vegetable-slicer

【スライサー】野菜・果物の薄切りに活躍するおすすめのスライサー8選

スライサーは、板の中程に刃を設け、食材を板の上に当てながら滑らすことで食材を薄切りにする調理器具。

一昔前までは、おろし金を兼ねた両面仕様が主流でしたが、最近ではより切れ味と安全性を向上させた高品質なモデルが人気です。

今回は、何の抵抗もなく快適に食材を薄く切れるおすすめの「スライサー」をご紹介。

スライサーについて

vegetable_slicer

料理の下ごしらえは、意外にも手間がかかるもの。食材の数が多ければ多い程、切る工程が増えますよね。
そんな毎日の下ごしらえを、数段手早くかつ上手に仕上げる為に便利なのが「スライサー」。

板の上で野菜を引いたり押したりするだけで、綺麗な薄切りをはじめ、キャベツ等であれば千切りだってあっという間に完了!包丁で切るよりも格段に調理スピードが上がります。

また製品によっては、誤って指を切らない為の工夫や、切り方のパターンが複数用意されていたりと多機能なものもあるんです。
時短になるだけではなく、いつもの料理がより美しく作れるのも利点です!

スポンサードリンク

OXO ハンディスライサー

oxo-handy-slicer
出典:https://www.oxojapan.com/hand-held-mandoline-slicer

オクソーの特長である上質感の高い構造と、細部まで気の利いた工夫の数々が光るスライサー。

右側のレバーを前後に動かせば、1ミリから2.5、4ミリと3段階の厚さ調節が可能。また、板の手前部分が透明な樹脂でできていて、切ったものが目で確認できるのも便利!

切れ味が衰えにくい硬質な鋼を刃に採用する事で、抵抗のない滑らかな動作を叶えています。

商品名 ハンディスライサー
ブランド名 OXO
価格の目安 3,000円+税

関孫六 ワイドキャベツスライサー

sekimagoroku-wide-cabbage-slicer
出典:http://www.kai-group.com/store/products/detail/5244

鋭い切れ味を表す代名詞的ワードとも言える、名刀工「孫六」の名に相応しいカット力を持つスライサー。

刃には如何にも切れそうな「刃文」が描かれており、職人仕上げの刃物の如く高級感が漂っています。

板の幅が12センチ以上あり、人参や胡瓜をはじめ、キャベツやレタスのような大きな野菜にも対応!

商品名 ワイドキャベツスライサー (ガード付)
メーカー/ブランド名 貝印 / 関孫六
価格の目安 1,800円+税

愛工業 Qシリーズ 薄切り

qseries-slicer
出典:http://www.okaka7.com/cookingUtensil/16.html

明るいトーンの黄色い本体が異彩を放つ、安価の割に高精度な作りが評判のスライサー。

鰹節の様な硬い食品を削る機械を製造するメーカーの製品だけに、刃には耐久度の高い鋼材を採用し、刃持ちの良さと軽い力でのスライスを叶えました。

幅8センチ強とスライサーの中ではスリムな設計なので、収納場所を選びません。

商品名 野菜調理器Qシリーズ 薄切り
メーカー名 愛工業
価格の目安 650円+税

スーパーキャベツスライサー

super-cabbage-slicer
出典:http://smilezakka.jp/goods_756xxx.html

他にはない波状の刃を開発!野菜と刃の触れる瞬間が面ではなく点なので、刃の入りが特段に良好で快適に千切りができます。

ボックスティッシュと同等のサイズ感で、大きな葉物野菜も切らずにそのまま厚さ1ミリ程度にスライス可能!
指を守るホルダー付きで、無駄なく最後まで野菜を使い切れます。

商品名 スーパーキャベツスライサー
ブランド名 アーネスト
価格の目安 1,885円+税

スポンサードリンク

貝印 チタン スライサー

kai-titan-slicer
出典:http://www.kai-group.com/store/products/detail/6953

金属イオンが出にくいチタンを刃に使った一品。刃こぼれしにくく、更に耐腐食性にも長けており、安全に長く使えます。

色は質感の高いオフホワイト。本体には厚みがしっかりとあり、裏側には受け皿の縁に引っ掛けて滑りを防ぐ為の溝を切っています。

柄は角を取り丸みを持たせて握りやすさを向上させています。

商品名 チタン スライサー (ガード付)
メーカー名 貝印
価格の目安 1,500円+税

ベジクラ やさい厚さ自在スライサー

vege-cra-jizai-slicer
出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01COWZFHE

裏に付いたスライダーを左右に動かすだけで、簡単に食材の厚さを調節できる緑色のスライサー。

最大で4ミリ程から1ミリ以下の厚さまで可変可能。玉葱を最後まで安全に薄切りにできる、持ち手ガードも付属しています。

商品名 やさい厚さ自在スライサー (C-295)
メーカー/シリーズ名 パール金属 / ベジクラ
価格の目安 1,400円+税

ベンリナー

benriner
出典:http://www.benriner.co.jp/products/products01.html

硬さのある野菜は勿論、柔らかい果物のスライスもお手の物な良質なスライサーとしての顔に加え、付属の替え刃を取り付ければ千切りマシンにも早変わりするロングヒット商品。

角張ったフォルムがレトロ感を感じさせる見た目とは裏腹に、切るものの厚さを無段階に可変できたり、刃の付け替えにより3種の太さに千切りできたりと機能性は最先端。刃の作りが剃刀の様な薄手ではなく分厚くしっかりした作りなので使っていて安心感もあります。

一番のポイントは、自在に厚さの調節ができる点。輪切りをはじめ、なます等を作るのにもってこいな細切りから、刺身のツマのような超細切りまで、様々な切り方がこれ一つでできます。

日本製で品質が確かなのも長く愛されてきた理由!プラスチック製ですが強度もあります。

商品名 / メーカー名 ベンリナー (万能野菜調理器)
価格の目安 2,700円前後

貝印 キャベツスライサー

cabbage-slicer
出典:http://www.kai-group.com/store/products/detail/6954

一般的なサイズと比べると二回り以上大きい半業務用のスライサー。
色は、本体と付属のガード共に白で清潔感があります。

裏面には溝があり、大きいボウルの縁にもピタリとはまるので、安定して操作可能。柄に若干の角度が付いていて、支えやすくもなっています。

豚カツ屋さんで出てくるような、ふんわり細やかなキャベツの千切りが、お家で出来たら素敵だと思いませんか?
そんな理想を叶えてくれるのがこちら。斜めに配置された刃が繊維を潰さずに切れるので、スムーズにふわふわした千切りが作れます。

刃幅が広めになっているのも特徴で、半分に切ったキャベツや太めの大根等、大きい食材も切りやすいです。
野菜を固定するホルダーが付属する為、食材が小さくなっても安全に削れます。

商品名 キャベツスライサー
メーカー名 貝印
価格の目安 1,500円+税

いかがでしたか。
100均のものでは成し得ない、アッと驚く切れ味を提供してくれる製品ばかり。指の怪我を防ぐプロテクター付のものや、切り方を変えられるもの等種類も様々です。
あなたもスライサーを活用して料理の幅を更に広げませんか!

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新