kawasaki-sento

【川崎銭湯】川崎市内にあるおすすめの浴場・スーパー銭湯

横浜市や東京都の南部と隣接し、東西に長い川崎市。人口密度が高く、また工業が盛んであった事もあり、銭湯は住民にとっての生活の一部として存在してきました。

その為生活と密着した「一般浴場」が昔から多く営業していますが、最近ではアミューズメント要素のある大型の銭湯や、リゾート感の強いスパ等も増えてきています。

今回は、昔懐かしい歴史を感じさせる小さな浴場から、塩分が濃い高張泉を引いたスーパー銭湯等、川崎市内のおすすめな湯処をご紹介します。

川崎市と銭湯

東京とは多摩川を挟んで隣合い、近年では住みたい街として注目を浴びる「武蔵小杉」があり、神奈川県内でも人気の地域となっている川崎市。

市内には古くから多数の銭湯が存在しており、特に工業地帯のある市の東側のエリアには現在も浴場が密集していて、薪で湯を沸かしている昔ながらの施設も少なくありません。

kawasaki_sento

また、2005年6月には第二京浜から少し入った場所の矢向に、塩化物泉を引いた「志楽の湯」が誕生。2006年11月には高津区は南武変電所の近くに、黒湯の掛け流しが堪能できる「喜楽里」。

更に、2007年11月には宮前平駅から徒歩圏内に、高級リゾートを想起させる「湯けむりの庄」がオープン。天然温泉を汲み上げ設備も充実させた所謂「スーパー銭湯」も川崎市内で数店舗営業しています。

スポンサードリンク

宮前平源泉 湯けむりの庄

宮前平駅から徒歩6分程の丘の上に佇む、重厚な門構えの巨大な施設こそ、県内でも一二を争う集客を誇る銭湯「湯けむりの庄」。

人気の理由は、電車でのアクセスが抜群な事だけでなく、施設内の至る所が高い水準で作り込まれている点。
ロビーや食事処、休憩室に更衣室、勿論浴場内に至るまで、抜かりなく秀逸な空間美を反映させています。

また、ほとんどの湯舟で天然の黒湯を使用しており、源泉掛け流しや炭酸を混ぜ込んだ湯など、湯使いにも徹底した拘りが感じられます。

また時間の制限なく利用できる岩盤浴は、室温や使用する石に違いを持たせた6つの部屋で構成されています。

yukemurinosato-miyamaedaira
出典:https://goo.gl/usZTIW

市内で最も人気のあるスーパー銭湯の一つだけに、源泉掛け流しの露天風呂や温泉に炭酸を溶け込ませた琥珀湯、数種類の岩盤浴など嬉しい要素が沢山あります。
また、こちらのお食事処は非常に美味しくリーズナブルな事も人気の秘密です。

銭湯名 宮前平源泉 湯けむりの庄
住所 川崎市宮前区宮前平2-13-3
電話番号 044-860-2641
料金の目安 平日 1240円 / 土日祝 1500円

政之湯 (川崎)

川崎駅の東口より8分程、こちらの銭湯がある通りの名前が「政の湯通り」と名付けられるほどこの地に根付いています。

重曹と食分を含んだ薄茶色の温泉を引いており、超音波風呂や気泡風呂、薬湯等の浴槽があります。
壁面には、大きな富士山が描かれていて風情を感じさせます。

中学生は生徒手帳を掲示すれば100円割引されたり、子供は保護者1名に対し2名まで無料と良心的です。

また、コインランドリーが併設されています。

銭湯名 政之湯
住所 川崎市川崎区南町2-3
電話番号 044-222-3256
料金の目安 470円

富士見湯 (幸区)

ラゾーナ川崎の裏手に走るアットホームな商店街「ニコニコ通り」を進んだ先にある銭湯。

外観は正に昔ながらといった感じで、古き良き瓦屋根です。まるで映画の中のワンシーンに出てくるような佇まいです。

fujimiyu-kawasaki
出典:http://www.fujimiyu.com

浴槽は3つあり、洗い場は広々としています。清掃も行き届いており、気持ち良く過ごせます。

銭湯名 富士見湯
住所 川崎市幸区幸町4-2
電話番号 044-522-1953
料金の目安 470円

縄文天然温泉 志楽の湯 (矢向)

南武線矢向駅から徒歩6分、入り組んだ住宅街の中にある「志楽の湯」。古き良き時代の日本を思い出させてくれる古民家の様なスーパー銭湯です。

まるで田舎の旅館に泊まりに来た様な、旅行気分を味わう事ができます。

内湯は広々と解放的で、混み合っている際でもゆっくり足を伸ばして入浴出来る程大きいです。

自然の木々に囲まれながら入浴出来る露天風呂は、景色を楽しみながら日頃の疲れを癒してくれることでしょう。

濃度が高い天然温泉は入るだけで肌のキメが整いつるつるに。また身体の代謝を高めてくれるので、冷え性が気になる女性にもおすすめです!

shirakunoyu
出典:http://www.shiraku.jp/annai

風情があるクオリティーの高いスーパー銭湯なのに入館料は平日880円、土日祝日1030円とリーズナブルなのも嬉しいですね。

宿泊施設が隣接されている為、遠方からお越しの方にも便利です。

銭湯名 縄文天然温泉 志楽の湯
住所 川崎市幸区塚越4-314-1
電話番号 0120-650-711
料金の目安 平日 880円 / 土日祝 1030円
ホームページ http://www.shiraku.jp/

丸子温泉 (新丸子)

新丸子駅の西口から徒歩3分、「丸子通り共盛会」の一角にある駅から近い銭湯です。

脱衣所には男女を隔てる中央手前に昔ながらの番台があったり、店の裏にはなんとも珍しい薪が積んであるのが伺えたりとレトロ感に溢れています。こちらの銭湯の特徴でもある茶褐色の鉱泉をその薪で沸かしているのです。

湯には「重炭酸ナトリウム」が多く含まれていて、美肌効果も期待できるそう!温度は熱めなので、のぼせないよう注意が必要です。

温泉以外に、白湯もあるので比べて入ってみるのも面白いですよ。

銭湯名 丸子温泉
住所 川崎市中原区新丸子675
電話番号 044-711-3378
料金の目安 470円

スポンサードリンク

中島湯 (川崎)

市立川崎高校の側、地元に定着した商店街である「中盛会通り」にある、「なかじま」と平仮名で大きく書かれた看板がインパクトを放っている銭湯。

なんと営業は朝5時から夜24時と非常に長く、時間を気にせず利用できます。

塩化物鉱泉の黒湯を汲み上げた湯舟や、半露天のトルマリン風呂に水風呂等、浴槽も充実。更にサウナも乾式とスチームの2種類を用意。

nakajimayu
出典:http://www.nakajimayu.com/oryouri.html

ジェットバスの浴槽はとても大きく、足を伸ばしながら全身のこりをほぐし疲れを癒してくれます。

洗い場も更衣室もいつも清掃が行き届いていて、綺麗に保たれています。
駐車場も14台分あります。

銭湯名 中島湯
住所 川崎市川崎区中島2-7-13
電話番号 044-245-8951
料金の目安 470円

里の湯 (武蔵新城)

武蔵新城駅から歩いて6分位、のどかな空気が流れる「庚申通商店会」にある銭湯。外観は白く大きな建物で、入口の右手にコインランドリーが併設されています。

徹底した清掃が窺われる、手入れのされた浴場内は、清潔感がありアットホームな雰囲気。
洗い場の蛇口回りや浴槽はステンレス製で、他の公衆浴場ではあまり見かけないスタイルです。

湯は薪で温めた白湯で、マッサージ効果が高い超音波風呂やサウナもあります。

頼めばフロントでシャンプーやボディソープを紙コップに分けてもらえます。

比較的空いている事が多く、他のお客さんを気にせず入れるのが嬉しい点です。

銭湯名 里の湯
住所 川崎市中原区上小田中3-25-28
電話番号 044-766-5283
料金の目安 470円

かまぶろ温泉 (川崎区藤崎)

鈴木町駅から15分程歩いた藤崎の住宅街に突如現れる「ふろや」の3文字がでかでかと書かれた黄色い建物、それが地元で長く愛されるプチ健康ランド的存在の「かまぶろ温泉」です。

洗い場や更衣室も広々とした作りで、ジェットバスや水風呂等湯舟も充実していながら、入浴料は普通の銭湯料金です。

ヒマラヤの岩塩入りの天然温泉は、デトックス効果も期待できとても人気。温度が低めなので、ゆったりと入浴できます。

kamaburo-onsen
出典:http://goo.gl/vJfP2L

セルフで飲める飲料水のサービスもあり、その他エステや整体、よもぎ蒸しもあります。

年季は入っていますが、清掃もきちんと行き届いています。

銭湯名 ニュー銭湯 かまぶろ温泉
住所 川崎市川崎区藤崎4-7-3
電話番号 044-211-2626
料金の目安 470円

生田浴場 (向ヶ丘遊園)

向ヶ丘遊園駅の北口より10分程の「世田谷町田線」から少し入った所にある、古びた佇まいがなんとも素敵なお風呂屋さん。
入口が少しわかりにくく、「多摩消防署」の裏手に隣接するような形であります。

広い浴槽の壁には富士山の絵が描かれていて、眺めながらゆっくりと熱いお湯に浸かれます。

ドライサウナはプラス300円で利用でき、水風呂もあるのでしっかりと汗をかいて流せます。

フロントでは貸しタオルが用意されていて、手ぶらでも大丈夫です。

尚、入口自体は裏道沿いにあるので目立ちませんが、「生田浴場」と屋号の入った煙突が遠くからでも見えるので、それを目指せばたどり着けます。

銭湯名 生田浴場
住所 川崎市多摩区枡形2-1-10
電話番号 044-911-4886
料金の目安 470円

湯プラザウェルネス (二子新地)

ジェット風呂等がある内湯に加え、檜を使用した露天風呂も!リラックスしながらゆっくりお風呂を満喫できる環境が整っている、銭湯兼ビジネスホテルです。

同時に15名程入れるサウナと水風呂も用意されていて、交互に入り身体をリフレッシュさせるのもおすすめの入り方です。

yuplaza-wellness
出典:http://www.k3.dion.ne.jp/~b-inn-w/sentou/ohuro.html

ただでさえ入浴料は一般銭湯料金と格安ですが、隣接しているビジネスホテルに宿泊すると無料で利用できるのは凄いお得ですね。

銭湯名 湯プラザウェルネス
住所 川崎市高津区諏訪1-12-1
電話番号 044-844-7123
料金の目安 470円

平和湯 (川崎)

川崎新町から徒歩5分、川崎駅からは徒歩20分程の住宅街にあります。

昔ながらの瓦屋根がいかにも銭湯らしい佇まいなので、初めてでもすぐに分かるかと思います。

フロント式で、ロビーの床は赤い絨毯、天井は木の格子。独特の雰囲気がこちらの味です。

湯舟は電気風呂や気泡風呂など数種類。桶は昔懐かし黄色いケロリン桶です。

サウナはプラス100円でロッキーサウナになっており、中はとても綺麗で清潔感があります。ほんわかと湿気があり暑いだけではなくて肌に優しい感じがします。

銭湯名 平和湯
住所 川崎市川崎区渡田新町2-5-5
電話番号 044-333-8936
料金の目安 470円

多賀良湯 (幸区/鹿島田)

鹿島田駅から8分程の「府中街道」沿いにある、2007年に新たに建てられたので外観・内装共に綺麗な銭湯「多賀良湯」。

ジェットバスやバイブラバス、電気風呂など浴槽も様々。
一番のおすすめは露天風呂で、大きな岩が温泉地の様な自然の中のお風呂を演出しています。

takarayu-kawasaki
出典:http://blog.livedoor.jp/takarayu_/archives/cat_330139.html

洗い場は広めなので、混雑時も気負わず利用できます。

銭湯名 多賀良湯
住所 川崎市幸区下平間223
電話番号 044-556-0683
料金の目安 470円

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新