベスト」なスニーカーを作り続けている、1908年に誕生したブランド。

創業当時は、バルカナイズド製法によるタフで滑りにくいラバーシューズで評判を得ました。

1917年に誕生し、現在も不変の人気があるモデル「オールスター」は、キャンバス地でホールには丸い金具が付けられたローテクスニーカーの基礎とも言える一足。ハイとロー2種類のカットがあります。

converse
出典:http://www.converse.co.jp

その他、トゥ部分を補強するようにラバーを覆い被せたデザインの「ジャックパーセル」もブランドの顔です。

価格が手頃なのも魅力の一つで、定番品で7千円台、大抵のモデルが1万円以内なので、入門用としてもおすすめです。

ブランド名 CONVERSE
Web http://www.converse.co.jp

Santoni (サントーニ)

一足数万円の高級革スニーカーをラインナップする「サントーニ」。1975年イタリアのマルケ州で、靴職人により設立されたブランドです。

昔ながらの靴作りを受け継ぎながらも、トレンド感を忘れないラグジュアリーなデザインで、飽きが来ないと評判。

上質な素材感や派手な色使いで印象に残るシューズ類の他にも、バッグやベルト、財布など革に拘った商品を展開しています。

santoni
出典:http://www.santonishoes.com/jp/luxury-mens-shoes/sneakers.html

スニーカーは一足平均7万円程と高値ですが、アッパーには最上級の革を用いて絶妙な風合いに仕上げており、手に取ればその価格に納得できるはず。

きっちりとした服装にも映え、カジュアルスタイルなら足元を優雅に演出してくれる、極上の一足が手に入ります。

ブランド名 Santoni
Web http://www.santonishoes.com

new balance (ニューバランス)

履き心地を追求した美しすぎるデザインのスニーカーが、世代を超えて愛されている「new balance」。100年以上も続く、歴史ある米国のブランドです。

設立当初は、足を矯正する為の靴を作っており、その機能性を取り入れたスポーツスニーカーが瞬く間に有名になりました。

軽さと足を優しく包み込むフィット感は、一度履くと手放せないくらい快適。普段履きをはじめ、ランニング用としても最適なブランドです。

newbalance
出典:http://shop.newbalance.jp

代表的なモデルは、1980年代後半にリリースされたバランスの良いフォルムで人気な「576」や、長いブランドの歴史を象徴するかのような完成度の高さで米国製が多い「M996」、軽量かつ地面を掴むような安定性が評判の「1400」など様々。

また、サッカーやゴルフ、テニスなど各スポーツ用の靴も取り揃えています。

ブランド名 new balance
Web http://shop.newbalance.jp

スポンサードリンク

Maison Margiela (メゾン マルジェラ)

1988年にフランスで誕生した、エッジの効いたスニーカーに定評があるブランド。

代表的なシリーズは「Replica」と呼ばれる、サイドとトゥにかけての縫い目に特徴があるモデル。

同じベースであっても全く違く見える程、様々な色や柄、紐の有無にもバリエーションがあります。

シューレース部分を隠すようにアッパーの羽で覆った「Future」は、ゴツイのにスタイリッシュさも感じさせる人気のモデルです。

maisonmargiela
出典:https://www.maisonmargiela.com

価格帯は、6万円台から値の張るモデルは10万円以上。少々お値段は張りますが、どれも履くほどに足に馴染んで味が出てくるので、長年愛用するには打ってつけのスニーカーと言えます。

また、女性靴では日本の足袋がモチーフで、セパレートしたトゥが特徴の「TABI」も有名です。

ブランド名 Maison Margiela
Web https://www.maisonmargiela.com

SPINGLE MOVE (スピングルムーヴ)

職人の町、広島県は府中市で2002年に誕生した、ヒール・トゥ部分に沿って巻き上がった様なアウトソールが特徴のスニーカーを展開するメーカー。

日本でも数少ないバルカナイズド製法を取り入れ、ハンドメイドに拘り、日々靴を生み出しています。

spingle-move
出典:http://www.spingle.jp/spingle_move/

カンガルーの革や牛皮、キャンバス素材等を使用した、巻き上げソールが特徴的な「スピングルムーヴ」から、フォーマルなデザインでお仕事用としても履ける「スピングルビズ」も販売しています。

上質な素材と手間暇かけた製法で作られていますが、1万5千円から2万円台と良心的な価格設定。履く場所を選ばない上品なデザインは、若い方は勿論、大人の男性にもおすすめです。

ブランド名 SPINGLE MOVE
Web http://www.spingle.jp/spingle_move/

Admiral (アドミラル)

1914年にイギリスで誕生。馴染み深いクラシカルかつスマートなデザインのスニーカーを扱う人気ブランド。

アッパーに革素材を使用した高級感の漂うシューズや、合皮を採用し見た目と低価格を叶えた「WATFORD」、古き良き時代の製法で作られた素朴さが売りの「FASLANE」などラインナップも様々。

価格も大半のモデルが1万円以内で、高くとも1万2千台とリーズナブルなお値段です。

admiral
出典:http://www.admiralfootwear.com/

シンプルでどこか懐かしいレトロなデザインは、デニムやハーフパンツ等のカジュアルスタイルとよく合います。

種類豊富なフットウェアの他に、本格的なゴルフ用品も展開しています。

ブランド名 Admiral
Web http://www.admiralfootwear.com/

PUMA (プーマ)

1948年にドイツで生まれた、飛び跳ねるピューマのロゴでお馴染みのスポーツ用品メーカー。

サッカーやバスケ、テニスなど様々なアスリートから、長年愛されているブランドでもあります。

スポーツメーカーの中では先駆けとして、有名なファッションブランドやアーティストとのコラボレーションを実現したことでも有名です。

puma
出典:https://jp.puma.com

天然の革素材を使用した「SUEDE」シリーズは、発売当時から人気が衰えないアイコン的存在。

シンプルなデザインは色んな系統の服装に合わせやすく、履けば履くほど素材の味が出る魅力的な一足です。

ブランド名 PUMA
Web https://jp.puma.com

SPERRY (スペリー)

海辺を連想させるスニーカーが人気の「スペリー」は、1935年にアメリカで、当時船乗りだった創業者によって生み出されました。

創業当初は、船員が船のデッキで使用するデッキシューズで一躍人気を博しました。

その後、機能だけではなくデザイン性も評価され、現在では普段使いに適したカジュアル靴のブランドとして認知されています。

sperry
出典:http://www.sperrytopsider-japan.com

スニーカーは、スペリーの定番とも言えるボートシューズをはじめ、アッパーにキャンバスを用いたバルカナイズド系のローカットや内羽根タイプなど定番の形が主軸となります。

価格は、オーソドックスなモデルであれば5千円台から。質感の高いレザーアッパーのモデルでも1万円前後なので良心的と言えます。

ブランド名 SPERRY
Web http://www.sperrytopsider-japan.com

スポンサードリンク

Reebok (リーボック)

1895年にイギリスで誕生して以来、履く者に発見を与える機能性の高いシューズをリリースしている「リーボック」。

数あるハイテクスニーカーの中でもマニアからの評価も高かった「インスタポンプ フューリー」は、2014年に復刻版がローンチされ人気が再燃。

ファッショニスタをはじめとする著名人からの支持も厚く、軽量かつフィット感の高い履き心地が魅力となっています。

reebok
出典:http://reebok.jp

価格帯は、一足7千円台からとシリーズによってはお求めやすい値段設定。スポーツを楽しむ方は勿論、普段の装いにもマッチする靴に出会えますよ。

フィットネスやランニングに最適なモデルも多く、フットウェア以外にも各種スポーツ用品からアパレルまで、幅広い商品を提供しています。

ブランド名 Reebok
Web http://reebok.jp

MERRELL (メレル)

1981年にアメリカの靴職人によって設立された、アウトドア系のシューズメーカー。

受注によるブーツ製作がルーツのメーカーだけに、スニーカーにもその機能性を注入し、世界中で評判を呼んでいます。

また女性用は勿論、キッズラインも展開しており、家族での愛用もおすすめです。

merrell
出典:http://www.merrell.jp

人気を博す「ジャングルモック」シリーズは、足を優しく包み込むような抜群のフィット感が特長。撥水性とソールの高いグリップ力を兼ね備え、長時間の歩行も疲れ知らずなロングセラーモデルです。

その他、ハイキングや登山用に最適なトレッキングシューズも取り揃えています。

ブランド名 MERRELL
Web http://www.merrell.jp

Timberland (ティンバーランド)

1918年に靴メーカーとして米国で誕生し、現在は靴の他にアパレルにも力を入れているブランド。

70年代に人気を博したブーツをはじめ、スニーカーもアウトドア調の物からデッキタイプやハイカット、スリップオン等多彩に展開。

ブーツスニーカーと呼ばれる、分厚いミッドソールに丈夫なアッパー素材を用いた、独特のゴツさが魅力のモデルもあります。

timberland
出典:http://www.timberland.co.jp

また、代表作とも言えるヌバックレザーを使用した完全防水のイエローブーツは、世界中から長く愛されているモデル。

インソールには、衝撃を和らげ足の快適さ保つ機能を採用し、アウトドアからタウンユースまで対応するハードで存在感溢れる一足です。

アパレルは、デニムやトレーナーなどのカジュアル物から、ベルトやキャップ、靴下等の小物まで扱っています。

ブランド名 Timberland
Web http://www.timberland.co.jp

MAD FOOT (マッドフット)

2001年に創業した、原宿発のスニーカー専門ブランド。80年代のバッシュやスニーカーを彷彿させる、レトロ感のあるモデルを多くラインナップしています。

メンズだけでなく、レディース用も多数あり、厚底タイプのモデルもあります。また、ジュニア用もあるので家族皆でお揃いのスニーカーを履きたい時にもおすすめです。

madfoot
出典:http://www.madfoot.jp/

黒や白を基調としたモノトーンなタイプから、ドット柄や迷彩、ヒョウ柄などインパクトのある一足も用意。

モデルにより黄色やピンク、赤など原色を使った原宿らしい派手目な色があるのも特徴です。

メンズでも、6千円台から8千円台のものが大半。1万円でお釣りがくる価格設定は嬉しいですね。

ブランド名 MAD FOOT!
Web http://www.madfoot.jp

FRED PERRY (フレッドペリー)

1952年に創業。月桂樹をモチーフにしたアーチ形のロゴでお馴染の、イギリス発祥のブランド。

テニスウェアに始まり、後にポロシャツが人気となり、洋服ブランドとして確立。現在はスニーカーを中心に靴も展開しています。

fredperry
出典:http://www.fredperry.jp/category/FOOTWEAR/

スニーカーは、オーソドックスな形をしたローテクスニーカーや、テニスシューズ風のソールがフラットで厚めのモデルが中心。

アッパー素材には、キャンバス地やオールレザー、スエード等を使用。色は単色が多く、白や紺、茶系など全体的に爽やかで優しい印象。ローレルマークが側面に刺繍されたモデルが多くあります。

履き心地は、フィット感や伸縮性に長けており快適。通気性や抗菌性にも考慮されています。

ブランド名 FRED PERRY
Web https://www.fredperry.jp

ROCKPORT (ロックポート)

1971年に米国で革靴メーカーとして誕生。創業当時は、革靴にスニーカーのソールを合わせた、品と機能性を備えた新たなジャンルの靴を生み出して人気を集めました。

現在ではスニーカーも多分に扱っており、アッパーにレザーを用いたモデルがメインです。

rockport
出典:http://shop.rockport.jp

モデルによっては、インソールに足裏の圧を逃がす素材や、爪先にかかる負荷を軽減する素材を取り入れ、歩行時の足をより快適にしてくれます。

また、縫い目からの雨等による水分の侵入を防ぐ加工を施した、独自の防水機能を採用したモデルもあります。

フォーマルから休日のラフなスタイルも、軽快でお洒落な足元を演出する一足をお探しなら「ロックポート」がおすすめです。

ブランド名 ROCKPORT
Web http://shop.rockport.jp

もっとスニーカーブランドを見る

いかがでしたか。
スニーカーはカジュアルな服装だけでなく、カッチリ決めた服装の時にも外しとして活用できます。

履く機会が多いものだからこそ、妥協せず拘りの一足を見つけましょう。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新