kyoto-sento

【京都銭湯】京都市内にあるオススメのスーパー銭湯

観光地として全国でも屈指の人気を誇る「京都」。
神社やお寺など様々な名所を巡ったあとは「スーパー銭湯」で汗を流して、疲れを癒すのがオススメ!
京都市内には、駅から徒歩数分にあるアクセスの良い銭湯や濃度の濃い天然温泉が楽しめる銭湯などオススメしたい店舗が様々あります。
そこで、京都市内にある人気のスーパー銭湯をご紹介します。

スポンサードリンク

さがの温泉 天山の湯 (右京区)

tenzannoyu
出典:http://www.ndg.jp/tenzan/floor.html

地下1200メートルから湧き出る天然温泉で、泉質が海水に近い塩化物泉で、源泉を加水せずに加温のみで提供しています。
源泉足湯やセラミック足湯、露天風呂、男女別に様々な種類のサウナがあるのも特徴です。
館内ではタイ式マッサージや韓国アカスリ、エステなどの施設が利用でき、休憩コーナーでは漫画が読み放題です。
フレッシュジュースカウンターやお食事処も充実しています。

saganoonsen-tenzan
出典:http://www.ndg.jp/tenzan/floor.html

京都では珍しい高濃度の「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」で、療養泉の基準を満たしています。
源泉として必須物質である6種類が溶け込んだ、約31度の天然温泉です。
露天風呂や壷湯、ジェットバスや数種類のサウナをはじめ、2種類の足湯も人気。
土曜・日曜には、低温で長くゆったり入れる炭酸泉にも入れます。

リラクゼーション施設として、「マッサージ・タイ古式」「エステティック」「韓国式あかすり」があります。
お食事処「京都だいにんぐ」では、本格的な和食からカジュアルな洋食まで、幅広いメニューがあり、ゆっくりと召し上がることができます。
フロントの横では、フレッシュジュースや季節のジェラードやパフェを楽しむことができます。湯上りの身体に染み渡りますよ!
場所は、観光地である嵐山と太秦の間にあるので、観光の合間にもご利用しやすいと思います。
疲れた身体を癒してみてはいかがでしょうか?

銭湯名 さがの温泉 天山の湯
住所 京都市右京区嵯峨野宮ノ元町55-4-7
電話番号 075-882-4126
料金の目安 1050円 (会員割あり)
ホームページ http://www.ndg.jp/tenzan/

京都タワー大浴場 YUU (下京区)

kyoto-tower-yuu
出典:https://www.kyoto-tower.co.jp/floorguide/spa.html

京都駅のすぐそばにある京都タワーの中にはなんと温泉施設があるのをご存知でしょうか?
地下3階にあるこちらの温浴施設は、朝7時から入浴することができます。
女性用の浴槽は御影石でできた何ともモダンなスタイルで、男性用は中央にハート形の浴槽とどちもなみなみとお湯が溢れていて体の芯から疲れを癒してくれるはずです。
旅の終わりや始まりにまずは、ひとっ風呂というのもなかなかいいかもしれません。

kyototower-yuu
出典:https://www.kyoto-tower.co.jp/floorguide/spa.html

こちらのお風呂が重宝する理由は、何といっても京都駅が目の前という好立地なところ!
さらに朝7時から営業しているので、高速バスの旅などで早朝に到着しても、そのままのんびりと寛げるとても便利なお風呂です。
お風呂の後は、そのままビル内で食事や買い物も楽しめます。
地上100メートルの展望室まで登れば、古都京都の街並みが一望できます。

銭湯名 京都タワー大浴場 YUU
住所 京都市下京区烏丸通七条下ル 東塩小路町 721-1 京都タワービルB3F
電話番号 075-361-3215
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 890円
ホームページ https://www.kyoto-tower.co.jp/floorguide/spa.html

貴船温泉 水源の森 天山之湯 (左京区)

kibune-tenzannoyu
出典:http://www.kibune-tenzan.jp/onsen/

奥京都にある、京都ならではのおもてなしをする天山之湯は、貴船温泉での風物詩である川床が有名です。
こちらの温泉は、嵯峨野の地下より1200メートルからの良質な天然温泉を使用しております。
カルシウム等を含むミネラルが豊富で、信楽焼や檜を使用した水源の湯、昼夜問わずに広い空を眺めることのできる森林の湯の2つの温泉を用意しています。
館内には、温泉の他に、ゆっくりくつろげる休憩広間や御食事スペース、リラクゼーションやお土産売り場を設けており、非日常的なリラックスを堪能できます。

銭湯名 貴船温泉 水源の森 天山之湯
住所 京都市左京区鞍馬貴船町18-2
電話番号 075-741-5555
料金の目安 平日 1500円 / 土日祝 1600円
ホームページ http://www.kibune-tenzan.jp

京都桂温泉 仁左衛門の湯 (西京区)

nizaemonnoyu
出典:http://www.nizaemon.com/info/info.html

京都桂温泉 仁左衛門の湯の魅力は、何といっても「空蝉と藤壺」2種類の源泉かけ流しのお湯が楽しめる露天風呂です。
その昔お公家様も眺めていたといわれる桂の月を望める岩風呂と庭園風呂の二つを堪能できます。自然を感じながら、ぬるいお湯と熱いお湯の二つのお湯でのんびりとリラックス。
お風呂のあとはお肌もしっとりすべすべです。
壱の湯は単純泉で仁の湯は炭酸水素塩泉はどちらも神経痛や肩こりなどに効果のある温泉です。
溶岩浴・ブラックシリカ・麦飯石の3種類の岩盤浴は大量の汗を促してくれてデトックスにはもってこいの場所です。
お風呂や岩盤浴で思いっきり汗をかいたら休憩スペースでゴロリと横になることも出来ます。
1500冊もある漫画で時間を忘れてしまいそうになります。

nizaemon-noyu
出典:http://www.nizaemon.com/info/info.html

西京区の三ノ宮神社の麓に「仁左衛門の湯」はあります。無料駐車場200台完備です。
薬効豊かな2種類の源泉かけ流し温泉です。
ひとつめは低張性弱アルカリ性単純泉でこちら低温泉です。
もうひとつは、低張性ナトリウム塩化物炭酸水素塩温泉で弱アルカリの高温泉です。効能は神経痛・筋肉痛など。
お風呂は男女入れ替え制で、露天風呂はヒノキ風呂と岩風呂が交代で楽しめます。
また、3種類の岩盤浴があります。

銭湯名 京都桂温泉 仁左衛門の湯
住所 京都市西京区樫原盆山5
電話番号 075-393-4500
料金の目安 平日 700円 / 土日祝 850円 (会員割あり)
ホームページ http://www.nizaemon.com

玉光湯 ひじりのね (伏見区)

hijirinone
出典:http://hijirinone.com/hijirinone/fushimi/spa.html

玉光湯ひじりのねでは朝8時から天然温泉を十分に堪能することができます。
美人の湯としても有名な炭酸水素の泉質は入浴後に肌がツルツルになること請け合いです。
高濃度の炭酸風呂や露天風呂、塩サウナなど数種類のお風呂があり朝から夜までじっくりと温泉を楽しむことができます。
ゲームコーナやお土産コーナーなどもあって家族みんなで出かけるには最高の場所です。
遠くの温泉地よりも近場のスーパー銭湯が一番ですね。

銭湯名 玉光湯 ひじりのね 伏見店
住所 京都市伏見区羽束師菱川町678
電話番号 075-925-1126
料金の目安 平日 650円 / 土日祝 750円
ホームページ http://hijirinone.com

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新