loafer-brand

「ローファーブランド」学生から社会人まで履きやすい!オススメのローファー靴ブランド

ローファーは靴紐が無く、一般的には足の甲の部分とサイドのパーツをモカ縫いと呼ばれる手法で縫い合わせた構造の革靴。
また甲の部分には、装飾と補強を兼ねたサドルと呼ばれるパーツが付いているのが特徴。

今回は、学生はもちろん、仕事やプライベート用として大人にも人気が高い「ローファー」を扱うブランドに注目です。

ローファーについて

loafer_brand

ちょっぴりレトロな雰囲気を演出してくれるローファー。正装からラフなコーデまで、色んなスタイルに合わせやすいのも魅力です。

履きまわしたいならブラウンや黒系のプレーンな一足を。かちっとしたスタイルなら質感の高い黒革の一足、個性をアピールしたいなら金具の付いたビットタイプやスエードを使ったものがオススメ。

ローファーを扱うブランドも多様なので、作りや価格帯から気になる一足をじっくりお探し下さい。

スポンサードリンク

G.H.BASS (ジーエイチバス)

ghbass
出典:https://www.ghbass.com/category/g+h+bass/men/loafers+and+drivers.do

1876年アメリカで生まれ、ローファーを世に初めて送り出した老舗の靴ブランド「G.H.BASS」。

メンズとレディース共に品と高級感のあるローファーを数多く扱っており、プレーンタイプから、スニーカー風のソールのものや、タッセル付きなど幅広く展開。どのモデルも革の質感を生かした上質な見た目に仕上がっています。

ブラウンやブラックなど定番色に加え、ネイビーやバーガンディなど普段着にも合わせやすい色も多数あるので、さりげなく個性を発揮したい方にもオススメ。

またローファーの他に、本革のスニーカーや、オックスフォードタイプ等のモデルも用意されています。

ブランド名 G.H.BASS
Web https://www.ghbass.com

J.M.WESTON (ジェイエムウエストン)

jmweston
出典:http://www.jmweston.fr/jp/

フランスで1891年に誕生、120年以上も前から最高品質の靴を作り続けている「J.M.WESTON」。履き心地と見た目の上質さを両立したローファーは、現在もファンの多いアイテムです。

自社工場で伝統の技術を生かして作られる靴は、美しいフォルムと質感で高級感たっぷり!値は張りますがその分愛着も沸き、手入れをしっかりすれば長く愛用できます。

一般的な光沢のある牛革のローファーの他、希少価値の高いワニ革を使ったモデルや、柔らかいカーフスキンを使ったもの。加えてクラシカルな雰囲気がお洒落さをアップさせるスエード素材のものや、レディースではパステル調など少し個性的なモデルもあります。

ブランド名 J.M.WESTON
Web http://www.jmweston.fr/jp/

OLD PORT MOCCASIN (オールドポートモカシン)

old-port-moccasin
出典:http://www.explorer-out.co.jp/b06.php

カジュアル使いにも適した、米国発のローファー専門ブランド。

スニーカーのように気軽な感覚で履ける一番人気の「ビットローファー」は、チノパンツやデニム、スラックス等、様々なボトムとの相性も良く、幅広いファッションに取り入れ可能。

色は赤みの強いブラウン系の色がオススメで、お洒落上級者の雰囲気を演出します。
海外メーカーで、サイズ感は日本のものとは異なるので、必ず試着しましょう。

ブランド名 OLD PORT MOCCASIN
Web http://www.explorer-out.co.jp/b06.php

COLE HAAN (コールハーン)

colehaan
出典:https://www.colehaan.co.jp/products/list.php?category_id=42

1928年シカゴで誕生した、革靴を中心にレザーアイテムを主軸に扱うブランド「コールハーン」。

男性用のローファーは種類も多く、レザーソールのフォーマル向けのモデルや、軽さと歩きやすさを兼ね備えた「オリジナルグランド」シリーズのもの等様々。
女性物は、レザーの編み込みが特徴的なモデルや、スニーカー調のフラットソールのもの等、独自性の高いアイテムが並びます。

見た目にも機能性にも優れており、特に機能性については独自のテクノロジーを採用しており、軽量で足にしなやかにフィットし、きちんとした見た目でありながら楽チンな履き心地を叶えます。
素材には主に牛革を使用しており、高級感のある質感を実現しています。

ブランド名 COLE HAAN
Web https://www.colehaan.co.jp

BajoLugo (バジョルゴ)

bajolugo
出典:http://www.bajolugo.jp/category/37/

「リッチカジュアル」をコンセプトに、高級感がありながらも毎日のコーディネートに取り入れやすい、メンズ用ローファーを扱う「バジョルゴ」。

革の型押し・染めに特徴がある個性的なモデルが多いのが特徴。迷彩柄やクロコダイル型押し、ムラ染めと呼ばれるデザインなど、他では見かけない派手目なローファーが揃います。

エメラルドグリーンやピンク、ワインレッドなどメンズ物になかなか無い色を揃えているのも魅力。いつものコーデを一気にレベルアップさせてくれる一足が見つかるかも。

ブランド名 BajoLugo
Web http://www.bajolugo.jp

スポンサードリンク

HARUTA (ハルタ)

haruta
出典:https://www.haruta-shoes.co.jp/collection/ladies.html

ローファーの種類が豊富!学生からの支持も厚い、実力派メーカー「ハルタ」。

学生時代誰もが目にしたであろうお馴染のスクールローファーはじめ、ラフなスタイルに合うデザインや、お洒落なタッセル付きなど、オフにもオンにも履ける様々なローファーを揃えています。

またレディースには、デニム生地を使用したものや、イエローやラベンダーなどパステルカラーの品もあり、他では目にしない珍しい一足に出会えるかも。

ブランド名 HARUTA
Web https://www.haruta-shoes.co.jp

REGAL (リーガル)

regal
出典:http://www.regal.jp/mens-collection/regal-basic-line/

本格的で上質なローファーが揃う、アメリカ発の定番の靴ブランド「リーガル」。

足へのフィット感と深みがある大人なカラーに拘ったモデルや、程よい高さのヒールが足までスラッと綺麗に見せる「ヒールアップローファー」など、質感の高い印象的なラインナップを展開!上品にローファーを履きたい方にオススメです。

ブランド名 REGAL
Web http://www.regal.jp

SMAKE (エスメイク)

smake
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00C7HKDJM

デイリーユースにピッタリの、気軽に履けるローファーが揃う「エスメイク」。

通勤通学に最適なシンプルな合成皮革のローファーは3千円台からと、とにかく価格がリーズナブル。

ブラックやブラウンなど履きやすい色をしっかり揃えており、新生活の準備などにも重宝しそう。

ブランド名 SMAKE
Web http://www.rakuten.co.jp/smake/

レディースのみを扱うブランドはこちら

Odette e Odile (オデット エ オディール)

odette-e-odile
出典:http://www.odette-e-odile.jp/index.html

靴をメインに鞄や小物類まで広範囲に扱う、ユナイテッドアローズ系列のレディースブランド「オデット エ オディール」。
オフィス向けからヒールのある品まで、ローファーも多彩なラインナップです。

柔らかい印象のスエード素材を使用したデザインや、上品なツヤのあるエナメルまで様々なローファーを展開。太めのヒールを採用したパンプスタイプは、見た目もお洒落で歩きやすい一足。

モデルによっては22.5センチからサイズがあるので、足が小さい女性も要チェックです。

ブランド名 Odette e Odile
Web http://www.odette-e-odile.jp/index.html

ORiental TRaffic (オリエンタルトラフィック)

orientaltraffic-loafer
出典:http://www.orientaltraffic.com/

常に豊富な靴を揃えている「オリエンタルトラフィック」。デザインはもちろんサイズの展開が幅広いのも魅力。

ポインテッドタイプやタッセル付きといったベーシックなローファーはもちろん、モコモコで可愛いファー付きの一足や、気軽に履けて見た目もお洒落な「バックオープンローファー」等、個性豊かに展開。

サイズは全商品22から26センチまで揃えているので、足のサイズを気にせずタイプな一足を選べますね。

ブランド名 ORiental TRaffic
Web http://www.orientaltraffic.com

いかがでしたか。
靴紐を結ぶ必要が無いので、履くのも脱ぐのも楽ちんなのが魅力。

シンプルでどんな服装にも合わせやすい「ローファー」のお気に入りブランドを見つけて、足元のお洒落をもっと楽しみましょう。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

ポケット はてブ
更新