leather-goods-brand

【革製品ブランド】職人の技術が光る!上質なレザー小物を作るメーカー17選

革製品は、吸いつくような手触りや独特の香りの素晴らしさをはじめ、使用するにつれ風合いの変化が楽しめる点も秀逸である。また、それらを製造・販売しているブランドは、国内だけでも多分に存在します。

豊かなアイディアと革の特性を生かした小物の数々は、メーカーごとに表情が異なりとても魅力的。

今回は、定番の財布や鞄をはじめ、場合によっては他にも色んなレザー小物を作っている「革製品ブランド」に注目します。

革製品について

おしゃれ好きな方が拘りを持って選ぶことの多い「革小物」。高価な品が多い分、長く愛用する方が多いのも特徴です。

ラフなコーデにも、質感の高い革製品を合わせることでグッと大人っぽく上品になりますよ。

leather-goods

バッグやお財布といった定番品から、頻繁に使うことが多いICカードケースや手帳ケース等、各ブランドごとに扱っている製品に違いはあります。

革材料や縫製にも着目して、ずっと大事に出来るとびきりのレザーアイテムをお探し下さい。

スポンサードリンク

二宮五郎商店

伝統の技術を駆使して、クオリティの高いオーダーメイドの革製品を製作!

40年以上も受け継がれている「風琴マチ技法」という伝統製法で生み出される品々には、気品と高級感が漂っています。

ninomiya-goro
出典:http://www.nino.co.jp/

フルオーダー式なので、世界に一つしかないレザー小物を作ってもらえますよ。

製造だけでなく素材の選定も職人さんが行っているので、革の品質も確かなんです。

ブランド名 二宮五郎商店
Web http://www.nino.co.jp

BELLROY (ベルロイ)

ディティールまで完成度が高く、シンプルながら愛着の湧く革製品に出会えます。

”スマート”をテーマに革製品を製作しており、スリムな設計のお財布や、鍵をスッキリ収納できるキーケースが主力商品。

人気のスマートフォンケースは、カード類も一緒に収納可能なのが特徴で、タイプも数種類あります。

bellroy
出典:https://bellroy.com/

素材には、使い込んだ後の革の肌理や色をも考慮した上質なカスタムレザーを使用。

無駄な厚みの無いスリムな見た目と、長持ちする丈夫さを兼ね備えています。

ブランド名 BELLROY
Web https://bellroy.com

文庫屋大関 (ブンコヤ オオゼキ)

芸術品のように美しい、独特の柄が描かれたレザー小物を販売中!

長い歴史のある「姫路革細工」という製法を元に、細やかで繊細な革製品を製造。

bunkoya_ozeki
出典:http://www.bunkoya.com/

そのちょっぴりレトロなデザインは、他では中々出会えないようなアーティスティックな雰囲気が醸し出されています。

お財布は勿論、小物入れや印鑑入れ等、日常的に使える品を揃えています。

ブランド名 文庫屋大関
Web http://www.bunkoya.com

BROOKLYN (ブルックリン)

1979年に日本で創業。上質なレザー小物を数多く生み出しています。

素材には、オリジナルレザーである「ヤマト」と名付けられた革を主に使用。破れにくく丈夫で、質感も良く手にも自然に馴染みます。

brooklyn
出典:http://www.brooklyn.co.jp/

特に人気の財布類は、種類豊富に用意。色味も明るめから渋い色まで幅広くあるので、あらゆる年代の方にマッチするでしょう。

若い方におすすめのペンケース等のステーショナリーや、贈り物にピッタリのワインバッグもありますよ。

ブランド名 BROOKLYN
Web http://www.brooklyn.co.jp/

スポンサードリンク

HERGOPOCH (エルゴポック)

昭和35年より長年鞄作りを行ってきたメーカー「キヨモト」が、2005年にオリジナルラインとして立ち上げたブランド。

デザインや裁縫をはじめ、素材の生産も国内で行っている徹底した拘りを守っています。

その為、繊細で上質な質感と、使っていて安心感のある高いクオリティを実現しています。

hergopoch
出典:http://www.hergopoch.com/

鞄はブリーフケースやトートなどベーシックな製品の他、トレンドを抑えたクラッチバッグも展開。その他、IDカードケースも人気です。

ブランド名 HERGOPOCH
Web http://www1.hergopoch.com

協伸 KYOHSHIN

バッグや財布といったファッション小物は勿論、クラフト材料として使う”革そのもの”の販売も行っている珍しいメーカー。

製品はどれも本革を使用した本格的な品々ですが、価格が比較的お求めやすいのがポイント。

kyohshin
出典:http://shop.kyohshin.net/

男性用は、程よい収納力と軽快性に優れたボディバッグやウエストバッグが人気。

女性用は、荷物がいっぱい入るトートタイプが中心。長く使える素材の良さを生かした鞄が揃っています。

クラフト材料も扱っており、手頃な価格で多彩な色の革を販売しています。

ブランド名 協伸
Web http://shop.kyohshin.net

British Green (ブリティッシュグリーン)

編み込みやカービングを施した革財布をはじめ、ブリティッシュ風の鞄も人気なブランドです。

素材には、”ブライドルレザー”と呼ばれるイギリス製の上質な革を使用。とても丈夫で、使い続ければ特有の味が出るのが特徴です。

britishgreen
出典:http://britishgreen.jp/

特に財布は長く使えば使うほど、手に馴染んでくる感覚を味わえるでしょう。

”オイルドレザー”と”コットンキャンバス”を使用したバッグは、高級感と機能性を備えた秀逸な品。ショルダータイプもありアクティブに動きたい場面でも重宝しますよ。

ブランド名 British Green
Web http://britishgreen.jp

m+ (エムピウ)

2001年にデビューした日本の革小物ブランド。プレーンな見た目ながら、味のある逸品が揃っています。

素材には良質なレザーを贅沢に使用。その為、使い続けるほどに味が出てくる、革製品特有の醍醐味を十分堪能できます。

mpiu
出典:http://m-piu.com/

同じデザインでも、一点ごとに微妙に違った表情が見て取れる点もプレミア感があって良いですね。

バッグや財布といった定番は勿論、ブレスレットやアンクレットとして付けられるアクセサリーや、ゴムを合わせて使いやすく仕上げたバンド等、思わず手に取りたくなる小物類も扱っています。

ブランド名 m+
Web http://m-piu.com

piccino (ピッチーノ)

扱う商品は全て国内にて製造。品揃えの豊かさも魅力な革製品の工房です。

製造は、山梨県にある「あけの工房」にて熟練の職人さん達が担当。

素材は、国内だけでなく国外の良質なものも視野に入れ仕入れており、上質な品を作り上げています。

piccino
出典:http://www.piccino.jp/

特に商品数が豊富なバッグは、ビジネスタイプやトートタイプだけでなく、リュックやショルダーなど様々な形を製作。

財布も、定番のラウンド型からコンパクトな二つ折りタイプ、コインケースまで幅広くあります。

ブランド名 piccino
Web http://www.piccino.jp

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新