osaka-sento

【大阪銭湯】府内で人気なスーパー銭湯 おすすめ16選

大阪府内のスーパー銭湯は、全国的に見ても規模が大きく豪華な作りの店舗が多い印象。

湯にも拘りが見られ、泉質の良い温泉をはじめ、定番になりつつある炭酸泉を導入している所も少なくありません。

また料金に関しては、平均して大人1名700円前後と東京と比べると安く利用できます。

今回は、都心部だけでなく府内全域からおすすめの「スーパー銭湯」を厳選してご紹介!

大阪の銭湯事情

都道府県の中で、東京と一二を争うほど銭湯の店舗数が多い大阪府。特に「大阪市」の浴場密度は全国の市の中で圧倒的に1位。

その訳は、昭和の頃に浴室を設置した住居の割合が低かった為、公衆浴場の普及につながったそう。そんな事もあり、今でも銭湯ファンが多い地域でもあるんです。

osaka_sento

そして昭和後期以降になると、入浴するだけの浴場から規模をより大きくし、岩盤浴や休憩スペース等の付加価値を加えた所謂「スーパー銭湯」も増え始めました。

現在府内では、有名温泉地にも比肩する良質な泉質の湯を引いた施設をはじめ、テーマパーク型のスケールの大きなスパ等、沢山の魅力ある湯処が存在しています。

スポンサードリンク

スパワールド (浪速区)

スーパー銭湯とプール、加えてホテルとスポーツジムを組み合わせた巨大な複合型スパ施設。

場所は「動物園前」駅から徒歩1分、通天閣がある新世界からも近い所にあります。

スパエリアのお風呂は、西洋特有の気品に満ち溢れた「ヨーロッパ」エリアと、中東や日本、バリ等をテーマにした「アジア」エリアの2か所で構成されていて、月ごとに男女で入れ替えとなっています。

サウナに関しても非常に充実しており、定番の塩やスチームのサウナ室に加え、女性なら「泥エステ」を行っている部屋も利用可能!
泥パックしながら汗をかけるというなんとも贅沢な体験ができます。

spaworld-osaka
出典:http://www.spaworld.co.jp/onsen/nippon-keiryu.html

また岩盤浴は、世界各国の特徴を反映させた8つの部屋を用意。
ピラミッドを構成する石と同等の石が使われた「エジプト」や、大きな地球のオブジェを中央に配置した幻想的な「トルコ」等があります。

何度訪れても毎回違った楽しみ方ができる、正にワールドワイドな施設です。

施設名 スパワールド世界の大温泉
住所 大阪市浪速区恵美須東3-4-24
電話番号 06-6631-0001
料金の目安 平日 2700円 (割引あり) 要確認

延羽の湯 鶴橋店

鶴橋駅より徒歩5分圏内。入口に櫓や瓦葺屋根の門、竹林を配置し、街中にあるとは感じさせない風情ある佇まいで展開する銭湯。

人気の露天ゾーンには、まるで山の中にいるような気分にさせてくれる岩風呂や、立ちながら入浴する「立ち湯」、信楽焼きの大きな壺の湯等があります。

また、炭酸泉は人肌に馴染む高い炭酸濃度で、肩こりや腰痛、冷え症や婦人病等に効果的です。

そしてこちらの目玉は、室数豊富な貸切風呂。家族だけのプライベートな空間には、専用の湯舟と寛ぎ処を完備。旅館を彷彿させる情緒のある部屋が全11室用意されています。

また、別途料金はかかりますが、低温サウナや休憩室のある「薬石汗蒸房」も売りの一つ。女性に嬉しい岩盤浴も数種類ありますし、4千冊の漫画が用意された広い雑魚寝スペースもあります。

nobeha-tsuruhashi
出典:http://www.nobuta123.co.jp/nobehatsuruhashi/bath/index.html

その他、食事処や散髪店、マッサージ店等、設備も充実。年中無休で深夜2時まで営業している為、一日中ゆっくりと寛ぐ事ができますし、仕事終わりにも利用できますね。
あなたも健康と癒しを求めて訪れてみては?

銭湯名 延羽の湯 鶴橋店
住所 大阪市東成区玉津3-13-41
電話番号 06-4259-1126
料金の目安 850円

一休 (此花区)

「USJ」のある此花区は「此花通」沿いにある、「石」と「木」2つの異なるコンセプトを反映した浴室を男女日替わりで楽しめる銭湯。

浴槽から溢れた湯を濾過して再利用する循環式をあえて採用せず、徹底して源泉掛け流しに拘っているのが何よりの魅力です。

iikyu-sento-osaka
出典:http://www.onsen19.com/iky_kinoyu.html

木を多用して和を感じさせる「木のゆ」には、珍しい檜でできた風呂や打たせ湯があります。

重々しい岩が自然の豊かさを思わせる「石のゆ」には、岩を削り作られた湯舟や陶器製の壺湯があります。

また、施設内には、和洋中の料理を提供するレストランをはじめ、畳の上で寛げる休憩コーナー、顔のマッサージが受けられる理容店もあり、風呂上りも充実した時間を過ごせます。

2つの浴場があり、毎日男湯と女湯が入れ替わります。

銭湯名 上方温泉 一休
住所 大阪市此花区酉島5-9-31
電話番号 06-6467-1519
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 850円

万博おゆば (吹田市)

「太陽の塔」で有名な万博記念公園の西側に位置する銭湯。

700m地中より引いた「塩化物泉」は、珍しい「中性」で肌に優しい泉質。筋肉痛や擦り傷等に効果的です。

非常に広い露天エリアには、幾つもの段差を設けた石積みの湯や、源泉の湯等があります。

周囲を木々に覆われているので、自然の中にいるような気分に浸れますよ。

oyuba-banpaku
出典:http://oyuba.com/banpaku/?page_id=6

また、内湯には強めのジェットバスや炭酸泉、サウナを完備。女湯の露天には塩サウナもあり、代謝を促しつつリフレッシュできます。

汗を流した後は、本格料理を提供するレストラン「鶴亀」で、食べ応え満点の料理を堪能すれば、ちょっとした温泉旅行気分に浸れます。

銭湯名 源気温泉 万博おゆば
住所 吹田市千里万博公園11-11
電話番号 06-6816-2600
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 800円 (会員割あり)

りんくうの湯 (泉佐野市)

商業施設や観覧車、アウトレットもある「りんくうタウン」駅よりすぐにあるスーパー銭湯。関西空港からも一駅と利用しやすい場所にあります。

雄大な空を眺めながら入れる露天風呂をはじめ、休憩所に漫画が3万冊もあったりと見所は沢山ありますが、一番の魅力は岩盤浴の種類が多くスペースも広い事。

丸みを帯び黒光りした石が敷き詰められた「ゲルマ浴」は、負担のない発汗や体質改善を促してくれますし、疲労回復を狙うのであれば「岩塩浴」といった具合に、目的に合わせて4つの部屋から選べます。

ちなみに岩盤浴を利用した場合には、マッサージ機が無料で使えるという特典も!

rinkunoyu-osaka
出典:https://goo.gl/4SHohZ

また、テレビ付きのソファが沢山並んだ休憩室や、ネットに繋がったパソコンが数台置かれたブース等、その他の設備も充実。漫画や雑誌の品揃えも豊富なので、ネットカフェのような使い方もできます。

銭湯名 岩塩温泉 りんくうの湯
住所 泉佐野市りんくう往来南3-1 りんくうプレジャータウンシークル2F
電話番号 072-469-4126
料金の目安 620円

スポンサードリンク

祥風苑 (高槻市)

茨木や高槻のICから車で20分程、「摂津峡公園」へと続く長閑な通りにある湯処。

温泉好きをも唸らす泉質が自慢で、濁りはないものの重曹成分が非常に濃く、療養泉の認定も受けています。入浴すると肌が柔らかくなり艶が出たように感じることも!

館内は、1階に受付や食事処があり、2階に浴場、3階が一番の売りである眺めの良い露天風呂となっています。

syofuen
出典:http://www.syofuen.co.jp/

また、家族だけで貸切できる風呂も用意。露天と内湯の2つの湯舟があり、90分間利用できます。

その他、オイルマッサージや足裏のツボ押し等を行っているコーナーもあります。

温泉の重曹の量は、温泉法で定められている量の約2.5倍もあり、大阪ではトップとなっています。

銭湯名 美人湯 祥風苑
住所 高槻市塚脇4-20-3
電話番号 072-689-6700
料金の目安 850円 (会員割あり)

さらさのゆ (堺市)

地下深くから湧き出た塩分の濃い「塩化物泉」に入れる銭湯。場所は、「北花田駅」や「堺市駅」から徒歩圏内、金岡公園近くの住宅街にあります。

温泉には、太古の昔に地中に閉じ込められた海水の成分が含まれており、ミネラル分が潤沢で高い効能が期待できます。

男女合わせて計17種類の湯があり、中でも一押しは外にある丸くて広い源泉掛け流しの湯。赤茶色に濁っており、噴出口の岩周辺が変色している事からも成分の濃さが想像できます。

sarasanoyu-osaka
出典:https://goo.gl/ZXUX7l

また、蒸気に薬草を混ぜたスチームサウナや、肌の美容に効果的なナノバブルバス等の女性に嬉しい設備があるのも人気の理由です。

曜日ごとに男女入れ替わり制になっているので、1日に楽しめる湯舟は7から8種類になります。

銭湯名 蔵前温泉 さらさのゆ
住所 堺市北区蔵前町1-3-5
電話番号 072-252-1533
料金の目安 650円

延羽の湯 羽曳野店

見晴らしの良い「石川」の河川敷沿いにある、古き良き日本の趣を感じさせる湯処。

羽曳野ICから「南阪奈道路」を通り、石川の手前を右折した先にあります。

浴場内は、山奥の高級旅館を連想させるハイレベルな設計となっており、岩の配置一つとっても拘りが感じられます。

nobeha-habikino
出典:http://goo.gl/VwsPdd

別料金の岩盤エリアには、5種類のサウナルームと、大量の漫画が置かれた休憩ゾーンとに分かれており、こちらも贅沢な仕様。

また、「離楽房」と呼ばれるリクライニングシートが設置されている部屋では、フットケアを受ける事も可能。色々な角度から、日頃の生活で溜まる疲れを癒せます。

銭湯名 延羽の湯 羽曳野店
住所 羽曳野市広瀬186-3
電話番号 072-950-1126
料金の目安 850円

虹の湯 大阪狭山店

これまでの「スーパー銭湯」のイメージとは大きく異なる、高級リゾートのような雰囲気がある銭湯。

特徴的な設備の一つに「壺風呂」という卵形の湯舟があります。人間工学に基づいた、身体を包み込むような形をしており、よりリラックスできる体勢で湯に浸かれます。

その他にも、肌がツルツルになると評判の「美泡湯」や、女湯限定の岩盤塩ミストサウナ等、美容に嬉しい設備が整っています。

nijinoyu-osaka
出典:https://goo.gl/97woR5

また、家族連れの方には予約制の貸切風呂もおすすめ。全8室用意されており、浴室に加え、自宅のように寛げるカウチが置かれた部屋がセットになっています。

場所は、「北野田」駅から徒歩20分程、三原南ICから車で6分の場所にあります。

銭湯名 虹の湯 大阪狭山店
住所 大阪狭山市東野西2-837
電話番号 072-365-4126
料金の目安 750円

スパバレイ枚方南

「枚方学研IC」近くの高台にあり、露天からの眺望の良さで人気を博する銭湯。思い思いの時を過ごせる空間です。

湯は単純泉の運び湯で、温泉特有の香りがほのかにし、肌あたりはまろやか。目玉である露天風呂には、大きな岩風呂と3つの壺湯があります。

supabarei
出典:http://www.hirakata-u.com/onsen/

また、2種類の岩盤浴や低温サウナ、木の香りが心地よい「浴房」等も完備。

その他、整体や足つぼができるほぐし処や、手頃な料金のカットサロンも。食事処では平日限定でランチバイキングも行っています。

銭湯名 スパバレイ枚方南
住所 枚方市津田山手1-24-1
電話番号 072-808-4126
料金の目安 440円

水春 (箕面市)

「新御堂筋」から少し入った「ビーバーワールド箕面船場店」の2階に店を構える銭湯。

療養泉の基準をクリアした上質な温泉を地下1200mから汲み上げています。

大阪では珍しい重曹泉で、冷え性や五十肩等、あらゆる症状に効果的なんだそう。

湯舟の種類は全17種類あり、中でも内湯にあるかなり広い炭酸泉は一二を争う人気の湯舟。若干ぬるめな温度に設定されていて、長い時間入浴しても体に負担がかかりにくいんです。

suisyun-mino
出典:http://suisyun.jp/mino/oyu.html

また、微細な気泡を発生させる装置を導入し、乳白色に濁った「ミルキー風呂」も登場。気泡が肌に密着して美肌効果を促進します。

土日祝は、朝6時からオープンするので、朝風呂も堪能できます。

銭湯名 箕面湯元 水春
住所 箕面市船場東3-13-11
電話番号 072-726-4126
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 800円

スポンサードリンク

スパスミノエ (住之江区)

「住之江公園」駅から歩いて3分、ボウリングやゴルフが体験できる複合施設に隣接したスーパー銭湯。

浴場は、森林の中の隠れ家のような「森のつぼ湯」と、日本庭園に迷い込んだかのような「竹林の湯」があり、男女で週ごとに入れ替わります。

spa-suminoe
出典:http://www.spasuminoe.jp/hotspring/chikurinnoyu.html

内湯はどちらも9種類と豊富で、中でも「うきうき風呂」というジェットバスのお風呂には注目!底から強力なジェットを噴射しており、体が浮き上がるようなユニークな体験ができます。

銭湯名 天然露天温泉 スパスミノエ
住所 大阪市住之江区泉1-1-82
電話番号 06-6685-1126
料金の目安 平日 650円 / 土日祝 750円

極楽湯 吹田店

岸辺駅よりすぐ、駅前の大型店が密集するエリアにある全国規模の銭湯チェーン「極楽湯」の吹田店です。正雀駅からも徒歩圏内と交通の便は最高です。

メディアでも多く取り上げられるので、連日足を運ぶ人が絶えません。
2015年12月より炭酸線が導入され、ますます人気を高めています。

gokurakuyu-suita
出典:http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/ofuro/suita/

一歩店内に足を踏み入れると、スーパー銭湯というより、温泉旅館のような落ち着いた雰囲気。

露天風呂は正に温泉地を思わせる本格的な作りで、大きな木製の櫓や岩風呂が風情を演出しています。

また、女性の入館料が安くなる「レディースデー」や、朝風呂がお得に入浴出来る「朝風呂デー」等、お得なイベントを定期的に行っているので、事前にチェックして出掛けるのがおすすめです。

銭湯名 極楽湯 吹田店
住所 吹田市岸部南1-2-1
電話番号 06-6382-9926
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 800円 (会員割あり)

なにわの湯 (北区)

「天神橋筋六丁目駅」より徒歩圏内、「城北公園通」にある赤い円柱状の構造物が目立つ巨大な建物こそ「なにわの湯」。

地下約660mから「炭酸水素塩泉」の源泉を引いており、肌の古くなった角質を除去したり、乳化作用があるので、「美人湯」とも呼ばれているそう。

露天には、源泉掛け流しの櫓風呂をはじめ、横に広い岩風呂や、背中のツボを刺激しながら寝そべれる「寝湯」等があります。

所々に草木が植えられていて、時間を忘れ見も心も癒されること間違いありません。

naniwanoyu
出典:http://www.naniwanoyu.com/information/facilities.html

また、食事処は非常に充実しており、和食を中心に提供している座敷の所や、本格蕎麦が売りのフードコート、更に拘りの肉を提供する焼き肉店等があります。

その他、エステや整体、床屋も完備されています。

尚、タオルや歯ブラシ等は有料で用意されているので、手ぶらで気軽に行けます。

銭湯名 なにわの湯
住所 大阪市北区長柄西1-7-31 遊湯パークビル8F
電話番号 06-6882-4126
料金の目安 800円

水春 (鶴見緑地)

花博通りから少し入った、球技場や運動場がある「鶴見緑地」内にあるスーパー銭湯。

地下1300mから涌き出る塩分濃度の高い温泉を引いており、入浴すると塩分が肌に密着し、体を冷めにくくする効果が期待できます。

空が良く見える解放感ある露天風呂を始め、炭酸泉やミルキー風呂、壺湯等、13酒類の様々な湯舟があります。

suisyun-tsurumi
出典:http://suisyun.jp/tsurumi/ofuro.html

シャンプーや石鹸等は備え付けられており、手ぶらで訪れる事ができます。

またお風呂以外にも、和食を軸に提供しているレストランや、タイ古式も行っているマッサージ処等があり、身も心も癒してくれます。

銭湯名 鶴見緑地湯元 水春
住所 大阪市鶴見区緑地公園1-37
電話番号 06-4257-1126
料金の目安 平日 800円 / 土日祝 900円

極楽湯 茨木店

茨木ICから車で5分、府道15号沿いは「安威川」の畔にある湯処。

gokurakuyu-osaka-ibaraki
出典:http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/ofuro/ibaraki/

他の銭湯と比較すると一つひとつの湯舟の広さは普通ですが、種類は9つととても豊富。
特におすすめなのが「シェイプアップバス」と呼ばれるマッサージ効果の高いお風呂!強弱のついた沢山のジェットが全身の疲れを癒してくれます。

暖かい時期には、露天にある石の上に寝そべる「寝湯」もおすすめです。

銭湯名 極楽湯 茨木店
住所 茨木市田中町18-18
電話番号 072-645-4126
料金の目安 平日 720円 / 土日祝 800円 (会員割あり)

行ってみたい湯処はありましたか?
地域住民の生活に密着した湯から、超絶規模の大きいスパまで様々でしたね。

大阪は、国内はもとより海外からの旅行者にとっても人気の観光地。

訪れた際は、是非「銭湯」にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新