sento-shizuoka

【静岡のスーパー銭湯】県内のおすすめな銭湯・スパ・日帰り温泉19選

海の幸の宝庫とも呼ばれる駿河湾や、遠州難の永遠と続く長い砂浜、そして天高く聳える富士山等々、魅力に溢れている静岡県。

そんなフォトジェニックな場所が多分にある静岡県には、伊東や熱海、修善寺など数多くの有名温泉地がある事でも知られており、そんな温泉地の宿泊施設の中には日帰り入浴が可能な店舗も少なくありません。
また、それとは反対に、宿泊ができる複合型の温浴施設も増えてきています。

今回は、静岡県内にある「スーパー銭湯」を軸にご紹介しつつ、銭湯同様に気軽に利用できる「日帰り温泉」も共にお伝えします。

スポンサードリンク

ざぶ~ん (沼津市原)

非常に濃い高張泉の源泉を、贅沢に一人で浸かれる壺湯が最高!

駿河湾の広大な景色と、千本松原の風景を楽しめる、県内の隠れた名スポット「原」。そんな街で地元民の憩いの場として愛されているスーパー銭湯です。

休日は朝風呂の時間帯から賑わっています。

zabun-numazu
出典:http://joyland.jp/contents/spa/index.html

複合施設内「ジョイランド」内にあり、地下1500mより汲み上げられた天然温泉やミストサウナ、ジェットバス等が楽しめます。

食事処やリラクゼーションコーナーもあり、24時過ぎても営業しています。

泉質は、塩化物強塩温泉(中性・高温泉)。人体に必要不可欠な成分塩分が多く含まれており、殺菌・消毒に優れた効能を発揮。

肌の弱い方や肌に傷がある場合には、多少刺激を感じる事もあるので、入浴後、シャワーや掛湯で余分な塩分を洗い流すのが吉。

また、施設内にボーリング場やゲームセンターもあるので、休日に家族皆で訪れてみても楽しめます。

施設名 天然温泉ざぶ~ん
住所 沼津市原町中2-14-8
電話番号 055-968-4126
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 800円
Web http://joyland.jp/contents/spa/

天神の湯 (東静岡)

東静岡駅の南口から歩いて10分少々。和の趣を大事にした浴場が特色の、湯処兼カプセルホテル。

太い木の梁が幾つも走る高天井の内湯には、横長の大きな浴槽をはじめ、炭酸泉や壺湯、死海の塩を加えた湯等を用意。珍しい水素の混ざった岩風呂も。
露天には大きな浴槽とチルアウトスペースがあります。

また、男湯には高温の乾式サウナがあり、女湯にはデトックスに効果的な「黄土サウナ」を用意。木炭を贅沢に使った温度が低めの部屋は男女共にあります。

tenjinnoyu
出典:http://www.tokinosumika.com/tenjin/hotspa/

2階は、おでんや御殿場高原の地ビール等、静岡の自慢の料理を楽しめる食事処や宴会場。

4階は、液晶テレビ付のリクライナー席が50席あり、女性専用席も用意。

6階には、畳が広がる大きな休憩スペースがあり、マットや枕、毛布等も用意されているので仮眠も可能。

また、エステやあかすり、整体等のサービスも行っています。

ちなみに宿泊は3,580円からと、このエリアでは格安です。

施設名 駿府天然温泉 天神の湯
住所 静岡市駿河区曲金5-5-1
電話番号 054-287-1126
料金の目安 1日券 平日 980円 / 土日祝 1,480円
Web http://www.tokinosumika.com/tenjin/

おふろcafe bijinyu (静岡市)

濁りがあり美肌に効く硫黄を含んだ運び湯と、無色の単純泉の2つの湯を楽しめる、丸一日快適に過ごせるスーパー銭湯。静岡駅から車まで10分程の「安倍街道」沿いにあります。

温泉を投入した広い浴槽の他に、泡風呂や超音波風呂、腰掛湯等があります。

休憩スペースの充実度の高さは秀逸で、足を伸ばして寛げるボックス型のソファ席や、押入れをイメージした小さな空間、仮眠もできるハンモック等を用意。リクライニングシートが置かれた部屋は薄暗い照明になっており、ゆったりと過ごせる雰囲気作りがなされています。

ofurocafe-bijinyu
出典:http://ofurocafe-bijinyu.com/gallery

漫画や雑誌も沢山置かれていますし、パソコンを持ち込んで作業できるデスクも。無料で使えるコーヒーメーカーもあります。

2階には店名の由来でもある和カフェがあり、可愛く盛り付けられた定食をはじめ、創作茶漬けや上品なデザート等を味わえます。
整体や本格的なエステも体験できます。

施設名 おふろcafe bijinyu (美肌湯)
住所 静岡市葵区籠上15-15
電話番号 054-252-1126
料金の目安 平日 840円 / 土日祝 1060円
Web http://ofurocafe-bijinyu.com

湯らぎの里 (富士)

富士駅から無料バスが出ていてアクセス面でも利用しやすい、地域密着型の温浴施設。2016年11月に大幅にリニューアルして施設の充実度が増しました!

複数のジェットバスや電気風呂といった定番に加え、今流行りの炭酸泉も導入。湯使いも抜群で、湯温も適度な設定です。

露天ゾーンもあり、女湯には壺湯、男湯には外気浴ができる「サンラウンジャー」を完備。

yuraginosato
出典:http://www.yuraginosato.com/spa

2階は、別料金で利用できる岩盤浴やリラックスルームです。
ドリンクが無料で頂ける他、マッサージチェアや6千冊の漫画も用意。更に雑魚寝ができる部屋やコンセントが自由に使えるカウンター席もあります。

施設名 湯らぎの里
住所 富士市蓼原227-1
電話番号 0545-63-2641
料金の目安 平日 650円 / 土日祝 750円
Web http://www.yuraginosato.com

黄金の湯 (梅ヶ島)

圧巻の迫力を誇る「安倍の大滝」へと続く県道29号線よりアクセス可能。ミネラルイオンが潤沢に含まれている「炭酸水素塩泉」を引いた日帰り温泉です。

無色ながら少しとろみのある湯で、湯上がり後には肌がしっとりすると評判。内湯にはぬるめに設定された浴槽もあるので、ついつい長湯したくなります。

露天からは大自然の中にいることを実感させる、青々とした山の風景を望めます。紅葉の季節には自然が織りなす色彩豊かな絶景を堪能できる事も。

koganenoyu
出典:http://www.koganenoyu.com/koganenoyu/

休憩処は、畳が敷かれたキャパ200人程の広い空間で、食べ物の持ち込みが可能。食事をしたり談笑したりと皆思い思いの時間を過ごしています。

駐車場は時間制限なく無料で、150台分完備。
近くには幾つかの有名な滝やキャンプ場、釣り堀等があるので、観光ついでに寄ってみるのもおすすめです。

施設名 黄金の湯
住所 静岡市葵区梅ヶ島5342-3
電話番号 054-269-2615
料金の目安 700円
Web http://www.koganenoyu.com

スポンサードリンク

磐田ななつぼし

磐田の駅前と天竜川を結ぶ「旧国道1号」沿いにある、炭酸泉に力を入れた湯処。

風呂で使う水全てに、保水性や浸透性高く美肌・保湿効果が期待できる「超微水」を使用。銭湯の湯にありがちな消毒剤の臭いもほとんどしません。

一番の売りである炭酸泉は、内湯にある高い濃度を保った広めの湯舟と、露天にある岩風呂に加え、他では聞いたことのない珍しい「寝湯」式の炭酸泉も完備。炭酸が抜けにくいぬるめの温度に設定されているので、心臓に負担をかけずにのんびりと入浴できます。

iwata-nanatsuboshi
出典:http://iwata-nanatsuboshi.com/bath.html

その他にも、人工的に濁り湯を再現した乳白色の「シルクの湯」や、体温とほぼ同じ温度設定で爽快感のある「不感の湯」等、バラエティーに富んだ湯を用意。

サウナは、遠赤外線の熱が心地よい広いロッキー式と、用意された塩を体に塗って発汗を促せる「塩サウナ」の2部屋があります。

その他、エステや整体、食事もできるので、長い時間滞在しても飽きる事はありません。

施設名 健康ゆ空間 磐田ななつぼし
住所 磐田市下万能410-1
電話番号 0538-33-2617
料金の目安 平日 600円 / 土日祝 650円
Web http://iwata-nanatsuboshi.com/

赤沢日帰り温泉館 (伊東市)

温泉が有名な伊東から「東伊豆道路」を南下した先の「赤沢」にある、サプリメント販売で有名な「DHC」が運営する温浴施設です。

伊豆の青く澄んだ海と、風情ある海岸線の景色を高台から同時に望める、圧巻のパノラマビューを実現した露天風呂は圧巻。

akazawa-onsenkan
出典:http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/openair_bath.html

また、DHCの入浴剤を入れた一人用の樽湯や、岩を使ったダイナミックなジェットバス等、様々なお風呂を楽します。

シャンプーや化粧品類は同社の上質な製品が完備されており、タオル類も貸出無料。

入浴後に利用したい海の見えるレストランやお休み処に加え、タイ古式マッサージを受けられるサロンも併設。忙しい日々を送る現代人の為のパワースポットとも思える施設です。

施設名 赤沢日帰り温泉館
住所 伊東市赤沢浮山170-2
電話番号 0557-53-2617
料金の目安 平日 1230円 / 土日祝・繁忙期 1640円
Web http://top.dhc.co.jp/akazawa/onsenkan/

シーサイドスパ (伊東)

伊東駅より徒歩で訪れる事も可能。国道135号の道の駅「マリンタウン」内に併設された温泉施設。

相模湾間近の地下深くから汲み上げた低張性のアルカリ泉は、体のこわばりや疲労を解きほぐしてくれます。

seaside-spa-ito
出典:http://ito-marinetown.co.jp/seasidespa/facilities/daiyokujyou

2階の浴場内は、白基調で西洋風な作り。浴槽のサイズも一つひとつがゆとりを持った設計となっていて、窓からは伊豆の海が一望できます。

その他、入浴剤を入れたその時々で変わる浴槽や打たせ湯、勿論サウナも完備。更に別料金ですが、3階には貸切のジャグジーもあります。

休憩スペースは、2階にはレースの天井の部屋と和室があり、3階には漫画ルームや、女性だけが利用できる仮眠スペースがあります。

また施設内には、海を眺めながら寛げるレストランもあり、こちらは入浴をせずとも利用が可能。海水浴帰りにも便利なスポットです。

施設名 伊東マリンタウン シーサイドスパ
住所 伊東市湯川571-19 (道の駅 伊東マリンタウン内)
電話番号 0557-38-1811
料金の目安 1000円 / 特定日(正月・GW・お盆) 1500円
Web http://ito-marinetown.co.jp/seasidespa

天恵 (御殿場)

富士山の麓、「箱根裏街道」からアクセス可能な御殿場の長閑な地区にある日帰り温泉。

濁りが無く透き通るように澄んだアルカリ性の単純泉を引いており、しっとり滑らかな泉質で美肌効果に優れています。

露天エリアには、大きな櫓を配した岩風呂や、女湯には檜を大胆に使った湯舟を完備。サウナも外にあり、汗をかいた後の外気の心地よさを感じられます。

tenkei
出典:http://www.tokinosumika.com/tenkei/hotspa/

またこの施設の特色は、普通のお風呂に加え、混浴可能な水着で入浴するエリアを設けている点。小さな子供がいても家族皆が同じ空間で入浴できます。

水着着用で入れる広々とした混浴エリアでは、大小数種のお風呂や高濃度炭酸泉、ドクターフィッシュの足湯や12mのプール等ファミリーやカップルで楽しめる工夫が盛り沢山!

このエリアにも開放感のある露天風呂が用意されていて、天気の良い日は、雄大な富士山を眺めながらのんびりと温泉に浸かれます。

また、休憩スペースには無料マッサージ機や休憩処もあるので、プチ旅行がてらに一日中ゆっくり過ごせます。

施設名 須走温泉 天恵
住所 駿東郡小山町須走112-171
電話番号 0550-75-2681
料金の目安 平日 900円 / 土日祝 1500円
Web http://www.tokinosumika.com/tenkei/

花の湯 (富士宮)

富士ICから車で15分程、国道139号沿いにあるホテル兼スパ。日帰り入浴は勿論、宿泊施設としても利用可能です。

大浴場は、海水の10倍の濃度で身体が浮く「死海の塩」を使った湯船やバイブラバスが楽しめ、疲労回復に効果的。

hananoyu-fuji
出典:http://www.tokinosumika.com/hananoyu/hotspa/

女湯には、セレブ気分が味わえる外国のホテルにありそうな一人用のバスタブを2台設置。露天風呂には、「草津の湯・変わり湯・薬湯風呂・陶器風呂」があります。

石サウナは男女共に用意。女湯にある「備長炭サウナ」では、足下に備長炭が敷き詰められていて、マイナスイオンや遠赤外線が放出されているそう。温度は高すぎないのでゆったり入れます。

施設名 富嶽温泉 花の湯
住所 富士宮市ひばりが丘805
電話番号 0544-28-1126
料金の目安 平日 1500円 / 土日祝 2000円
Web http://www.tokinosumika.com/hananoyu/hotspa/

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新