saitama-onsen-sento

【埼玉銭湯】人気の日帰り温泉・おすすめスーパー銭湯15選

6つの県と隣接し、人口も常に上位な埼玉県。東京のベッドタウンとしても人気で、豊かな自然も有しています。

そんな埼玉の温泉事情と言えば、隣県の群馬や栃木の存在感が強い為、影が薄く感じますが、実は温泉を使った施設の数は100件以上にも上り、秩父地方には「温泉地」も幾つかあります。

また、泉質に関しても成分の濃い「高張泉」等の希少な温泉も潤沢に湧き出ており、他県にも匹敵する内容となっています。

今回は、埼玉の大地から汲み上げた妙なる温泉を日帰り利用できる「スーパー銭湯」を軸に、県内のおすすめの湯処をご紹介。

埼玉の銭湯について

東京に近い市街地をはじめ、北部の熊谷や西部の秩父周辺等々、県内の至る所に良質な天然温泉を引いた「銭湯」が点在しています。

中でも規模の大きい「スーパー銭湯」は車でアクセスしやすい街道近くにある場合が多く、地域の憩いの場にもなっていて、休日ともなると非常に高い集客を生み出しています。

saitama-sento

中には、有名温泉地にも引けを取らない、泉質に拘るマニアをも唸らせる高濃度な「塩化物泉」を提供している施設もあります。

スポンサードリンク

雅楽の湯 (杉戸町)

「大落古利根川」からも近い、国道4号線から少々入った所にある、源泉に加水をせず、本当の掛け流しを堪能できる湯処。

周辺に田んぼがある長閑な地区にあるので、露天風呂から眺める空には遮るものが無く、解放感は格別。

「東武動物公園駅」から無料バスも出ているので、車でなくても交通の便は良好です。

utanoyu
出典:http://www.utanoyu.com/1-22.html

露天エリアには9つの湯舟があり、関東でもトップクラスの広さと評判。内湯には流行のシルク風呂や、ジェットバスも完備しています。

岩盤浴には女性専用スペースが用意されており、初めての方でも安心して利用できます。

銭湯名 杉戸天然温泉 雅楽の湯
住所 北葛飾郡杉戸町杉戸2517
電話番号 0480-53-4126
料金の目安 平日 1050円 / 土日祝 1150円

百観音温泉 (久喜市)

東鷲宮駅の西口から歩いて3分程、温泉の質を審査する団体から最高評価を受けている泉質が売りの銭湯。

露天風呂をはじめ、内風呂・打たせ湯・寝湯等の設備の潤沢さも自慢です。

hyakan-onsen
出典:http://www.100kannon.com/spa01/

その良質な泉質を求めて県内外からの客足は途絶えず、休日は満員御礼となる場合も多々あります。

食事処やマッサージ等もあり、清潔感のある館内ではお風呂以外にも色々と楽しめます。

銭湯名 百観音温泉
住所 久喜市西大輪2-19-1
電話番号 0480-59-4126
料金の目安 平日 800円 (4時間) / 土日祝 850円 (4時間)

白寿の湯 (児玉郡)

神流川や御嶽山からも近い県道沿いにある、湯舟の底が見えないほど濃厚な「強塩泉」の濁り湯を提供している銭湯。

源泉は、地中深くのこの地域特有の古代の地層から噴出した温泉です。

少し赤みがかった塩分の濃い泉質となっており、保温効果が高いと評判です。

hakujyunoyu
出典:https://goo.gl/u7XaHM

食事処や寛ぎスペースは他のスーパー銭湯と同様に完備。屋外にはハンモックやベンチが設置されており、晴れた日には太陽を浴びながらゆったりとした時間を過ごせます。

銭湯名 おふろcafe 白寿の湯
住所 児玉郡神川町渡瀬337-1
電話番号 0274-52-3771
料金の目安 平日 750円 / 土日祝 800円 (夜割りあり)

玉川温泉 (比企郡)

明覚駅から3キロ程、畑や林が沢山ある自然豊かな「ときがわ町」の林道沿いにある温泉。店の入口脇には「ミゼット」が止まっています。

売りは、pH値10以上の美肌に効果的な「単純泉」。入浴した途端に肌がスベスベになると評判です。

露天の岩風呂は非常に広く、大きな木製の屋根が設置されているので、雨の日でも利用できます。

tamagawa-onsen
出典:http://tamagawa-onsen.com/spa/

温泉を出たら、名物のキンキンに冷えたサイダーを飲んで水分補給するのがおすすめです。

昭和の雰囲気が漂う食事処では「ちゃぶ台」を囲んで食事ができ、地元で採れた無農薬野菜や、近くの製麺所「高柳屋」の特性うどん等が味わえます。

銭湯名 玉川温泉
住所 比企郡ときがわ町玉川3700
電話番号 0493-65-4977
料金の目安 平日 800円 / 土日祝 850円

喜楽里 別邸 (飯能)

動物園や釣り堀があり、週末になると多くの人で賑わう「宮沢湖」にある湯処。飯能駅からタクシーで千円程、北口からバスも出ています。

運営は、関東を中心に多くのスーパー銭湯を手掛ける「スパサンフジ」だけに、施設内の作り込みやサービスはさすがの一言。

緑を眺めながら入浴できる岩風呂をはじめ、炭酸泉があるのも強みです。

miyazawako-onsen-kirari
出典:http://www.yurakirari.com/kirari-net/miyazawako_onsen.html

また、遠赤外線を体いっぱいに浴びて、芯から温まれる「プルガマサウナ」も人気。岩盤浴と共に利用する事で、気持ちよく汗をかけ、美容やデトックスに効果的です。

食事処は、飯能周辺で収穫された野菜を心行くまで味わえるバイキング形式の「湖畔茶寮」と、コシと香りが秀逸な蕎麦を味わえる「玄水庵」、加えて2か所のカフェがあります。

銭湯名 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸
住所 飯能市大字宮沢27-49
電話番号 042-983-4126
料金の目安 平日 1340円 / 土日祝 1510円

スポンサードリンク

彩香の湯 (戸田)

競艇場や彩湖があり、東京との県境でもある「戸田」で人気の銭湯。

「高島平駅」と「戸田公園駅」から送迎バスが出ていて都内からのアクセスも非常に便利です。

市街地にあるにもかかわらず、本格的な「高張泉」を引いていて、特に源泉風呂や壺湯は黄土色に濁った贅沢な湯を楽しめます。

湯舟も10個以上と豊富で、一日居ても飽きません。

saikanoyu
出典:http://saikanoyu.com/facility.htm

また、3階にはリクライニングシートを完備した休憩室をはじめ、大人数の宴会に対応した広間や、カラオケもできる個室もあります。

銭湯名 天然戸田温泉 彩香の湯
住所 戸田市氷川町1-1-23
電話番号 048-433-2615
料金の目安 1080円 会員割あり

見沼天然温泉 小春日和 (さいたま市)

大宮駅から路線バスでアクセス可能なスーパー銭湯。浦和ICより車で15分程、北浦和駅からは無料バスも出ています。

高級旅館のような格式の高い外観と施設周囲の静けさのおかげで、とても落ち着いた雰囲気。

泉質は、肌に程良い刺激を与えてくれる茶褐色の「強塩泉」。温泉宿でもなかなか入れない塩分の濃いお湯です。

koharubiyori
出典:http://www.koharubiyori.co.jp/bath/bath.html

食事処は、和食と洋食どちらあり、値段はとてもリーズナブル。ドリンクやおつまみも充実しています。

その他、アカスリや整体を行うほぐし処に加え、理髪店もあります。

銭湯名 見沼天然温泉 小春日和
住所 さいたま市見沼区染谷3-191
電話番号 048-686-3636
料金の目安 平日 800円 / 土日祝 900円

満願の湯 (秩父・奥長瀞)

周辺に「皆野アルプス」がある山間に佇む「満願の湯」は、古き良き和の情緒が漂う日帰り温泉です。

泉質は全国でも有数のpH値を誇る「単純硫黄泉」。肌に触れるとすぐにわかるほどまろやかな湯ざわりで、美肌効果も期待できます。

mangannoyu
出典:http://www.chichibuonsen.co.jp/furo/index.html

源泉のみを投入した露天風呂からは「満願滝」と「奥長瀞渓谷」の景色が広がり、ゆったり温泉に浸かりながら四季折々の風景を心ゆくまで楽しめます。

また、飲泉も可能なので、身体の外側と内側の両方から温泉を満喫できます。

銭湯名 秩父温泉 満願の湯
住所 秩父郡皆野町下日野沢4000
電話番号 0494-62-3026
料金の目安 平日 600円~800円 / 土日祝 900円~1000円

花和楽の湯 (小川町)

遠くからでも目立つ「瓦塀」が象徴的な、武家屋敷風の佇まいをした銭湯。小川町駅より徒歩圏内、兜川を渡った先にあります。

強いアルカリ性の泉質で、肌の老廃物を除去する効果があり、湯あたりしにくいのも特長。

また湯使いにも拘っており、定期的に一旦全て湯を抜いた後に、新たな源泉を投入しています。その為、新鮮な状態の源泉を楽しめます。

kawarano-yu
出典:http://www.kawarano-yu.com/spa/

湯の性質はその時々で微妙に成分が異なる為、一度入った泉質はその時限りなんだそう。

銭湯名 おがわ温泉 花和楽の湯
住所 比企郡小川町角山26-2
電話番号 0493-73-2683
料金の目安 1780円 (会員割あり)

湯けむり横丁 みさと (三郷)

ビバホームやイトーヨーカドー、大型電気店等の多くの商業施設が立ち並ぶエリアにある、スケールの大きな銭湯。地下1300mから掘削した高張性の温泉が魅力です。

昔ながらの湯屋をイメージしたレトロな趣の館内で、露天風呂や壺湯、寝湯といった個性豊かな10種の湯を楽しめます。

yukemuri-misato
出典:http://www.yukaisoukai.com/sat/yu/

旬の味覚をふんだんに使った、季節限定メニューも登場する食事処も好評。

岩盤浴やエステ等、美を磨く為の癒しの施設も充実しており、タイムスリップしたようなノスタルジックな空間で、一日のんびりと過ごせます。

銭湯名 湯快爽快 湯けむり横丁 みさと
住所 三郷市ピアラシティ2-3-10
電話番号 048-954-2641
料金の目安 平日 950円 / 土日祝 1150円 (会員割あり)

花咲の湯 (上尾市)

一見銭湯が入っているようには見えない西洋風の外観をした施設。

表の看板に「花咲村」と書かれているだけあり、銭湯以外にも、ヘアサロンやフィットネス、歯科医院も併設されています。

浴場内は、バリを思わせるアジアンなテイストで統一されており、まるで高級なスパに訪れたような感覚。

お風呂の種類についてもハーブ湯や「美泡の湯」といった他の銭湯には無いような湯舟も用意されています。

hanasakispa
出典:http://hanasakispa.jp/bath/index.html

また、7種類と豊富な岩盤浴や、熱風の熱さで短時間で無理なく汗をかけるロウリュサウナもあり、一般的な高温サウナが苦手な方からも人気です。

アクセスは、東大宮駅や宮原駅から循環バスが出ていますし、ニューシャトルの「原市駅」や「吉野原駅」からなら徒歩でも来れます。

銭湯名 天然温泉 花咲の湯
住所 上尾市原市570
電話番号 048-723-3726
料金の目安 平日 850円 / 土日祝 900円

スポンサードリンク

小江戸 はつかり温泉 川越店

「ららぽーと富士見」から車で5分程、国道254号沿いにある、幾つもの多彩な湯船が楽しめる川越市民から愛されているスーパー銭湯。

施設の周辺が田んぼに囲まれているので、露天では爽やかな風を感じられます。

屋外にはお風呂が8種類、内湯はサウナを含め6種類。勿論女性に人気の岩盤浴やロウリュウもあり、気持ちの良い汗を流せます。

koedo-hastukari-kawagoe
出典:http://www.kuranoyu.net/kawagoe/bath/

本施設の目玉となっているのが、木と岩に囲まれた静かな空間で癒しのひと時を過ごせる「さらさらの湯」と、5分に1回、高い位置に設置された大きな桶から湯が滝の様に流れ落ちてくる「ざぱーんの湯」。日毎に男女で入れ替わるので、通えばどちらの湯も入れます。

また、洗い場のカランやシャワー等に使われる水には、特殊な装置で生み出される「ナノウォーター」という保湿・浸透作用がある水を採用。肌を気遣う女性には嬉しいですね。

銭湯名 小江戸 はつかり温泉 川越店
住所 川越市渋井26-1
電話番号 049-230-4126
料金の目安 平日 670円 / 土日祝 770円

花湯の森 (深谷市)

花園ICや深谷駅から車で10分程の所にある、高級旅館のように重厚な門構え・外観をした施設。周囲が林に囲まれていて風情があり、隣には同社が運営するゴルフコースがあります。

館内は、柱や扉等至る所に艶やかな木材が使われていて、日本建築の美を余すところなく集約しています。

浴場内にも天然木を多用しており、天井はあえて梁の見せる構造になっていて、高天井で解放感があります。

hanayunomori
出典:http://spa.hanayunomori.jp/spa/index.html

露天には、壺湯や檜風呂といった雰囲気に合った湯舟が用意され、内湯には今最も注目されている「酸素泉」を導入しています。

また、岩盤浴は男女共用の他に、女性専用室もあります。

指圧や足つぼを行うマッサージコーナーもあり、温泉との相乗効果により、疲労軽減に大きな効果が期待できます。

銭湯名 深谷花園温泉 花湯の森
住所 深谷市人見888
電話番号 048-551-1126
料金の目安 平日 1150円 / 土日祝 1350円 会員割あり

おふろcafe utatane (大宮)

「銭湯・ホテル・ネットカフェ」の3つの要素を合わせたような、極上の寛ぎを提供する施設。

館内は豪華なシェアハウスにも似た雰囲気で、1時間も居れば「ここが自宅なのでは」と錯覚を覚えさせるほど、時間がいつの間にか過ぎていきます。

肝心の温浴施設も充実しており、大きな岩を配した露天風呂やバイブラバスを完備。お湯は、本特集でも紹介している「白寿の湯」から運搬される温泉です。

ofurocafe-utatane
出典:http://ofurocafe-utatane.com/gallery/index.html

カフェのメニューの充実度も魅力の一つで、女性好みの料理も多数提供されています。

また、宿泊用の客室は36室あり、温泉に入った後、朝まで過ごすなんていう贅沢な使い方も可能。入浴料は宿泊料に含まれていますし、早割りもあるので、お得に泊まれますよ。

銭湯名 おふろcafe utatane
住所 さいたま市北区大成町4-179-3
電話番号 048-856-9899
料金の目安 1260円 会員割り有

アクアリゾート いるまの湯 (入間)

入間市駅から車で約11分、入間川の「笹井堰」に程近い場所にある、立派な佇まいを見せる銭湯。

3種類のサウナをはじめ12種類の湯船、中でも炭酸泉の壷湯は女性客に大好評。これ程充実した内容なのに、料金が430円とは破格です。

乾式サウナや塩サウナも日常の疲れを癒してくれ、心身のケアにおすすめです。

irumanoyu
出典:http://www.41-26.com/i_public_bath.html

休憩室や食事処も清掃が行き届いていて快適です。

また、車で15分圏内には大きな公園が複数ありますし、アウトレットもあるので、家族連れで利用しやすいです。

※こちらの店舗は温泉ではありませんが、おすすめとしてご紹介しています。

銭湯名 アクアリゾート いるまの湯
住所 入間市春日町1-11-10
電話番号 04-2966-4126
料金の目安 430円

いかがでしたか。
埼玉では、市街地から山間部まであらゆるスポットで温泉掘削が行われているんですね!

関東在住の方ならアクセスしやすい地域なので、是非足を運んで泉質な湯を存分に堪能してみては。

スポンサードリンク

このトピックをシェアする

はてブ

こちらの記事も併せてどうぞ

besty

更新